携帯電話会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

携帯電話会社社員を目指すきっかけで多いものは?

携帯電話会社の採用試験では、書類選考や面接で必ず志望動機の確認が行われます。

携帯電話会社は大手企業が多く、その「知名度」や「安定性」に魅力を感じて志望する人もいるでしょう。

しかし、応募の際の志望動機は「仕事そのもの」に焦点を当てた志望動機が求められます。

携帯電話と自分との関わりの中で、どのような仕事がしたくて志望しているのを考えましょう。

「携帯電話を多くの人にもっと便利に使ってほしい」「まったく新しい携帯電話の開発をしたい」などの動機をもつ人も多いです。

また、携帯電話会社が独自に行っている携帯電話以外の事業に魅力を感じる人も多くなっています。

携帯電話会社社員の志望動機の考え方

携帯電話会社の志望動機では、各社の求める人材像に合わせた志望動機を述べることが大切です。

各社のWebサイトの採用ページには必ず記載がありますので必ず確認してから志望動機を作成しましょう。

多くの企業は「挑戦」「前向き」といった価値観を大切にしているため、志望動機においても、携帯電話を通して何を実現したいのか、果敢に挑戦する姿勢を見せることが求められます。

その上で、競合企業ではなくその企業からしか感じられない魅力を述べて差別化することが大切です。

携帯電話事業は表面的に見ると、どの企業も大差ないように見えるものです。

しかし、事業の背景にある考え方はまったく異なりますから、それをよく理解した志望動機にすることが大切です。

携帯電話会社社員の志望動機の例文

事務系(総合職)の志望動機例文

「私が貴社を志望するのは、貴社のサービスはどの同業他社よりも使いやすいと感じ、それを世の中へ広げる力になりたいと考えたからです。

親が中学生の頃から自分の携帯電話を持たせてくれて、お小遣いの中から月々の料金を支払うように言われました。

キャリアの中で、貴社が最も使い安い価格とサービスを提供しており、その後ずっと愛用しています。

私も貴社の一員として、より使いやすい価格でのサービス提供ができるように努力したいです。」

技術系(総合職)の志望動機例文

「貴社は他の競合企業よりも優れたサービス連携を実現している点に魅力を感じて志望しました。

業界を問わず多くの業界とサービスを連携し、アカウント管理が楽で、値引きやクーポン、ポイントサービスなど多くの実益を生み出しています。

こうした携帯電話を起点とした安全で便利なサービスの開発に取り組み、世の中をさらに便利にできればと思います。

子どもの頃から将棋で鍛えてきた集中力を生かし、貴社に貢献していきたい所存です。」

技術職(研究開発)の志望動機例文

「私が貴社を志望したのは、AIの実用化研究で最先端にある企業のひとつだと感じているからです。

私は大学で機械学習について学んだこともあり、先端の情報技術を積極的に活用しようとする企業への就職を目指しています。

自動で動いたり話したりするロボットや自動走行の車など、子どもの頃にワクワクしたものを現実にする働きがしたいです。

ビジネスとしても収益になり、世の中に貢献するようなAIの使い方を貴社と一緒に生み出していきたいと考えています。」

携帯電話会社社員の面接で聞かれること・注意点

携帯電話会社の面接では、「志望動機」や「学生時代に力を入れたこと」などの定番の質問を通し、個人の考え方や行動の仕方について確認されます。

単純に回答するだけではなく、どう考え、どのような行動をし、どんな結果になったのかを順序立てて話せるようにしましょう。

また、質問では「今後の携帯電話のあり方」「将来の夢」など、さまざまなビジョンについて問われることも多いです。

日頃から、さまざまな事項について将来のビジョンを考えたり、その実現方法について考えたりしておきましょう。

携帯電話会社はコミュニケーション能力が求められ、店舗での接客機会もありますので、服装や身だしなみなどのマナーが面接で重視されます。

過度に意識する必要はありませんが、失敗しないようにしっかり確認しておくようにしましょう。

携帯電話会社社員の自己PRのポイント

携帯電話会社への入社を目指すなら、会社の望む人材像に合わせた自己PRが大切です。

携帯電話会社は人気があるため、多くの優秀な人材が集まります。

能力や実績はもちろん見られますが、最終的には企業との相性を重要視する傾向があります。

各企業の特徴や事業内容、考え方をよく研究した上で、「自分と企業は相性がいい」ことを示すPRが求められます。

単なる自分語りに終わらず、企業のどんな点と自分の特徴がマッチしているのかをわかりやすくアピールしましょう。

また、エピソードを語るときは、実績や結果よりも、過程についてしっかり説明してください。

過程の中にこそ、自分の特徴が表れるからです。

携帯電話会社社員の履歴書で気をつけるべきことは?

中途採用の場合は、就職活動で履歴書を提出することになります。

新卒でも募集の種類によっては履歴書が必要なことがあります。

履歴書を書く場合、できるだけ「何をしてきたか」「何ができるか」を具体的に記述しましょう。

簡潔に記述する場合でも、業務に関連すると思われる経歴や資格、趣味・特技などは詳しく書くことをおすすめします。

「ネットワークエンジニアとして勤務」ではなく、「ネットワークエンジニアとして3年ほど、データセンターで監視や障害対応業務に従事」といった書き方をするとよいでしょう。

また、履歴書は面接の際に使われるため、書いた履歴書はコピーを取っておいて、質問を想定しながら面接対策に役立てましょう。

携帯電話会社の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で携帯電話会社への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

携帯電話の分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、携帯電話会社の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。

携帯電話会社社員の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で携帯電話会社社員への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで無料で添削を受けるのもおすすめです。

転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、携帯電話会社社員の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。