データサイエンティストのやりがい・楽しさ・魅力

データサイエンティストのやりがい・楽しさ

難しい課題を解決できたとき

データサイエンティストは、データ分析やビジネスの高度な知識を駆使して、これまで解決できなかったような難しい課題をも解決に導いていきます。

専門知識を要する大変な仕事ですが、自分でとことん考えてゴールに向かって戦略を立てていき、それが見事ハマった時は大きなやりがいや達成感を感じられます。

難しいパズルを紐解くことに面白みを感じる人にとっては、特に魅力的な仕事といえるでしょう。

企業にとって重要なポジションの仕事が行える

データサイエンティストが分析したデータをもとに、新たな商品が開発されたり、時には新たな事業部が創設されるなど、企業のビジネスが大きく左右することもあります。

経営層、プロデューサー、編集長など、その会社の上位の役職の人々と一緒に働く機会も多く、「自分が企業の一部を動かしている」という風に実感できることもあります。

さらに近年は企業側もデータサイエンティストの重要性を理解し、丁重に扱ってくれることがより増えてきました。

「企業に大きな影響を与えたい」、「企業を足元から支える重要なポジションを担いたい」、といった人には大きなやりがいが得られるでしょう。

職業の価値を創っていける

データサイエンティストはまだ新しい職業である分、その仕事内容に関して明確な定義がなされていない面もあります。

しかしそれは、これから自分たちが職業の価値や地位を創っていけるということでもあります。

いま、世間から脚光を浴びている職業であることも、この仕事の魅力の一つです。

周りから期待されている中で大きな結果を出せばますます注目を集められますし、ビジネスの最先端で活躍できるチャンスが多いことも、やりがいを感じる要素になるでしょう。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの魅力

給料水準は良好

データサイエンティストの平均年収は、概ね500万円~600万円といわれています。

さらに最近は企業内でのデータサイエンティストの評価が高まっており、以前より給料アップを図る会社も増えているようです。

大手企業や外資系企業に勤めるデータサイエンティストであれば、年収1000万円を越えることも珍しくはなくなりました。

給料水準は良好といえ、今後は高収入と呼ばれる職業になっていくかもしれません。

またデータサイエンティストを募集するような企業は、一定以上の規模のある安定した大企業が多いですので、昇給制度や福利厚生などの待遇が良いのも魅力といえるでしょう。

年齢、体力的なハンデを受けにくい

データサイエンティストは、学者や研究者と同じように、自分の頭脳が武器となる職業です。

使うのは頭であり、オフィス内でのデスクワークやプレゼンテーションが主な業務となりますので、体力的な負担はさほどない職業です。

また長く続けるほど、知識は深まり、分析手法も磨かれていきますので、より広い視野でビックデータと向き合えるようになります。

したがって年齢的なハンデは受けにくい職業であり、むしろ年齢を重ね経験を積み上げたデータサイエンティストの方が、有利になるともいえます。

そのような長く現役として活躍できる点も魅力といえます。今後は、60代70代のシニアのデータサイエンティストも目立ってくるかもしれません。

本社勤務ができる

データサイエンティストとして就職すると、本社のデータ管理部門や企画マーケティング部門などに配属されるパターンが多いです。

基本的には本社勤務となり、転勤や異動も少ない職種です。営業職などのように、全国の支社を渡り歩くようなことはほとんどないでしょう。

それこそ都心の一等地に本社を構えている大手企業であれば、優雅な本社ライフをおくることができるでしょう。