ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーには、とくに資格などがなくてもなることができます。

ゲーム業界は慢性的な人材不足であり、中でも需要が盛んなゲームプログラマーは、資格や学歴よりも現場での実力が重視される職業です。

そのため、未経験であっても新卒でゲームプログラマーになることは十分可能です。

とはいえ、プログラミングスキルが不可欠な業種ですから、専門学校や大学の情報学部などで、プログラミングの基礎知識を習得しておくほうが就職に有利なのは間違いありません。

就職先としては、ゲームメーカーやゲーム開発会社が考えられます。名の知れた大手コンシューマーゲーム企業は競争率が高く狭き門となっていますので、有名大学を出て学歴で勝負するか、あるいは抜きん出たプログラミングスキルを身につけておくべきでしょう。

ゲームプログラマーになるまでのルート

ゲームプログラマーの資格・難易度

基本技術者の資格が一般的

ゲームプログラマーになるために、資格はとくに必要ありません。あくまでもプログラミングの腕が評価される世界ですので、資格にこだわるよりも実践的なプログラミング技術を磨くほうが良いでしょう。

ただし、「基本情報技術者」の資格を保有しておくと、書類選考でも基礎的なスキルを備えていることが伝わりやすく、採用において有利になる可能性があります。

基本情報技術者の試験は、毎年、春と秋の年2回実施されます。1回に5~6万人が受験し、合格率は20~30%ほどです。

難易度はやや高いように見えますが、情報系の学習が未経験の方でも独学で合格することが可能ですから、在学中に取得してしまうのが望ましいでしょう。

意外と評価されるTOEIC

意外かもしれませんが、ゲーム業界では英語力が評価されることもあります。例えばTOEICのハイスコアなどは、大企業を中心に、好意的に受けとめられることが少なくありません。

英語が評価される背景としては、ゲーム制作に必要なOSやミドルウェアの仕様書など、最新の技術情報が英語で記載されることが多いため、というものがあります。情報源が英語の場合に、語学力がある人材のほうがより早く正確に対応できるためです。

また、近年のゲームは国内だけでなく世界をターゲットにしたものも多く、さらに開発メンバーが海外にいるようなケースもあります。必然的に海外とのコミュニケーションが増えるため、英語力が重宝されるというわけです。

ゲームプログラマーになるために必須の資格というものではありませんが、あれば就職の際に有利になるといえます。

ゲームプログラマーを目指す人におすすめの資格

ゲームプログラマーになるための学校の種類

大学の情報学部でプログラミングの基礎を学ぶ

ゲームプログラマーを目指す人の多くは、大学の情報系学部や、ゲーム向けのプログラミングが学べる専門学校に進学しています。

大学では、情報技術に関するアカデミックな知識を中心に学ぶことができ、大卒の学歴も取得することができます。大企業などを中心に、学歴が採用において重要な要素となっている企業もありますので、大卒の資格を得ることはメリットにもなります。

専門学校なら実践的なスキルが学べる

専門学校は、より実践的なプログラミング技術が習得できるため、ゲーム開発現場の即戦力として通用する腕を磨くことが可能です。

このように、大学・専門学校それぞれにメリットがあるので、ご自身がどんな就職先や働き方を目指すのかをふまえて進学先を検討してみるのが良いでしょう。

学費でいえば、年間あたりの費用は専門学校のほうが高くなりがちですが、卒業までの年数が短いぶん、大学よりも安く抑えられることが多いようです。

ゲームプログラマーになるにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

ゲームプログラマーに向いている人

ゲームが好き

ゲームプログラマーは、ゲームを作る仕事です。ですから自分自身がゲームを好きであることがこの仕事の大前提といえます。

ゲームが好きでない人では、ユーザーを熱狂させることのできるゲームを作ることは難しいでしょう。裏を返せば、「ゲームが好きで好きでたまらない!」という人であれば、その思いを開発中のゲームにも込めることができ、細部までこだわった作品を作り上げることができるのではないでしょうか。

