プログラマーのやりがい・楽しさ・魅力

プログラマーのやりがい・楽しさ

最先端のものを作る

現代においてITはありとあらゆる分野で活用されており、そのなかには最先端の分野も含まれます。

プログラマーのなかには最先端の分野で、新しいシステムや世の中に役立つソフトウェアの開発に携わる方もいます。

たとえば、宇宙開発はITの最先端技術がたっぷりと含まれている分野の一つです。

また一般的なプログラマーでも最先端の家電製品や自動車で使われるシステムなど、最新鋭の機能を開発する場合もあります。

これらは仕事を通して「新しいものを作る」などの喜びを味わえるため、大きなやりがいにつながります。

このようにプログラマーはIT技術を突き詰めたい人たちがものづくりを究めるわけですから、やりがいにあふれた仕事であることが特徴です。

ものが動いたときの達成感

あなたが関わったシステムが業務の要となっていたり、業務改善に役立ったりしている場合は、大きなやりがいが得られます。

また開発中においても、あなたが作成したプログラムが実際に動くシーンを見れば、心が動くことでしょう。

一例として、ある大型ロボットを作動させるためのシステム開発を取り上げます。

作ったプログラムはテストの工程の途中で、実際に大型ロボットを動かす工程を通ります。

もしあなたがロボットの動く光景を目にしたならば、「自分のシステムがものを動かしている」という大きな達成感を得られます。

上記にあげる達成感はロボットに限らず、アプリケーションの場合やWeb開発の場合も同じです。

実際、このような達成感を得るためにプログラマーをしているという人も多いようです。

美しくメンテナンスしやすいプログラミングをする

プログラマーは、いかにして効率よく、そしてメンテナンスしやすいプログラムを作るかということを常日頃から考えています。

それは多くの言語では同じ機能を実現する書き方が複数あるため、読みにくくパフォーマンスも悪いプログラムもでき得るためです。

一方で読みやすいコードはメンテナンスしやすくバグも起きにくいため、周りのメンバーから高く評価されることはメリットの1つにあげられます。

またプログラマーのやりがいは、新規にプログラムを書くことにとどまりません。

他人が書いたプログラムを修正する業務も少なからずあります。

もしあなたが元のプログラムを読みやすく改良できた場合や、処理速度が改善できた際には、大きなやりがいを感じることでしょう。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの魅力

ものづくりに携わることができる

プログラマーは世の中に役立つものを作る職種ですから、やりがいを感じやすい仕事だといえるでしょう。

たとえば今では当たり前のように利用しているスマートフォンも、プログラマーがプログラミングをしたからこそ扱えるアイテムです。

そのほか、テレビ、パソコン、自動車…プログラムで動くものを挙げればきりがありません。

電化製品を動かすプログラミングをした方ならば、製品が家電量販店などに並ぶ姿を見るとうれしいものです。

このようなやりがいを感じられる点は、プログラマーの魅力の1つです。

社会に貢献できる

「人のために何かをする」という行動は、心を幸せにします。

プログラマーは人助けに関わる職業でもあることは、見逃せない魅力です。

たとえば医療現場に目を向けると、必ずと言っていいほどプログラムで動く機器が存在します。

一例として人工心肺装置、内視鏡などの手術に役立つものや、脳波で動かすことができる義手などがあげられます。

このような医療現場、あるいは近年ますますニーズが高まる介護関連を始めとして、社会に貢献できる仕事に携われることも魅力にあげられます。

最先端技術を扱った開発に携われる

ITの世界には、まだまだ未開拓の分野が多くあります。

「最先端のものを作る」で説明した通り、最先端技術の研究開発にも関われることはプログラマーが持つ特権の1つです。

一例として、以下の分野があげられます。

・ロボット
・宇宙開発
・深海の研究
・人体に関わる製品の開発
・AI
・ウェアラブルデバイス

このように最先端技術といってもさまざまな分野があるため、自分の興味関心のある分野で活躍することが可能です。

また未来社会を築いていく一翼を担う存在としてプログラマーには大きな期待が集まっていることも、この仕事の魅力といえるでしょう。

スキルさえあれば何処でもやっていける

よく「プログラマーの定年は35歳」といわれますが、実際は35歳以上になってもバリバリ現役でプログラミングしている技術者はとても多くいます。

スキルが高いプログラマーは、年齢に関係なく仕事がたくさんあり、自分で仕事を選ぶ立場になることもできることは魅力の1つです。

またプログラマーはコーディングが主な仕事ですから、深いレベルでの業務知識は求められない場合が多く、さまざまな業種のシステムにおいて開発に携われることも魅力です。

いずれにしてもプログラマーとして仕事を続けるならば、各自の努力は欠かせません。

一方で、スキルがあればフリーになることも難しくありません。

このように、プログラマーは努力しだいでいくらでも活躍できる職業といえます。