女性のITエンジニアのキャリアパス・結婚後の生活

女性のITエンジニアの現状

IT業界は、もともと男性の活躍が目立つ業界です。

ただし、時代が進むにつれ各職種で女性比率は徐々に高まっており、ITエンジニアに関しても、少しずつ女性の雇用が増えています。

とくに、Web系のソフト開発やSE(上流設計)の分野で活躍したり、フリーランスや派遣のプログラマーとして働いたりする女性が増えています。

一方で、機器の運搬など体力を要する仕事も多いインフラ系の職種では、女性エンジニアは希望者も求人も少ない状況です。

ただ、ITエンジニアはどの分野も人手不足が続いていることもあり、企業側は女性エンジニアも貴重な戦力として見ています。

女性のライフスタイルに配慮した、休暇や復業の制度、福利厚生などを整備する企業も増え、今後も女性エンジニアの増加が期待されています。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

女性のITエンジニアの強み・弱み

エンジニアは男性が多くの割合を占めるため、以前はシステムやサービスが男性目線で作られがちでした。

しかし、女性エンジニアが現場で増えていくことで、新鮮な意見や提案が出され、新しいアイデアが生まれることもあります。

また、女性エンジニアはまだまだ少ないこともあり、取引先などに顔を覚えてもらいやすい長所があります。

一方、エンジニアの仕事は仕事量が多いことに加え、納期前は残業も多くなりがちです。

体力で男性に劣る女性にとっては、厳しい現場も多く、とくに機器の運搬や設置の作業を伴う職種だと大変です。

また、IT業界は技術やトレンドの移り変わりが速いため、もし妊娠・出産などで現場から離れると、復帰する頃には技術の衰えや遅れが気になってしまうかもしれません。

主体的に勉強し続ける努力が必要です。

ITエンジニアの結婚後の働き方・雇用形態

女性のITエンジニアが結婚した場合、結婚前と比較して、家庭と仕事のバランスを考えた働き方になることが多いです。

長期の休業制度や一時的な雇用形態の変更ができる企業も多くなっており、結婚や出産などで現場を離れても復帰しやすい環境づくりが進んでいます。

ムリのないように、正社員から、派遣やパートなどに切り替えるケースも見られます。

また、勤務先によってはフルリモート対応しており、正社員として自宅で仕事をすることも可能です。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ITエンジニアは子育てしながら働ける?

ITエンジニアは時間や場所に縛られずにできる仕事が多いため、子育てとの両立がしやすい職種です。

もしいったん職場を離れたとしても、求人は多く出ているため、経験者の再就職は難しくありません。

リモートワークや時短勤務、フレックス制などを採用し、女性が負担なく働ける環境づくりを進める企業も多くなっています。

なお、比較的新しめのIT企業では、男性が育児休業を取得する例も少しずつ出てきています。

性別問わず、家庭生活と仕事をしっかりと両立させられるしくみを整える企業は増えつつあるといえるでしょう。

ITエンジニアは女性が一生働ける仕事?

ITエンジニアは知識・技術があれば勝負できる仕事であり、女性であることが仕事で不利になることは基本的にありません。

ただし、エンジニアとして長く働くためには、継続的にしっかりとスキルを磨いていくことが必要です。

そして、常に業界の動向や求められる技術に関心をもっておくことも大切です。

女性は結婚を機に働き方を変えざるを得ないことも多いため、ひとつの職場にこだわらない柔軟な働き方も意識しておくとよいでしょう。

自分の求める給与や働き方、技術力を踏まえ、状況に応じて勤める会社や働き方を見なおすことも、女性エンジニアが長く働くための重要スキルといえるでしょう。