文系でもシステムエンジニアになれる?

文系でもシステムエンジニアになれる?

システムエンジニアというと、「エンジニア」という名前からも、理系出身の人しか就けない仕事だと考える人もいるかもしれません。

しかし、たとえば自動車や電化製品や作る「機械系エンジニア」のように、理系学生のみに限定して採用することは、システムエンジニアの場合はほとんどありません。

どちらかといえば、出身学部や現状の知識・スキルよりも、システムエンジニアへの適性や意欲・やる気を重視する傾向にありますので、頑張ろうとする気持ちが伝われば、文系出身者でもシステムエンジニアとして問題なく採用されるでしょう。

実際の現場でも、文学部や法学部など、文系出身のシステムエンジニアもたくさん活躍しており、文系学部からシステムエンジニアを目指す人も毎年たくさんいます。

文系出身者がシステムエンジニアになるメリットや強み

一般的に文系の人は、理系の人に比べるとコミュニケーション能力が高いといわれることがあります。

理系の場合、どうしても一点集中型で深くものごとを突き詰めていくことが多くなりますが、文系の場合には幅広い視野を持って多角的にものごとを見る機会に恵まれ、また人の心の動きにも興味を持つ人が多いことから、自然とコミュニケーション能力が身につくことが多いようです。

こうしたコミュニケーション能力は、システムエンジニアとしての大きな武器になります。

この仕事は、エンジニアといっても人と会話をする機会がとても多く、クライアントが望むことを察知したり、将来的には開発現場のスタッフを纏めマネジメントする力も求められます。

日々多くの人間に囲まれ、周囲と連携しながら進めていく仕事となりますので、そのような環境下では、文系の豊かな人間性や良好な対人関係を築く力が大いに発揮されることがあるのです。

文系出身者がもち前のコミュニケーション力を上手く伸ばしていければ、将来的には技術力もあり、コミュニケーション力もある、ハイブリッドなシステムエンジニアとして重宝されるでしょう。

文系出身者がシステムエンジニアになる上での注意点

「論理的思考力」を磨く必要がある

システムエンジニアの仕事をする上では、筋道を立ててものごとを考える「論理的思考力」が必要不可欠となります。

理系の場合は、大学の講義や研究活動などを通し、論理的思考力が自然と身に付きやすいですが、文系の環境ではなかなか養う機会が少ないです。

したがって、これまで論理的思考とは縁のなかった人であれば、入社前にある程度は学んでおくことが望ましいでしょう。

論理的思考力は、市販されている「論理的思考」「ロジカルシンキング」系の書籍からでも、基礎的な部分は知識として学ぶことができます。

システムエンジニアは勉強する意欲が必要

システムエンジニアは、仕事で難解な資料やドキュメントを読む機会も多く、会社のデスクで資料と睨み合いながら、まるで受験勉強をするかのように一日を過ごすこともあります。

また、帰宅後や休日などに自主的にITの技術書を読んだり、資格の勉強などをして、学習に励む必要もでてきます。

したがって、文系出身者で、机に向かってじっくりと勉強する生活から遠のいていた人にとっては、慣れるまで少々苦労が伴うかもしれません。

数学力やプログラミングスキルは必要か?

数学力はさほど必要ではない

システムエンジニアの場合、高校や大学で学ぶような高度な数学知識が必要になることは、ほとんどありません。

基本的には、中学生レベルの数学の知識があれば問題はないでしょう。

それよりも、サーバーやデーターベースなどのITに関する技術知識の方が重要になってきます。

ただし、システムの設計をする上で数値の分析などをすることもありますので、ある程度は「数字に強い」方がよいです。

「数字を見ただけでうんざりする」といったような人ですと、システムエンジニアは少々不向きといえるでしょう。

システムエンジニアとプログラミング

プログラミングを行うのは「プログラマー」であり、システムエンジニアではありません。

システムエンジニアは、プログラムを搭載するサーバー、またさらに大きいところでは「ITシステム」という全体的な枠組みを考えることが仕事です。

したがって、プログラミングスキルというのは必須ではなく、全くプログラミングに触ったことのないような人でも、システムエンジニアとして活躍している人はいます。

ただし、プログラミングに理解があると、プログラマーチームなどとのやりとりもスムーズになりますので、プログラミングを学ぶことに損はありません。

教育制度の整っている企業へ

文系出身者や全くIT知識のない人がシステムエンジニアを目指す場合、会社の「教育制度」が重要になってきます。

大手IT企業であれば、新卒入社時に十分過ぎるほどの導入教育を行ってくれる会社が多く、
中には入社後半年以上、教育センター内で導入教育となる会社もあります。

一方で中小IT企業やベンチャーIT企業の場合は、まったくといっていいほど導入教育はせずに、入社後すぐに現場配属させる会社もあるようです。

何事も最初が肝心ですので、文系出身者の場合は、入社を考えている企業の教育制度が充実しているかもよくチェックすることをおすすめします。