「システムエンジニア」とは

大勢の技術者が動くソフトウェア開発の現場で、すべての工程に関わるマネジメントを行う。

システムエンジニアはソフトウェア開発において、開発プロジェクトや開発チームの管理などを行う技術者のことです。

まとめ役としての役割だけでなく、プログラムの設計書ともいえる仕様書もつくります。そして、それに基づいてプログラマーがプログラムを記述して開発を進めていきます。

新卒の場合、情報処理の知識や技術がない場合でも採用されることがありますが、情報処理について学べる専門学校や大学の学部を卒業しておくと就職に有利です。

システムエンジニアは人材不足の傾向にあり、職を見つけやすい状況にあります。

給与水準もやや高めとなっています。

ただし、時期によっては残業が続くことがあることも覚悟しておいたほうがよいでしょう。

変化が早い業界のため、継続的に学ぶことができる人が向いています。

「システムエンジニア」の仕事紹介

システムエンジニアの仕事内容

システムを設計し、開発現場を管理する

システムエンジニアは「SE(エスイー)」とも呼ばれ、ITエンジニアの職種のひとつです。

システムエンジニアのおもな役割は、ソフトウェア開発の現場においてクライアントとプログラマーの間に立ち、両者の架け橋となって活躍することです。

クライアントと打ち合わせを行い、相手のニーズを聞いて仕様書と呼ばれるシステムの全体図を作成すると、プログラマーはその仕様書に基づきシステム開発を行います。

システムエンジニアは技術者としてプログラマーたちをまとめ、プロジェクトが円滑に進むよう開発工程を管理する役割を担っています。

システムエンジニアの就職先・活躍の場

活躍できる場がさらに広がっている

システムエンジニアのおもな就職先はシステム開発会社やソフトウェア開発会社です。

最近ではありとあらゆる業界の企業でシステムやソフトウェアが使われるようになっていることから、それらを開発するために新たな開発会社も増えています。

また、最近では一般企業の情報管理部門やIT教育の部門でも、システムエンジニアが求められるようになってきています。

大手企業から中小ベンチャー企業まで、システムエンジニアが活躍できる場はたくさんあります。

システムエンジニア1日

オフィス内での仕事だけでなく、外出をすることも

システムエンジニアの動きは、開発プロジェクトで任される役割によっても多少変わってきます。

オフィス内でメンバーのフォローや進行状況の管理を行う時間も多いですが、クライアントとの打ち合わせなどで外出することもあります。

ここでは、そんなシステムエンジニアのある1日を紹介します。

09:00 出社、朝礼
会社によっては遅めの出社になるところも。

10:00 ミーティング
メンバーから業務進捗状況の報告を受け、アドバイスをします。

12:00 昼食
チームメンバーを誘ってランチ。

13:00 メンバーと打ち合わせ
午後の業務進捗について、各担当者と個別に話します。

15:00 得意先へ
新規の案件についてクライアントの困りごとや要望をヒアリング。

17:00
本日の進捗状況を上司に報告します。

17:30 残務処理
クライアントへメール返信など、やり残した仕事を片付けます。

19:00 退社
仕事の状況によっては残業が長くなることも。

システムエンジニアになるには

プログラマーからシステムエンジニアになる人も

システム開発会社などに未経験もしくは新卒で就職する場合、まずはアシスタント的な業務の経験を経て、一人前のシステムエンジニアになるという人が多いです。

キャリアのスタートは、開発業務に深く携わっていくプログラマーからということもよくあるパターンです。

学歴や専攻は問われないことも多いですが、大学、短大、専門学校、高専でITや情報処理を学んでいると、仕事に役立つ知識を早くから身につけられるという利点もあります。

システムエンジニアの学校・学費

大学や専門学校で学ぶ人が多い

システムエンジニアとして必要な知識・技術の基礎を学べる学校として、まずIT系の専門学校が挙げられます。

専門学校の修業期間は多くが2年となっており、就職を意識し、プログラミング技術など実践的な授業が多く行われることが特徴です。

大学の情報系学部に進学する人もおり、そちらでは専門学校よりもアカデミックに、理論にも重点を置いた教育が行われます。

企業によっては学歴は問われませんが、大手企業へシステムエンジニアとしての就職を目指す場合には、大卒の学歴を持っているほうが有利になることがあります。

システムエンジニアの資格・試験の難易度

スキルを証明するために資格取得を目指す人も多い

システムエンジニアとして働くうえで資格は絶対に必要なものではありませんが、IT関連の資格を取得すれば、IT技術者としてのスキルを証明することができます。

システムエンジニアとして最初に取得する人が多いのが「基本情報技術者」で、こちらは就職後に取得を命じられることがあります。

その上位資格として「応用情報技術者」を取得する人も多くいます。

このほか、プロジェクト管理やテクニカル関連の資格など、多種多様なIT系の資格があります。

システムエンジニアの給料・年収

専門性の高さから比較的よい給料が望める

システムエンジニアはITエンジニアのなかでは専門性の高い仕事とされているため、給与水準は一般職よりもやや高めに設定されていることが多いようです。

平均月収は40万円前後とされますが、勤続年数や年齢で昇給していくだけではなく、なかには完全な実力主義で、若くても実力が認められたり成果を挙げたりすれば大きく給料が上がるようなしくみの会社もあります。

