サービスエンジニアのやりがい、魅力

機械をいじる面白さ

サービスエンジニアをめざす人の中には「子どもの頃から機械をいじるのが好き」という人が多いようです。

玩具やラジコン、ロボットや自転車など、設計を理解しなければ修理や改造ができないものをいじるのが大好きだった人にとって、サービスエンジニアは好きなことをそのまま仕事に直結させられる天職といえます。

もちろん、専門性が高い分この仕事に就くためにはたくさんの技術と知識が求められますが、この分野に興味がある人にとっては勉強も苦にならないでしょう。

スペシャリストとしての誇り

サービスエンジニアの仕事で大きなやりがいを感じることができるのは、クライアントが抱える技術的なトラブルを自分の手で解決させることができたときです。

エンジニアによって担当している業務や取り扱う設備、機器は異なりますが、その設計やシステムについて誰よりも詳しいスペシャリストであることに誇りを持っているのは誰もが同じです。

メンテナンスや修復作業を通して、積み重ねてきた技術や知識をフルに活用しながら万全の状態に整えることができたときには、大きな達成感と爽快感を味わうことができます。

誰かを支える仕事

あらゆる業界で技術の進化が進む現代社会において、サービスエンジニアは縁の下の力持ちのような存在となっています。

設備や機器のメンテナンスは決して華やかな仕事というわけではありませんし、クライアントが営業時間を終えてから夜を徹して一人で黙々と作業にあたることもあるため、仕事には地味で地道な側面があることは否めません。

しかし、その作業の全てがクライアントの仕事を支えることに繋がっています。

ときには「すぐに駆けつけてくれて助かりました」とか「修理してくれてありがとうございます」とか「作業お疲れさまでした」と労いの声をかけてもらえることもあり、苦労が報われる瞬間となります。

サービスエンジニアは誰かの役に立ちたいという思いがある人にとって、夢を叶えられる職業といえるでしょう。