プログラマーとシステムエンジニアの違い

プログラマーシステムエンジニアの仕事内容の違い

プログラマーとシステムエンジニアは混同されがちですが、実際には異なる職種です。

システムエンジニアは「システムを作って欲しい」という顧客企業の要望をかなえるため、システムに求める要件のヒアリングや、設計を行うことが主な仕事です。

加えてプログラムが運用開始された後、保守やトラブル対応を行うこともシステムエンジニアの仕事となる場合があります。

これに対してプログラマーは、システムエンジニアが決めた設計書をもとにして、プログラムの開発を行う仕事です。

また開発後にテストを行い、極力バグのないシステムを完成させることもプログラマーの仕事です。

システムエンジニアの仕事

プログラマーとシステムエンジニアのなる方法・資格の違い

プログラマーやシステムエンジニアになるには、どちらも以下にあげる方法があります。

・プログラマーやシステムエンジニアを養成する学校に入って勉強する
・外部の講習会などを受講する
・独学で学び、知識とスキルを身につける

プログラマーやシステムエンジニアは業務独占資格でないため、スキルを身につけ企業に採用されれば、仕事に就くことができます。

しかし採用されるためには、以下の資格を持っておくことがすすめられます。

・プログラマーの場合は、入社して仕事に生かしたい言語に対応する資格(Oracle Certified Java Programmer、PHP技術者認定試験、Ruby技術者認定試験など)
・システムエンジニアの場合は、基本情報技術者(SEとして働く際の基本的な知識となるため)

プログラマーとシステムエンジニアの資格・必要なスキルの違い

プログラマーとシステムエンジニアの資格は、それぞれ異なります。

プログラマーはJavaやPHP、Rubyなどといった言語ごとに、異なる試験が行われています。

たとえば「PHP技術者認定試験」の場合は、レベルごとに以下の通り認定されますから、初心者から上級者まであなたが身につけているスキルを確認できます。

・初級:PHPプログラミングの基本知識を習得している
・準上級:オンラインマニュアル等を参考にプログラミングができるレベル
・上級:PHPの言語仕様から実用的で高度なプログラミングテクニックをもつ上級者

資格の詳しい内容は、以下のリンクをご参照ください。

一方でシステムエンジニアの場合も開発業務に携わるケースが多いため、何らかのプログラミング言語を習得しておく必要はあります。

しかしそれ以上に必要なスキルとして、設計や要件定義などシステム開発全般に関する知識や、業務知識も求められます。

システムエンジニア向けの資格には「応用情報技術者試験」や」システムアーキテクト試験」が代表的です。

また業務知識においても、例えば会計業務では簿記といった資格があります。

このため業務に特化した企業を目指す方は、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

プログラマーとシステムエンジニアの学校・学費の違い

学校で学ぶという観点でいうと、プログラマーとシステムエンジニアにはあまり違いがありません。

専門学校では「システム開発」や「情報処理」でひとくくりにされている場合も多いです。

また大学では、そもそも専門の学部・学科を置いていない場合も少なくありません。

ただし専門学校のなかにはプログラミングのなかでもゲーム制作やスマホアプリなど、分野に特化した学科が用意されている場合があります。

どのようなプログラマーになりたいか決めている方は、このような専門学校も選べます。

学費は学校によって大きく異なりますが、年間で100万円~200万円が必要となる学校が多いです。

プログラマーとシステムエンジニアの給料・待遇の違い

厚生労働省が公表する「厚生労働省「平成30年 賃金構造基本統計調査」」によると、プログラマーとシステムエンジニアの年収は以下の通りとなっています。

・プログラマー:平均年収4,183,200円
・システムエンジニア:平均年収5,511,900円

収入面だけを考えれば、システムエンジニアのほうが高給といえるでしょう。

もっとも給料の額は、企業により大きく異なる点に留意が必要です。

待遇面においても、職種より企業による違いのほうが大きくなっています。

ただしプログラマーは内勤が中心ですから、自社開発の企業を中心にジーンズでの勤務可など服装が自由であったり、ある程度自由な時間で勤務できる「フレックスタイム」などを導入し、働きやすい環境を整える会社も少なくありません。

一方でシステムエンジニアは外回りの勤務も多いことから、どうしてもスーツ着用、勤務時間も平日の9時から18時となりがちです。

プログラマーとシステムエンジニアはどっちがおすすめ?

プログラマーとシステムエンジニアどちらがおすすめかは、人によるといえます。

ものづくりの現場に携わりたい、技術を極めたい、人と話すよりもプログラムを組むほうが好きという方は、プログラマーになることをおすすめします。

またITの職種に魅力を感じているが、なるべく自由な働き方をしたいという方は、自社開発を中心とする企業を探してみるとよいでしょう。

一方で将来、要件定義や設計など上流工程に携わりたい方、プロジェクトマネジメントやゼネラリストなどの道に進みたい方は、システムエンジニアを目指すとよいでしょう。

システムエンジニアは顧客との会話や交渉も必要なため、人と話すことが好きな方や、交渉が得意な方にもおすすめです。