Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、IT・Webの技術が進歩することで活躍の場が広がり、注目度が増してきた職種のひとつです。

さまざまなWebサイトの「見た目」部分の制作に携わるなど、重要な役割を担っています。

ここでは、そんなWebデザイナーの仕事内容や活躍の場、求められるスキルなどについてまとめています。

Webデザイナーと似た要素をもつ職業との違いについても紹介していますので、キャリアを考えていく参考にしてください。

Webデザイナーの仕事とは

Webデザイナーは、Webサイトを制作する人のことです。

制作工程のなかでも「ページの見た目をデザインすること」をおもな業務としています。

Webサイトの目的やコンセプトにあわせて、テキストやバナー、写真、図表などを配置したり、色の使い方やレイアウトを考えて調整したりします。

また、HTML/CSSやJavaScriptなどを使った「コーディング」まで行うことも多いです。

Webデザインでは、単なる見栄えのよさを追求するだけではなく、Webサイトがユーザーにとって使いやすいものであるかや、サイトの目的をきちんと実現できているかどうかが重視されます。

たとえば、ECサイトでは「そのサイトを通じて、売上をアップさせること」が大事な目的となってきます。

その目的を叶えるデザインをすることが、Webデザイナーには求められてくるのです。

Webデザイナーは、デザインによって、クライアントがサイトに求める効果を生み出すために仕事をします。

なお、Web業界は、流行の表現や制作で使用する技術の変化が激しいため、Webデザイナーは常に勉強し、スキルを磨き続けることが大切です。

Webデザイナーの業務の内容

以下では、Webデザイナーの業務内容を、大きく3つに分けて紹介していきます。

Webデザイン設計

ホームページを作る際には、その内容となるコンテンツ(文章など)の設計とは別に、デザインの設計が必要です。

デザインの設計では、まず大まかな画面の割付を決める「ワイヤーフレーム」、色やテキスト、素材を画像として作成する「モックアップ」、WebページとしてHTMLやCSSなどで仮にページを作成する「プロトタイプ」を作成します。

クライアントの意向をヒアリングによって引き出し、「Webディレクター」の指示や助言を受けながら、目的を実現するためのデザインを作成することがWebデザイナーの中心的な業務です。

素材作成

Webデザインをするうえで、手持ちの素材だけではイメージしているようなサイトが作れない場合があります。

その際には、Webデザイナーが素材の作成も行います。

たとえば、商品や景色、人物などの写真を撮影・加工したり、素材を組み合わせたり、自分で図や表、イラストなどを描く場合もあります。

ロゴやバナー、イメージ画像などの素材の質や統一感にこだわることは、制作物の質を高めるためにも重要な業務です。

コーディング

Webデザイナーの業務は、基本的に見た目を調整していくデザイン部分です。

ただし、「コーダー」と呼ばれるコーディング専門の職種が配置されていない職場では、Webデザイナーがコーディングも行います。

コーディングとは、HTMLやCSS、JavaScriptなどを用いて、Webサーバーで表示されるページを作成することを意味します。

コーディングの分野は、プログラミングに関連する専門知識や技術が求められてきます。

また、高度なフロントエンド(表示される画面)の開発においては、ネットワークやプログラミング、ユーザーインターフェース(UI)など、より幅広い知識が必要になってきます。

Webデザインからコーディングまで、まとめて仕事をする人は「Web制作者」と呼ぶこともあります。

Webデザイナーの役割

通常、Webサイトは一人だけで作られるものではありません。

多くの場合は制作チームを組み、Webデザイナーは「Webディレクター」や制作チームの管理者の指示を受けて、デザイン業務を担当します。

チームにおいて、基本的にWebデザイナーはフロントエンドのデザインを担当します。

フロントエンドでも、「無限スクロール」や「ハンバーガーメニュー」といわれるパーツの実装は別のエンジニアが担当することも多いですが、勤務先や案件によって、Webデザイナーの業務範囲はさまざまです。

いずれにしても、Webデザイナーの担当部分は、ホームページの顔ともいえ、サイトの第一印象を大きく左右します。

Webデザイナーは、クライアントの意向をよく理解し、目的達成のためのデザインを検討しなくてはなりません。

また、Webサービスでは、使いやすさがデザイン面で大きく左右されるため、「UI(User Interface)」についても専門的な知識をもって画面を設計することが求められます。

あわせて、「ユーザーがWebサイトを通じて得られる体験」を意味する「UX(User Experience)」についての理解も重視されます。

Webデザイナーの勤務先の種類

Webデザイナーは、Web制作会社やWebサービスの企画・運営会社など、いわゆる「Web業界」の企業を中心に活躍します。

また、Web業界以外でも、自社でWebサイトやWebサービスを手掛ける企業は増えているため、活躍の場は広がっています。

制作チームの分業体制がしっかりしているWeb制作会社では、Webデザイナーは基本的にデザインや素材の作成がメインです。

しかし、Web系の企業以外では、WebデザイナーはWeb制作の専門家と見られることも多く、デザインのみならずコーディングやSEO、企画・運用などまで広く求められることもあります。

熟練したWebデザイナーのなかには、独立して自分の制作会社を作ったり、フリーランスとして働いたりする人もいます。

勤務先によって働くスタイルや待遇、担当する案件の種類が違ってくるため、自分に合った会社や働き方を選ぶことが大切です。

Webデザイナーの就職先の種類と仕事内容の違い

Webデザイナーの仕事の流れ

クライアントからWebサイトに関連する案件を受注すると、まずは制作チームが組まれます。

チームにおいて、Webデザイナーはまずクライアントにヒアリングを行い、ターゲットやイメージカラーの有無など制作に必要な情報を集めます。

そして、ヒアリング内容や仕様書の情報をもとに、ホームページの骨格となる「ワイヤーフレーム」を作成します。

ワイヤーフレームは、トップページや上層ページ、下層ページ、モバイル用のページと種類別に作ります。

その後、画像作成ソフトで実際の画面イメージを示す「モックアップ」を作成し、クライアントに確認してもらいます。

このとき、不足している素材があれば自分で作成または調達します。

モックアップのOKが出たら、次はコーディング作業です。

まず「プロトタイプ」と呼ばれるバージョンを作成し、Webブラウザで表示して使いやすさや見えやすさ、発色などをチェックします。

プロトタイプの確認後、完成版を作成してWebサーバーにアップロードし、クライアントからOKが出れば制作完了です。

Webデザイナーと関連した職業

Webデザイナーとグラフィックデザイナーの違い

Webデザイナーは、同じデザイン業である「グラフィックデザイナー」とは技術的に重なる部分が多いです。

しかし、WebデザイナーはWeb媒体、グラフィックデザイナーは紙媒体をメインで扱うことが、両者の大きな違いといえます。

関わる媒体の違いから、求められる知識やスキルにも違いがあります。

ただし、いまは広告手段が多様化している事情もあり、両方のスキルをもってさまざまな方面で活躍しているデザイナーも多いです。

グラフィックデザイナーの仕事

WebデザイナーとWebプログラマーの違い

「Webデザイナー」と「Webプログラマー」は、しばしば同じチームの中で制作に携わります。

どちらもWebサイトの制作に関わるという点では共通していますが、Webデザイナーはおもにデザインを、Webプログラマーは裏側で動くプログラムの実装を担当します。

企業の規模によっては、どちらの職種もコーディングを担当するケースがあります。

Webプログラマーの仕事