AIエンジニアの仕事内容

AIエンジニアとは何か

AIエンジニアは、IT業界でものづくりに携わるエンジニアのなかでも「AI」といわれる領域を専門とする技術者のことをいいます。

「AI(Artificial Intelligence)」は日本語で「人工知能」と訳され、人間と同様の知能をコンピューター上で実現させるための試みや、そのための一連の技術のことを意味しています。

つまり、「人間の知能を人工的に模倣すること、あるいはその技術」となります。

現代では、AIがスマートフォンの音声認識のほか、自動車の自動運転、産業用ロボットや画像処理といったさまざまな分野で活用されており、これからさらなる発展や普及が見込まれる分野と考えられています。

AIエンジニアの役割

AIエンジニアは、AIに関する専門的な知識や技術を持ち、ビジネス上の課題に対してAIをどのように使えば解決できるのかプランニングをしていく役割を担います

AIの進歩はめざましく、ビジネスを飛躍的に伸ばしていける可能性を秘めていますが、人間の脳との違い、つまりはAIの限界についても理解しておく必要があります。

AIエンジニアは、そうしたAIの性質を踏まえたうえで、一から企画や設計を行っていきます。

したがって、一般的な「ITエンジニア」がクライアントやユーザーのニーズに合わせたシステムをプログラミング言語を駆使して組み上げていくのがおもな仕事内容となるのに対し、「AIエンジニア」は上流プロセスから参加し、プロジェクトの方向性にまで深く関わっていくことが多くなるのが特徴です。

そして、AIに対して適切なデータを与え、AIがうまく学習できる結果を引き出すことを行っていきます。

就職先・活躍の場

AIエンジニアは需要が高まっている仕事ですが、AIそのものが最先端の技術であることから、一般的なITのシステム開発を行うエンジニア以上に人材不足の状態が続いているといわれます。

AIを積極的に扱うスタートアップのIT企業のほか、大手IT企業でもAIエンジニアは求められています。

大学院などでAIを専門的に学んできた若者や、AI開発に必要となるプログラミング言語などを理解しているエンジニアは高く評価されるでしょう。

なお、AIエンジニアといっても、具体的な業務内容は人によってもまちまちです。

たとえばAIを活用した新たなサービスやシステム開発に携わる人もいれば、AI技術を用いたプロジェクトをマネジメントする人、あるいはAIに学習させるためのデータ準備や解析を中心に携わるような人もいます。