ゲームプログラマーの就職状況・就職先選びのポイント

ゲームプログラマーの就職先にはどんなところがある?

ゲームプログラマーの代表的な就職先としては、ゲームメーカーやゲーム制作会社(事務所・プロダクション)があります。

ゲームメーカーには大手といわれる企業もありますが、有名なタイトルを数多く手掛けているようなところは人気があり、競争率も高くなりがちです。

なお、ゲーム業界には中小規模のゲーム制作会社も数多くあります。

そのなかには、大手企業のパートナーとして受託開発のみを行っている企業もあれば、自社ブランドのゲームを企画・制作する企業、また特定分野(格闘技など)のゲーム制作に特化した企業などもあります。

また、最近ではスマートフォンアプリを開発するベンチャー系の企業も増えています。

どのような作品の開発をするのかによって、ゲームプログラマーの働き方や仕事の流れなども変わってきますので、就職を考える時期には企業研究をしっかりとしておきたいものです。

ゲームプログラマーの求人の状況

ゲームプログラマーの需要は、おおいにあります。

ゲーム業界のなかでも、プログラマー不足になっている企業は少なくないため、もっと人手が欲しいと思っている企業が多いのが現状です。

ですが、必ずしも良い待遇で採用されるとは限りません。

実際のところは人件費の関係でなかなか難しいというのが実情であり、とくに小規模な組織では最低限の人数で仕事を回していることも珍しくありません。

ただ、それでも需要は多いほうなので、不景気やゲーム業界衰退と叫ばれる中でも、ゲームプログラマーの求人は比較的安定しています。

少しでも良い雇用条件の下に働きたいのであれば、福利厚生などが充実している大手企業や、業績が堅調に推移している企業を選ぶほうがよいでしょう。

ゲームプログラマーの就職先の選び方

ゲームプログラマーとして就職先を選ぶときには、まず自分がどのような種類のゲーム開発に携わりたいのかを考えてみるとよいでしょう。

たとえば子どものころから大好きなタイトルがあり、それを企画・開発した企業で働きたいという思いから、志望先を決める人もいます。

中小のゲーム制作会社であっても、個性的でユニークな作品の企画・開発を続け、ファンに愛されているところもあります。

あえてそうした企業をねらってみるのもよいでしょう。

また、最近ではスマートフォンアプリのゲーム開発を事業として手掛ける企業も増えてきています。

スマートフォンアプリ分野は、すでに長年の歴史を持つ家庭用ゲーム機の分野とは違い、新しい市場として勢いよく伸びています。

そこでのゲームプログラマーに期待される役割は大きく、可能性もまだまだ十分にあるといえます。

ゲームプログラマーの志望動機・面接

ゲーム業界に足を踏み入れようと思った人のほとんどが、「好きなゲーム」への思いを持っています。

なかには、ゲームにまったく興味がないけどゲームプログラマーになりたいというまれなケースも事実としてありますが、ほとんどが「ゲームが好きで、自分でも作ってみたい!」とやる気に満ち溢れている人ばかりです。

ゲーム好きであることは大切ですが、志望動機を考える際には、好きなゲームについて何に感動し、その感動がどのようにゲームプログラマーへの道を選ぶことにつながったのか、どうしてその企業でなければいけないのか、という具体的で熱い気持ちを伝えることが重要になってきます。

ゲームプログラマーの面接で、そこまで難しいことを聞かれることはめったにありません。

ただし、面接では「人ときちんと話すことができるか」「相手の話を聞けているか」など、基礎的なコミュニケーションを大事にしましょう。

ゲームプログラマーは他の開発スタッフと協力して業務を進めます。

いくらプログラミングのスキルが高くても、コミュニケーション能力が低いと判断されると不合格になる可能性があるため、注意しておきたいところです。

就職先はどのように探したらいい?

ゲームプログラマーの求人情報は、一般的な就職活動用のナビサイトや、ゲーム関連企業の自社ホームページなどに掲載されています。

ゲーム業界に特化した求人情報サイトもありますので、そうしたものを使うと、大手ナビサイトでは出てこない求人を見つけることができるかもしれません。

またゲーム系の専門学校に通っている場合には、学校に直接、企業からの求人が届くことがよくあります。

専門学校では就職につながるカリキュラムやサポートにも力を入れていますので、学校を十分に活用するのはおすすめです。