CADオペレーターが独立してフリーランスになるには?

フリーランスのCADオペレーターの働き方・仕事内容

フリーランスのCADオペレーターの大半は、在宅で仕事をしています。

クライアントから直接仕事を請け負い、案件をこなして納品し、報酬を得るというのが大まかな仕事の流れです。

仕事自体はパソコンを使った作業がほとんどですし、クライアントとのコンタクト方法はメールや電話が中心になるでしょう。

仕事は自分で獲得しなければならないため、フリーランスになる前にある程度の人脈を構築しておくほか、信頼と実績を積み上げておくほうが良いでしょう。

近年では、フリーランスのためのクラウドソーシングサイトなどが増えていますが、フリーランスとは、仕事や案件を獲得するために自ら営業を行う必要があります。

フリーランスは良くも悪くも個人の力量がハッキリと出やすく、それによって仕事で成功できるかどうかも変わってきます。

フリーランスのCADオペレーターになるまでのキャリアパス

建築業界を中心に活躍するCADオペレーターは、建築会社や設計事務所などの企業に勤務する人がいる一方で、独立してフリーランスで仕事をする人もいます。

フリーランスのCADオペレーターとして活躍する人は、たいていの場合、会社勤務を経て資格を取得したのちに独立するという流れになります。

中にははじめからフリーランスで活動している人もいるようです。

CADオペレーターとして独立してフリーランスになるには、必ずたどらなければならないルートはないため、どのような人でもフリーランスとして独立することは可能です。

とはいえ、CADオペレーターはCADに関する知識やスキルが必要になるため、やはり専門学校やスクールに通って専門知識や技術を身につけ、実務経験を積んでからフリーランスになるのが一般的といえます。

フリーランスのCADオペレーターのメリット・デメリット

フリーランスで働く大きなメリットは、納期さえ守れば時間に拘束されることなく自分のペースで仕事ができることです。

また、個人の名前で仕事を行うことになるため、クライアントから評価されることで大きな達成感を得ることができます。

一つひとつの案件をこなすことで、信頼や人望を得ることができますし、継続した案件を獲得することもできます。

一方、フリーランスはCADオペレーターとしての製図業務のほか、営業や事務、経理、その他の雑務もすべて一人でこなさなくてはなりません。

会社が守ってくれるわけではなく、例えば病気や怪我で仕事ができなくなれば収入もなくなってしまうという不安が常につきまとうことになります。

仕事量によって収入が変動しやすく、生活は不安定なものになるかもしれません。

CADオペレーターはフリーランスとしても働きやすい職種ですが、こうしたデメリットも頭に入れた上で、フリーランスになることを計画した方が良いでしょう。

フリーランスのCADオペレーターの給料・年収

フリーランスで働くCADオペレーターの平均年収はおよそ300~400万円程度、月収はおよそ25~35万円程度といわれています。

ただし、フリーランスの場合は完全歩合制ですので、CADオペレーターが契約しているクライアントの数や、クライアントから獲得する案件数、そして自身の技量によって月収や年収は大きな差が生じます。

建築業界や設計事務所に会社員として勤めるCADオペレーターに比べると、フリーランスの収入は少ないといわれています。

在宅でCADオペレーターの仕事をしたいのであれば、近年ではクラウドソーシングサイトもいくつかありますし、人脈がなくても営業をしなくても収入を得ることはできます。

ですが、生活を安定させてフリーランスを続けていくためには、第一線で活躍できるだけのスキルと実績が必要です。