このサイトはアプリケーションエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「アプリケーションエンジニア」

仕事内容
アプリケーションエンジニアは、ITエンジニアのなかでも、Web上で利用できる「Webアプリ」、スマートフォンにインストールして使う「スマホアプリ」、企業が使う業務システムなどの「業務系アプリ」といった、さまざまなアプリケーションの設計や開発に携わる技術者のことをいいます。システム開発の上流工程から下流工程の一連の流れに携わっており、クライアントから依頼を受けて開発業務に携わるケースもあれば、自社で企画したサービスの開発に携わるケースもあります。
なるには
アプリケーションエンジニアは、なるために絶対に必要な資格があるわけではありません。現場で活躍している人の学歴もさまざまですが、アプリケーションエンジニアはシステム開発プロジェクトの責任者を務めることも多く、たいていの人はITやWeb系の企業でプログラマーとして開発経験を積み、そこからステップアップしていく形となります。この仕事では、ITエンジニアとしてのプログラミングスキルはもちろん、ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワークなど幅広いITの専門知識が必要となります。
給料
アプリケーションエンジニアの平均的な年収は450万円前後と推定され、プログラマーよりも高水準であるといわれますが、個々の経験や実績、能力によってだいぶ差が出てくるでしょう。資格を取得することによって評価される機会が増え、基本給とは別で資格手当が付く会社もあります。さらにプロジェクトマネジメントにまで関われるようになると、年収は100万円近く上がる人も多いようです。スキルが給料で還元されやすい仕事であるため、レベルアップに努めることで、さらによい収入を得ることが可能です。
将来性
システムの設計から構築、テスト、運用などまで幅広く携わるアプリケーションエンジニアは、インフラエンジニアに比べ、大きなマーケットで勝負できることがメリットといえます。IT技術の進歩とともに新しいアプリのニーズも続々と出てくるため、今後もアプリケーションエンジニアの仕事量が大きく減ることは考えにくいといえます。ただし、スキルの高い人のところに難易度の高い仕事は集まってくるため、最前線で活躍し続けたいのであれば、たゆまぬ努力が必要不可欠といえるでしょう。