ものづくりが好き

ゲーム作りは、より大きな視点で見れば「ものづくり」でもあります。そのため、何からのものづくりが好きな人も、ゲームプログラマーに向いているといえます。

対象となる物を組み立て、試行錯誤をくり返し、やっと完成して動作するのを見て感激する、といったタイプの人は、ゲーム作りの仕事にも大きな喜びを見出すことができるはずです。

その喜びが強力なモチベーションとなって、毎日のハードな仕事を続ける原動力となるでしょう。

心身がタフな人

ゲームプログラマーの仕事は、タフな体力・精神力が求められる厳しい仕事といわれています。

例えば納期直前には、夜も家に帰れないほど残業が続くこともあります。無事リリースした後でも、バグや障害の対応などで、睡眠不足の日々に悩まされることもあるでしょう。

そんな厳しい環境では、自然とピリピリしたムードになりますから、精神的にも落ちつかない職場になる可能性があります。

こうした激務に耐えられる体力と気力を持ち合わせていることが、ゲームプログラマーにとってもっとも重要な要件といえるかもしれません。

黙々と作業することが好きな人

職場によってはゲームプランナーのように企画や仕様書作りにたずさわったり、マネジメントの仕事を任されることもあるかもしれませんが、基本的にゲームプログラマーの仕事はプログラミングです。

そのため、周囲とのコミュニケーションや会議などよりも、一人で集中してコードを書く時間のほうが多くなります。

よって、ひとり黙々と作業をするのが好き・苦痛でないという人は、適性があると考えて良いでしょう。

勉強が好きな人

ゲーム業界は、技術の進歩が激しい世界です。プログラミングの開発言語はもちろん、近年であればVR/AR、AI(人工知能)、またスマホアプリなどに関する最新情報への理解も必要となるでしょう。

そうした情報にキャッチアップしておくことは、ゲームプログラマーとしての市場価値を高めることにも繋がります。

ゲームプログラマーは、常に新しい情報やテクノロジーに対する学習を求められる仕事といえます。

ゲームプログラマーに向いている人・適性・必要なスキル

ゲームプログラマーのキャリアプラン・キャリアパス

新卒でゲーム会社に入るのが一般的

ゲームプログラマーとしての一般的なキャリアは、新卒としてゲームメーカーやゲーム制作会社に入社するところからスタートします。

はじめは上司や先輩のサポートを受けながら、徐々にゲームプログラミングの現場業務をこなしていくことになるでしょう。

大学や専門学校で学んだ基礎的なプログラミング技術が、実際の開発現場での仕事を通じて、より実践的なものに磨かれていくことが実感できるはずです。

やがて、上司から逐一ヘルプを受けることもなくなり、他の先輩たちと同じように担当を任されるようになります。そうなれば、ゲームプログラマーとして一人前になったと考えてよいでしょう。

新しい技術と情報へのキャッチアップが不可欠

晴れて一人前になってからも、ゲームプログラマーとして腕を磨き続ける努力は必要です。ゲーム業界は日進月歩で技術が進化する世界ですから、既存のスキルや知識にばかりとらわれていてはすぐに陳腐化してしまいます。

そのため、最新のゲームプログラミング技術や、世界的な業界の潮流など、常に勉強しておくことが大切になります。

現実には、毎日が多忙なゲームプログラマーですから、そうした学習を継続できている人は多くないかもしれません。逆にいえば、コツコツと勉強を続けることで、周囲より頭ひとつ抜きん出た存在になることもできるはずです。

キャリアアップの選択肢は多彩

ゲームプログラマーとして経験を積んでいくと、現場のプログラマーをまとめるリーダーを任されることもあるでしょう。

さらにその先には、プロジェクト全体の開発を担う開発責任者という大役が待っているかもしれません。このポジションになると、現場でのプログラミングと同等かそれ以上に、メンバーのマネジメント、プロジェクトの進行管理、ゲームプランナーやデザイナーなど他領域とのコミュニケーションに時間を割くことになるでしょう。

