ITエンジニアとプログラマーの違い

ITエンジニアプログラマーの仕事内容の違い

ITエンジニアとプログラマーでは仕事内容に違いがあります。

プログラマーはITエンジニアに含まれますが、担当業務がプログラムの作成に限られている人をいいます。

ITエンジニアは一般的にはシステムの企画・提案や設計、構築まで全体に関わります。

ITエンジニアは様々なプログラムや機器を組み合わせシステムの全体像を設計するとともに、各工程で具体的に作業ができるよう書類に仕様を落とし込みます。

プログラマーはエンジニアが設計した仕様書に基づいてプログラムを作成します。

エンジニアがプログラミングも担当する現場もありますが、必要スキルが違ってくるため担当を分けるのが一般的です。

プログラマーの仕事

ITエンジニアとプログラマーのなる方法・資格の違い

ITエンジニアやプログラマーになるためには、資格や学歴は必要ありません。

ただし、ITエンジニアを目指す場合、職種によっては高度な思考力や専門知識が問われることもあり、応募条件に大卒や専門学校卒の学歴を求められることもあります。

プログラマーは求められているプログラミング言語のスキルがあれば学歴不問で採用されることも多いため、高卒ですぐに就職できる職場もあります。

プログラミング未経験でも、派遣会社やハローワークなどで基本の教育を施してから現場に送り出してくれることもありますし、独学やスクールでの学習も可能です。

資格はあれば就職に役立ちますが、絶対的に必要なものではありません。

ITエンジニアとプログラマーの資格・必要なスキルの違い

ITエンジニアやプログラマーになる上で資格はあれば有利ですが、経験や実績が重視される傾向が強い業界であるため、基本的には不要です。

それぞれ求められるスキルが違い、ITエンジニアには該当業務を担当するための専門知識に加え、ITに関する広い知識が要求されます。

一方、プログラマーはプログラミングの能力が問われ、プログラミング言語である程度の大きさのプログラムを作成できることが必要です。

プログラマーを目指す上では2~3種類のプログラミング言語を扱えるとよいでしょう。

ITエンジニアではIPA(情報処理推進機構)の国家資格や、関連ベンダーの資格取得者が多いですが、プログラマーには標準的といえる資格はありません。

ITエンジニアとプログラマーの学校・学費の違い

ITエンジニアやプログラマーになりたい場合、情報系の大学または専門学校に通うのが一般的です。

大学では情報工学を扱っている学部学科を選ぶことになり、学費は年間に60~150万円ほどが多く見られます。

専門学校の場合、IT系の専門学校で年間に80~120万円ほどです。

大学ではITに関する基本的なことから最新技術について学び、自分でも研究を行うことができます。

専門学校では現場で必要なプログラミングを、課題を通して修得していく実用的な内容が多くなっています。

就職活動のときには、大学でも専門学校でもサポートが充実しており、企業のあっせんをしてくれる場合もあります。

ITエンジニアとプログラマーの給料・待遇の違い

ITエンジニアとプログラマーとでは基本的にITエンジニアの方が給与は高めです。

正社員の割合はITエンジニアの方が高く、ITエンジニアは年収で450~650万円、プログラマーは350~500万円ほどの求人が多く見られます。

プログラマーは一部の任された範囲のプログラム作成を担当するのみで、一方のITエンジニアは案件全体に関わり、顧客との折衝やシステムの設計など責任の重い業務を多く担当することが給与額にも反映されています。

福利厚生などは会社規模や会社の考え方によって異なります。

また、プログラマーは非正規雇用の人も多く、雇用形態の違いからさまざまな待遇の違いが生じることも少なくありません。

ITエンジニアとプログラマーはどっちがおすすめ?

ITエンジニアとプログラマーでは求められるものが違うため、現場では上下なく敬意をもって一緒に仕事を進行します。

ITエンジニアは顧客との折衝やメンバーとの打ち合わせ、書類作成などが多いため、ITスキルだけでなくコミュニケーション能力やビジネススキルが要求されます。

そのため、ITに興味があるだけでなく、チームワークやコミュニケーションが好きな人に適した職種です。

プログラマーはプログラムを作成するための論理的な思考や数学的なひらめきに秀でた人が向いています。

自分の仕事を絞り込んで専門化したい人や、職人気質で常に自分の仕事の質や能力を高めたいという人はプログラマーがおすすめです。