このサイトはシステムエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「システムエンジニア」

仕事内容
システムエンジニアは、ソフトウェア開発の現場において、開発プロジェクトや開発チームの管理と、プログラムの仕様書を作成する仕事です。システムエンジニアが作った仕様書を基に、プログラマーがプログラミングを行って開発を進めていきます。ソフトウェア開発の際は複数のプログラマーが共同で動くことが多いため、システムエンジニアは技術者としてプログラマーたちをまとめ、開発工程を管理する役割を担っています。
なるには
システムエンジニアは、システムやソフトウェア開発会社、一般企業の情報処理部門など、さまざまな職場で働いています。未経験もしくは新卒で就職する場合、まずはアシスタント的な業務の経験を経て、一人前のシステムエンジニアになるという人が多いです。学歴や専攻は問われないことも多いですが、大学、短大、専門学校、高専でITや情報処理を学んでいると、仕事に役立つ知識を早くから身につけられるという利点もあります。
給料
システムエンジニアは技術者でありながら、専門性の高い仕事とされているため、給与水準は一般職よりもやや高めに設定されていることが多いです。勤続年数や年齢で昇給していく会社もありますが、中には完全な実力主義で、若くても実力が認められたり成果を挙げたりすれば大きく給料が上がるケースも存在します。全体的に安定した収入が望める仕事ですが、納期が近くなると残業や徹夜になる可能性もあり、比較的忙しい職場が多いようです。
将来性
ITが不可欠となった現代社会では、もはやシステムやソフトウェアなくして生活することは考えられない時代となっており、高い専門知識やスキルを有したシステムエンジニアの需要もますます高まっています。採用募集を行う企業が多く、この先もニーズの高い状況は続くものと予想されますが、勤務先の選択肢が幅広いため、どのようなシステムエンジニアになりたいのか、しっかりとしたビジョンを持っておく必要があると言えるでしょう。

仕事体験談