一人あたりの裁量が大きい中小規模のゲーム会社や、ベンチャー精神が豊かな企業の場合には、上流工程の企画・仕様書作りまでこなせる、プランナー寄りのゲームプログラマーというキャリアを目指すこともできます。

また、海外では日本よりもプログラマーの専門性が高く評価されますから、英語力を磨いて、海外のゲーム企業に転職する選択肢もアリでしょう。そうすれば、より高い報酬を実現することができるかもしれません。

ゲームプログラマーを目指せる年齢は?

資格が必須でないのと同じように、ゲームプログラマーになるのに年齢はあまり関係がありません。

何よりも現場で通用するプログラミングスキルが重視される仕事ですから、プログラミングさえできれば、30代や40代から挑戦することも可能です。

ただ、残業も多いハードな仕事ですので、気力と体力を備えていることが大前提です。その点で、若い世代に比べて体力的に劣る40代や50代は、就職時に不利になるケースもあるかもしれません。

最新のゲームや技術のトレンドを把握するために、新しいものをどんどん吸収できる好奇心と行動力も必要となります。

3〜40代からゲームプログラマーを目指すのであれば、これらの要素を備え、かつプログラミング技術を磨いておくことが重要となるでしょう。

ゲームプログラマーは高卒から目指せる?

高卒からゲームプログラマーを目指すことももちろん可能です。言ってしまえばプログラミングスキルが何より重要ですから、独学でスキルを獲得していて、それを証明できるなら、チャンスは十分にあります。

とはいえ採用する企業としては、高卒よりも大卒や専門学校卒の学生のほうが、より深い知識と技術、マナーなどを身につけている可能性が高いと考えるでしょう。

限られた採用枠を大卒や専門学校卒のライバルたちと競うことになるので、「それでもこの人を採用したい!」と企業に思わせる人材になる必要があります。

具体的には、大学や専門学校で教わるよりも実践的で現場で即戦力として通用するプログラミング技術や、これまでに手がけた具体的な制作物のポートフォリオ、高卒で会社に飛び込む熱意と行動力などが武器となるでしょう。

ゲームプログラマーは女性でもなれる?

ゲームプログラマーは、女性でもなることはできます。大事なのはプログラミングの技術ですから、腕があれば性別は関係ありません。

ただし、ゲーム業界に限らず、日本の企業社会はまだまだ男性優位の構造であるのも事実です。中でも体力的にハードな働き方が強いられる業界というのは、どうしても男性が中心になりがちです。

その観点で見ると、一般的に激務といわれるゲーム業界も、まだ男性プログラマーのほうが多いのは間違いありません。

しかし、先ほども触れたように、ゲームプログラマーの仕事はプログラミングですから、スキル次第で女性が活躍することも難しくはないでしょう。

結婚や出産も女性にとってキャリア上大きなイベントですが、プログラミングは在宅やリモートワークでもできますから、会社と相談して柔軟な働き方を実現することも十分に可能といえます。

女性のゲームプログラマーのキャリアパス・結婚後の生活

スキルさえあればプログラマーになれる

大手企業に入るためには、学歴を求められるケースもありますが、基本的にはスキルさえあればプログラマーになることができます。

偏差値の高い大学へ行くのが難しい人は、専門学校で大学よりも実践的な経験を身につけると良いでしょう。

ヒューマンアカデミーでは、在学期間中に10本のゲーム製作をします。

単純に座学で勉強するだけでなく、実践をするので職場で即戦力になることも可能です。

実践的なスキルを身につけたい人におすすめです。

ヒューマンアカデミーについて詳しく知りたい人は、無料資料請求して情報を手に入れてください。

完全無料なので、少しでも興味があれば気軽に申し込みましょう。