全体的に安定した収入が望める仕事ですが、納期が近くなると残業時間が増えることもあるため、残業代によって収入が上がっているケースもあるようです。

システムエンジニアのやりがい、楽しさ

専門知識や技術を駆使したものづくりができること

システムエンジニアにとって最もうれしい瞬間は、クライアントの要望を満たすソフトウェアやシステムを設計し、チームをうまく動かしながら、クライアントに喜んでもらえるものを作り上げたときです。

システムエンジニアは、現場の最前線に立って「ものづくり」の醍醐味を味わうことができる仕事といえます。

また、システムエンジニアは専門職であるため、技術がある人の収入は高めです。

自分の技術力によって収入を上げられる点も、システムエンジニアのやりがいのひとつでしょう。

システムエンジニアのつらいこと、大変なこと

開発チーム全体に気を配らなくてはならないこと

開発チームの人数は案件ごとに異なりますが、数人から、多いときは10人以上になる場合もあります。

チームでひとつの「もの」を制作する場合、人間関係や、個々の能力などが問題になりますし、チーム内のコミュニケーションが重要になります。

チームのマネージャーであり、責任者でもあるシステムエンジニアは、仕事を円滑に行うためにメンバーに対する細かい配慮が必要になります。

周囲につねに気を配らなくてはならないことは、システムエンジニアの仕事の大変な一面です。

システムエンジニアに向いている人・適性

IT技術だけではなく、人と接することが好きな人

IT技術者であるシステムエンジニアは、もちろんITについて深く興味を持っているのに越したことはありません。

一方、システムエンジニアはクライアントや開発メンバーなど多くの人と積極的にコミュニケーションをとりながら、プロジェクトを管理していきます。

そのため、ただの技術オタクなだけではなく、人と関わるのが好きで、他人に考えを理解してもらうための手間を惜しまないようなタイプの人が、システムエンジニアとしての適性があるといえます。

システムエンジニア志望動機・目指すきっかけ

上流工程に携わりたいという思い

システムエンジニアを目指す人は、もともとIT技術に興味があることはもちろんですが、とくに「上流工程」といわれる、顧客の要求を満たすシステムの仕様を考えたり設計をしたりする仕事に携わりたいという思いを持っている人が多いです。

まずは実際の開発に携わるプログラマーとして経験を積んでいくなかで、次のキャリアパスとして目指すケースがよく見られます。

いち技術者として技術を突き詰めること以上に、プロジェクトの全体を見てチームメンバーをまとめていくような、より管理者志向が強い人がシステムエンジニアになることが多くなっています。

システムエンジニアの雇用形態・働き方

正社員、特定派遣、フリーランスなどがある

システムエンジニアの働き方はさまざまなものがあります。

代表的なのは、正社員としてシステム開発会社などに勤務し、自社内の開発案件などに携わるケースです。

一方、IT業界ならではの「特定派遣」という形で働く人も比較的多く、この場合には社員として派遣元の企業に雇用されたうえで、雇用先から提示された企業に派遣されて働きます。

このほか、経験を積むとフリーランスになり、さまざまな企業と業務委託契約を結んで個人で案件に携わっていくシステムエンジニアもいます。

システムエンジニアの勤務時間・休日・生活

プロジェクトの進行具合によっては残業が増えることも

会社員として働くシステムエンジニアの勤務時間は、各企業の就業時間に準じます。

働く時間帯は他職種の日勤の社員とあまり変わりませんが、ソフトウェアやシステム開発などを行っている企業の一部では「フレックス制」を導入しており、個人の仕事の状況に合わせてより柔軟に働くことができます。

ネットワークシステムに関わる場合などは他の社員と交代制で勤務し、夜勤も入る場合があります。

IT業界の開発の仕事では必ず納期があるため、業務がスケジュール通りに進まなかったり納期ギリギリになった場合などは、残業時間が大きく増えることがあります。

システムエンジニアの求人・就職状況・需要

人材不足により、熱意ある若い人材が求められている

IT業界は人材不足が続いており、システムエンジニアについてもまだまだ不足している状態です。

そのため募集が多く、就職や転職はしやすい状態です。

意欲に富み、柔軟な発想力やフットワークの軽さが期待できる若い人材が歓迎されやすい業界であるため、新卒者や未経験者でも熱意があればまっさらな状態からシステムエンジニアを目指していくことができます。

企業によっては理系や情報関連の大学の学部出身者を求めますが、文系出身者やまったくITの専門知識がない人でも積極的に採用している企業もあります。

システムエンジニアの転職状況・未経験採用

IT業界でのスキルや経験のある人材は歓迎される

システムエンジニアの需要は大きく、転職希望者向けの求人も多く出ていますが、より高度なスキルレベルを持った人材を求める企業が増えているといわれています。

IT業界での豊富な経験、とくに技術者としてキャリアを積んできた人は優先的に採用されやすいでしょう。

まったく別の業界や職業からシステムエンジニアへ転身することも可能ですが、未経験からの転職では年齢は若いほうが有利になり、30代を超えるとやや難しくなる可能性が出てきます。

システムエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

経験豊富なシステムエンジニアの需要は大きい

いまや、身の回りのあらゆるものがシステムやソフトウェアによって動かされているといっても過言ではなく、高い専門知識やスキルを有したシステムエンジニアの需要もますます高まっています。

実際、経験豊富なシステムエンジニアの採用募集を行う企業は多く、この先も安定した需要が続くものと予想されます。

ただし勤務先の選択肢が幅広いため、早いうちから自身のキャリアについてよく考え、どのようなシステムエンジニアになりたいのか、しっかりとしたビジョンを持っておく必要があるといえるでしょう。