データサイエンティストの給料・年収

データサイエンティストの平均年収・給料の統計データ

ビッグデータやデータ分析がビジネス戦略を大きく左右するようになった今、データサイエンティストを重んじる企業はますます増えてきてます。

海外はもちろんのこと、国内企業でもデータサイエンティストの給料や待遇は例年改善されており、一般的なサラリーマンの1.5倍から2倍近くの収入が得られることが多くなっているようです。

データサイエンティストの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
データサイエンティスト
(Indeed)
687万円 時給:2,145円
日給:2.9万円
月給:33.9万円
データサイエンティスト
(求人ボックス)
650万円 月給: 54万円
初任給: 23万円
全体の給与幅 :431〜1,159万円
ネットワークエンジニア
(転職ステーション)
619万円
データサイエンティスト
(DODA)
522万円 生涯賃金: 3億837万円
20代: 449 万円
30代:602 万円
40代: 657 万円
ネットワークエンジニア
(給料バンク)
730万円~965万円 平均給料・給与::60万円
20代の給料:40万円
30代の給料:60万円
40代の給料:80万円
初任給:25万円

これら各社の統計データをみると、DODA以外は「平均年収」で600万円を越えており、平均基準からして高い位置にある職業であることがうかがえます。

もちろん平均年収以上に稼いでいるデータサイエンティストもおり、経験豊富な人や大手企業勤めの人であると、年収1000万円を軽く越えるケースも目立つようです。

データサイエンティストの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

データサイエンティストの場合、20~30代で月給40万円を越えている人も珍しくないようです。

仮に月収40万円を例に年収をシミュレーションすると、月収40万円×12ヶ月で480万円、これに加え夏期と冬期に年2回のボーナスが160万円(月収の2カ月分×2回)ほど支給された場合、総計640万円となってきます。

また、各種保険料や所得税など差し引いた「手取り額」は、地域や家族構成にもよりますが、月収40万円の場合、手取り約33万円~34万円が目安となってきます。

データサイエンティストの初任給はどれくらい?

データサイエンティスト個別ではなく、「技術総合職」や「エンジニア総合職」として採用された場合は、他の技術職と同等の初任給となり、概ね23万円~25万円程度が目安となってきます。

一方で「データサイエンティスト職採用」のように、職種単位まで個別化し専門職として採用している場合は高額となることが多く、初任給が30万円を越えることも珍しくはないようです。

また、学生のうちから専門的な研究などに携わってきた優秀な人材は、別途「特別枠」として扱われることもあります。

たとえば大手のSONYでは、AI分野などにおける優秀な社員に対して、初年度から最大730万円の年収を与える方針を立てています。

データサイエンティストの福利厚生の特徴は?

データサイエンティストの主な勤務先は、自動車メーカー電力会社、シンクタンク、ゲーム会社など、大量の顧客データを用いる大手企業であるケースが多いです。

そのため、各種社会保険制度・退職金・家賃補助・財形貯蓄・保養施設利用など、大手水準の恵まれた福利厚生が受けられることが多いでしょう。

またデータサイエンティストは、企業のビジネス戦略を左右するほど重要なポジションの職種でもあるため、積極的に育成を進める会社も多く、豊富な技術教育制度を用意したり、中には本場アメリカへの長期研修や留学制度を用意している会社もあるようです。

データサイエンティストの給料・年収の特徴

日本での待遇は改善されつつある

海外では「21世紀で最もセクシーな職業」などとして称され、数千万円クラスの年収を得るデータサイエンティストもたくさんおりますが、日本国内ではデータサイエンティストという職業がいまいち理解されておらず、待遇では大分劣っていました。

しかし近年は、大手企業を中心にビッグデータやデータサイエンティストを重んじる風潮が強まってきており、評価制度や待遇はどんどんと改善されているようです。

担当する業務・工程によっても給料は変わる

一言にデータサイエンティストといってもさまざまな業務があります。

ポピュラーなデータ収集・整理業務やデータ分析業務は、いわゆる「下流工程」にあたり、データサイエンティストの中では収入がやや低めのようです。

対して、分析したデータをもとにビジネス課題解決まで繋げる、いわゆる「上流工程」まで担当できる人材というのは、成り手自体も少ないこともあり、その分給料水準は高めのようです。

