セールスエンジニアに向いている人、適性、素質

セールスエンジニアは、技術が好きで、さらに人と話すことも好きという人にはうってつけの仕事だといえます。

この仕事では技術的な知識を強みとし、クライアントと直接コミュニケーションをとりながら相手の困りごとや課題を解決に導いていきます。

そこでは、まず自分自身が技術を突き詰めていけるかどうかが重要な要素となります。

一般のエンジニアのなかには「人と話すことは苦手」という人も少なくありませんが、セールスエンジニアはそうもいかず、営業として自社製品・サービスを提案していく姿勢が必要不可欠です。

ものづくりをする技術者と、製品を世に広めていく営業の両方のマインドをバランスよく持てるタイプの人に向いている仕事です。

幅広い視野を持てる人

セールスエンジニアは、社内の関連部署との調整役を務めることもしばしばあります。

クライアントから「こういうものを作ってほしい」といった要望を受け、開発部隊や工場などにその内容を正しく伝え、クライアントの期待に応えるために走り回るような立ち位置となります。

逆に、社内の製造や開発部門からの声を、わかりやすくクライアントに伝えていくようなことも重要な仕事の一部です。

一点集中ではなく、つねに幅広い視野を持って、さまざまな人と関わっていくことが大事です。

好奇心旺盛であること

企業がセールスエンジニアとして求めている人材は、つねに新しい技術に興味を示し、将来の技術動向を考えることができる人です。

製造・IT・機械などの技術や知識を身につけるためにも、何にでも興味心旺盛な人は、セールスエンジニアに向いているといえるでしょう。

とくに技術は日々進歩しているため、新しい情報を貪欲に吸収することが大事です。

また、マニュアルなどを読みこなす力や、わからないことを自ら調べる姿勢を持っている人もこの仕事に向いています。