Webデザイナーのやりがい・楽しさ・魅力

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

Webデザイナーのやりがい・楽しさ

自分の作品が世の中に出て、人々に見てもらえる

Webデザイナーとしてのやりがいのひとつは、自分が手掛けた制作物が世の中に出ていくことです。

さまざまな形で発表された制作物は多くの人の目に触れ、その評価を受けます。

もちろん、アートや芸術とは違って商業制作ですから、ただ自分の好きなように作品を作ることはできません。

クライアントの目的達成のための手段や表現をよく考え、プロとして質の高い提案・表現を行うことがWebデザイナーの使命であり、腕の見せどころです。

自分のデザインでクライアントが満足し、「デザインをお願いしてよかった!」と喜んでくれたときに、大きなやりがいを感じられます。

さまざまな業界・企業を知ることができる

いまや、ホームページなどのWebサイトはほとんどの企業にとって必要不可欠なものとなっています。

また、企業の紹介だけでなく、イベントや商品のPRなどを目的とした、さまざまなWebサイトが連日リリースされています。

こうした制作に最前線で携わるWebデザイナーは、仕事を通じて、多種多様な業界・業種の企業や商品・サービスについて知ることができます。

好奇心があり、業界や業種にとらわれず多くのことを知りたい人であれば、Webデザイナーは飽きずに続けられるでしょう。

なお、Web制作会社は、メイン顧客になる業界・業種層が決まっていることも多いです。

アパレルを得意とするWeb制作会社もあれば、医療系を得意とするWeb制作会社もあるということです。

そのため、ある程度の経験を積むと、自分が好きな業界のWebデザインの仕事にたくさん携わるために、転職をする人も少なくありません。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの魅力

視野が広い人間になれる

Webデザイナーの仕事では、豊かな感性や人間性が必要です。

職人らしいこだわり・技術も求められますが、それ以上に大切なのは、自分のスキルで多様なクライアントの要望に応えることです。

そのためには、自分自身の人間的な成長が欠かせません。

多くの人に触れたり、知らないものを学んだりして、多様な価値観を理解できるように成長していくことが大切です。

自分が成長するほど視野が広がり、デザインの幅も広がり、顧客やその他の制作スタッフとの連携も円滑になります。

また、広い視野からWeb制作を見ることができる人は、「Webプロデューサー」や「Webディレクター」といった企画や管理の道も開けるでしょう。

実力があれば仕事に困らない

どのような業界・業種でもWebサイトの作成や運用は欠かせないため、Webデザイナーの求人は常にあります。

実力のある人なら、Web制作会社や広告会社、事業会社など、自分の好きな会社を選ぶこともそれほど難しくありません。

また、技術のある人は独立してフリーランスとして活躍することも可能です。

リモートワークや短時間勤務など、さまざまな働き方がしやすく、家庭やプライベートとの両立を実現させやすいこともWebデザイナーの魅力です。

実力と実績を備えるためにはそれだけの経験を積む必要がありますが、需要が大きいこともWebデザイナーの大きな強みだといえるでしょう。