マネジメントができると給料アップ

AI・ビッグデータの分野でも、マネジメントやリーダーシップを取れる人材というのは不足している状況です。

技術力だけでなく、チームやプロジェクトを纏め上げ、他のエンジニアを牽引できる人材になれると、給料水準をさらにワンランク上昇させられることが多いです。

データサイエンティストの勤務先別の給料・年収

一般企業やメーカー

メーカーや商社のような一般的な企業にデータサイエンティストとして就職すると、データ管理部門や企画マーケティング部門などに配属されるケースが多いです。

収入面に関しては、データサイエンティストを重視している企業であれば、一段高い待遇が用意されており、大手であれば年収1000万円を越えることもあります。

対して、データサイエンティストへの理解が乏しい企業や、まだデータサイエンティストを社内に配置したばかりの企業などですと、営業職などの他の一般職種と同等程度の収入となることもあります。

>シンクタンクやリサーチ会社

「シンクタンク」や「リサーチ会社」の場合は、クライアントとなる外部の企業から仕事を受注し、代行してデータ分析を行う形になります。

データサイエンティスト専門部隊となるため、より高度な能力が問われる分、収入水準もより高めの傾向にあり、年収1500万円を越える人もいるようです。

また、クライアント相手の商売となるため残業が発生し易い環境となり、その分残業代のプラスαも期待できるでしょう。

データサイエンティストが所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
日産自動車 815万円 41.8歳
富士通 798万円 43.2歳
SONY 1050万円 42.4歳

出典:2019年現在(各社有価証券報告書より)

日産自動車の平均年収

日産自動車のデータサイエンティストは、社内の他の一般職種よりも収入水準がやや高めのようです。

会社全体の平均年収は815万円となりますが、データサイエンティストの場合は初年度から800万円~1000万円の待遇で募集している中途求人も過去に出されています。

富士通の平均年収

富士通では2015年頃よりAIやビッグデータ分野の人材確保に力を入れており、直近2019年には年間300人規模の中途採用を実施しています。

また、AIやサイバーセキュリティ分野に秀でたデジタル人材に、30代で年収3000万~4000万円程度を支給する新人事制度も準備しているようです。

SONYの平均年収

SONYは平均年収の時点で1000万円オーバーと高額であり、さらにAI分野などにおける優秀な社員に対しては、初年度から最大730万円の年収を与える方針を立てているようです。

データサイエンティストの正社員以外の給料・年収

派遣社員

派遣社員のデータサイエンティストの場合、時給2000円~3000円の求人が多いですが、高度なスキルを要する求人の場合、時給4000円クラスのものも存在します。

派遣社員であっても能力によって待遇差が起きやすい職種であり、プロフェッショナルな人材であれば派遣で月収40万円50万円を越えることもあるようです。

アルバイト

データサイエンティストは高度なスキルが問われるため、アルバイト採用というのは数自体が少ないようです。

また、仮にアルバイトとして採用されてもデータ収集やレポート作成などの雑用・補佐的な仕事が多くなるため、時給は1000円~2000円程度の水準に収まることが多いようです。

フリーランス

独立しフリーランスとして業務委託した場合、データサイエンティストの月の単価は100万円~150万円程度が目安となります。

システムエンジニアなどの一般的なITエンジニアと比べると、単価水準は一段高いようです。

ただしフリーランスはスキルや経験が直に収入に影響しますので、人によっては単価100万円を大きく下回ることもあれば、大きく上回ることもあるようです。

データサイエンティストが収入を上げるためには?

評価してくれる会社に転職する

国内では、データサイエンティストの価値を十分に理解できていない会社というのもまだまだ存在します。

一方で前述した富士通やSONYなどのように、データサイエンティストを高く評価している企業もあり、同じ能力でも勤める会社を変えるだけで、給料が倍増できることもあるようです。

全体的に「売り手市場」の職種でもあるため、スキルや経験を磨いたら、積極的に待遇のよい会社に転職を図るというのも一つの収入アップ対策となってくるでしょう。

海外で活躍する

海外とくに北米などのIT企業は、日本よりもデータサイエンティストの価値を高く評価しています。

海外のデータサイエンティストは、年収1000万円を越えるのが半ば当たり前のような状況であり、場合によっては年収が一桁変わることもあるようです。

海外企業に転職するにはより高度なスキルや語学力も必要になりますが、高みを目指したい場合にはチャレンジしてみる価値はあるでしょう。