このサイトはアフィリエイターを目指す人のための情報サイトです。

アフィリエイターの仕事内容

アフィリエイターとは、所有するウェブサイトから広告収入を得る職業です。

ウェブ広告代理店、または企業から依頼を受けて広告を掲載し、ウェブサイトの訪問者が広告をクリックしたり、広告の商品を購入したりするごとに報酬を得ます。

アフィリエイターのウェブサイトの内容はさまざまです。

クレジットカード、ダイエットプログラム、自己啓発教材など、広告対象となる商品は多岐に渡ります。

それぞれのアフィリエイターが、商品についてのウェブサイトを作成し、それを更新・管理することを仕事としています。

アフィリエイターにとって、サイトへの訪問者数の増減、訪問者のウェブサイトでの滞在時間、訪問者の属性などのデータ分析は非常に重要です。

そのためアフィリエイターはウェブサイトコンテンツの作成・更新だけでなく、データ分析にも長い時間を割く傾向があります。

アフィリエイターになるには・必要な資格は?

アフィリエイターになるために必要な学歴や知識はありません。

強いて言うなら大学や専門学校でITエンジニアやウェブデザイン、ウェブマネジメントなどを専攻すれば、ウェブサイト制作をスムースに進めることはできるでしょう。

しかし現在ではWordpressを初めとして、無料・有料さまざまなウェブサイト作成ツールがあるため、ウェブサイト作成のための専門的な知識がなくても、アフィリエイターになることはできます。

アフィリエイターになるには、まずターゲット商品を絞り、それに応じたWebサイトを作成することが必要です。

そのうえで、バリューコマースやA8ネットといった、アフィリエイト広告を仲介しているサイトに登録し、アフィリエイト広告を選び、広告提供企業に申請をします。

審査でOKが出たらなば、その広告を自身のサイトに掲載します。そして、その広告経由で商品が売れたりすると収益を得ることができます。

クライアントに特別な能力を証明する必要はないため、必須の資格はありません。

アフィリエイターに向いている人

アフィリエイターは広告収入を上げやすい商品を発掘するために、常にトレンド商品や旬の話題にアンテナを張っています。

そのため、アフィリエイターには好奇心旺盛な人が向いているでしょう。

また、とくにアフィリエイターとしてビジネスを始めたばかりの頃は、安定した収入を得るのは難しいことがあります。

不安定な状況の中でも、目先のことに一喜一憂せず、大きなビジョンを持って粛々と仕事をすることが求められます。

自宅でインターネットを使用し、ひとりだけで作業をする時間が長いため、コツコツとひとりで働くことを苦にしない人に向いている職業といえます。

商品に対して実際にどう思うかよりも、アフィリエイターとしては商品を魅力的に宣伝することが重要です。

本当にいいと思ったものしか褒められないとか、周囲に勧められないという人は、収益を上げていくことが難しいでしょう。

アフィリエイターの就職状況・雇用形態

アフィリエイターはフリーランスとして、企業から広告代理の業務委託を受注します。

フリーランスという雇用形態のため、アフィリエイトプログラムを受注できたその日から「アフィリエイター」と名乗ることができます。

このように、誰でもアフィリエイターになることはできますが、アフィリエイトのみで生活に十分な収入を得ることは難しいため、本業の仕事をしながら副業としてアフィリエイターをする人も多くいます。

副業アフィリエイターになる場合は、本業の仕事の合間に仕事をすることになりますので、スケジュールや体力の管理に気を配る必要があるでしょう。

利益率の高いアフィリエイトプログラムや商品を受注するには、クライアントに経験と実績を示せるようにならなければいけません。

アフィリエイターの給料・年収・待遇

アフィリエイターの収入は、クリック数や売り上げに準じた歩合給がほとんどですので、副業として月に数千円くらいの人から、本業として月に数百万円を稼ぐ人まで、本当にさまざまです。

本格的なアフィリエイターとして活動している人は、企業と長期契約を結んだり、いくつも異なったコンテンツのアフィリエイトウェブサイトを運営し、アフィリエイターとしての収入だけで生活しています。

アフィリエイターは完全にフリーランスとしての活動になるため、各種社会保険に関しては自己管理となりますし、今月の収入が翌月も続くとは限らない不安定な生活となります。

アフィリエイターの生活・勤務時間・休日

アフィリエイターを本業にしている人の場合、勤務時間と生活スタイルは自由に決めることができます。好きな時間、好きな場所で仕事をすることができますし、休日も自分の采配です。

基本的にパソコンとインターネットがあればできる仕事のため、アフィリエイターには、海外で暮らしている人もたくさんいます。

ウェブサイトからの広告収入が一度軌道に乗れば働く必要がないと思われがちなアフィリエイターですが、訪問者数を常に一定に保つこと、リピーターを増やすこと、新しいトレンドや話題商品を開拓するために、やらなければならないことは日常的にあります。

これを怠ると、ウェブサイトはすぐに古い情報として飽きられてしまう可能性があります。

アフィリエイターの現状と将来性

現在アフィリエイターが乱立し、まさに戦国時代の様相を呈しています。

また、消費者がソーシャルメディアなど、さまざまなソースから情報を仕入れるようになり、アフィリエイト広告を出しているウェブサイトの情報の相対的価値は低下しています。

アフィリエイトビジネスにとっては厳しい時勢ですが、一方でeコマースは洗練され、インターネット上で買い物をする消費者は増え続けています。

マーケットは大きく、アフィリエイターとして活躍できる余地はまだまだあります。

現在の「広告主の商品に特化した広告サイト」というビジネスモデルから、商品とのタイアップ企画やイベントなど、商品と一歩進んだ関わり方を考えて行く姿勢が必要になっていくかもしれません。