セールスエンジニアの現状と将来性

活躍の場は広がっている

セールスエンジニアは、ここ最近、日本でも需要がさらに高まっている仕事のひとつです。

「営業的側面(セールス)」と「技術的側面(エンジニア)の両方の要素を併せ持つ職種であり、おもにIT業界や電子・電気・機械メーカーにおいて、技術的なアプローチからクライアントに対して自社製品・サービスの提案や製品導入後のサポートまで幅広く担当します。

技術革新が急激に進んでいる現代において、新しい技術について正しい知識を持ち、クライアントの課題やニーズに対応できるセールスエンジニアが求められる場は、今後さらに増えていくものと予想されます。

セールスエンジニアの強み

企業にとってセールスエンジニアがいることの強みは、自社の技術やサービスに付加価値をつけた提供が可能になることです。

セールスエンジニアは、ただ作ったものを売るだけではなく、個々のクライアントが抱える課題をヒアリングし、自社の技術力でどう解決していけるのかを探って最適なものを提供するための道筋を考えていきます。

同時に、製品導入後のクライアントの困りごとに対応しながら、継続的に信頼関係を築いていきます。

自社の製造・開発部門とクライアントをつなぐ橋渡し役を務める立場となり、企業にとってはとても重要な存在として位置付けられています。

キャリアパスもさまざま

セールスエンジニアには、さまざまなキャリアパスが考えられます。

ひとつは、企業内で管理職を目指していく道です。

個人的なセールスエンジニアとしてのスキルに加えて、マネジメントスキルや営業戦略を立てていくスキルを身につければ、チームや部署をまとめていくことも可能になります。

転職をきっかけに、より上の役職へ就いてキャリアを磨いていく人も多いようです。

また、他業界のセールスエンジニアになる道もあります。

いま、さまざまな業界で「グローバル」のキーワードが見逃せないものとなっています。

国内はもとより、世界で勝負できる製品・サービスを提供するためにも、技術の専門的な知識を持ってクライアントの多様なニーズに細かく応えていけるセールスエンジニアの需要は今後さらに増していくと考えられます。

セールスエンジニアとして培った能力は、他の業界でも生かすことができるでしょう。