このサイトはシステムアナリストを目指す人のための情報サイトです。

システムアナリストとは?

システムアナリストは、IT業界のシステム開発における最上流工程を担当するエンジニアのことをいいます。顧客から、現状の業務上の課題や導入システムに関する要望などをヒアリングし、問題点を洗い出してITによる解決策を提案します。技術的な知識はもちろん、コンサルタントや営業としてのコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルも求められるため、大手SIerやシステム開発会社などでSEとしての経験を豊富に積んだ人がこの職種に就くケースが一般的です。専門性の高い仕事であることから平均年収は600万円以上、人によっては1000万円を超えることもあるようです。誰もが簡単に就ける仕事ではないため需要は大きく、SEやプロジェクトマネージャーがさらなる高みを目指し、この仕事に就くために努力している人も多いようです。

システムアナリストの仕事内容

システムアナリストは、ITのシステム開発における最上流工程を担当するエンジニアです。

顧客の現在の業務内容や導入済みのシステム、現状の課題や要望などを直接ヒアリングし、問題点を洗い出して解決策を提案していく仕事です。

それだけでなく、将来的な事業活動の展望、業界のトレンド、競合他社の状況などを総合的に分析して差別化を図る必要もあるため、受注前から営業と共に客先を訪問し、システム化のメリットや問題点の指摘などのプレゼンテーションを行います。

コンサルタント、エンジニア、営業を統合したような高度な内容の仕事です。

システムアナリストになるには・必要な資格は?

システムアナリストになるために、必ず取得しなければならないという資格はありません。

ただし、非常に高度な技術や知識が要求される職業になるため、最低でもSE経験が10年は必要といわれています。

SEからプロジェクトマネジャーを経て、システムアナリストとなる場合が多いようです。

システムアナリストに関連する資格としては、エンジニアとしての技術力を証明する「情報処理技術者」や「アプリケーションエンジニア」などの各種エンジニア資格、また、管理者としての知識を示す「上級システムアドミニストレータ」や「システムアナリスト」の資格があります。

システムアナリストに向いている人

システムアナリストは、コンサルタントや営業の側面も持つ職業のため、顧客とのコミュニケーションが重要になります。

そのため、コミュニケーション能力は必須であるといえます。

また、顧客を説得するための高いプレゼンテーション能力も必要です。

SEやプロジェクトマネジャーとして顧客とやりとりした経験が豊富にある人はシステムアナリストに向いています。

それに加えて、幅広い豊富な知識も必要です。IT技術に関する深い知識を持っている人、各種業務フローを理解する知識を持っている人が向いているといえるでしょう。

また、業界のトレンドにも敏感である必要があるため、好奇心の旺盛な人に向いている職業といえます。

システムアナリストの就職状況・雇用形態

システムアナリストは最上流工程を担う職業であり、高度な技術力と深い業務知識が必要になることから、需要の多い職業です。

一方で、その難易度の高さから人材が少なく、需要に供給が追い付いていない職業でもあります。

一般的には大手システムインテグレーターやシステム開発企業、またコンサルティング企業などに就職することが多くなっています。

この分野は外資系企業の進出も進んでいるため、外資系に就職するチャンスも多い職業です。

また、相応の経験を積んだ人の場合、技術力を生かしてより自由度の高いフリーランスとして働く場合もあります。

システムアナリストの給料・年収・待遇

システムアナリストの年収は、一般的に600万円~1000万円程度といわれています。開発担当のエンジニアやSEに比べると、平均で100万円程度高めの年収が得られる場合が多いようです。

その分責任も大きい仕事だといえますが、やりがいのある仕事でもあります。

最低10年程度のSE経験が必要といわれることから、30代以上の人が多い職業です。

また、高度な技術職となるため、中には2000万円以上の年収を得ている人もいるといいます。

技術力や業務知識、プレゼンテーション能力などを磨くことで、より高い報酬を得られるチャンスのある職業です。

システムアナリストの生活・勤務時間・休日

システムアナリストは、裁量労働制となっている場合があります。

一般的な企業に勤めて社員として働いている場合、普通のサラリーマンと同様に平日の9時から17時といった勤務体系を取っていることもありますが、プレゼンテーションの準備や調べものなどで、業務時間が深夜に及ぶこともあるようです。

締め切りの間近などは、休日返上で出勤したり、徹夜作業になったりすることもあります。

忙しい時期と余裕のある時期でめりはりのある仕事だといえます。

また、フリーランスで働く場合、休日や昼夜の区別なく働いているという人も多い職業です。

システムアナリストの現状と将来性

企業のシステム化に、コンサルティング業務は欠かせないものです。

システムアナリストの職務は、このコンサルティングを的確に行い、豊富なIT知識で裏打ちされた的確なシステムを提案することにあります。

単なる電子化ではなく、業務の効率化や業界のトレンドを取り入れた電子化が重要になるため、システムアナリストの存在は重要です。

重要でありながら、誰でも簡単になれる職業ではないため、将来的にも安定的に需要のある職業だといえるでしょう。

現在SEやプロジェクトマネジャーとして活躍している人が将来の目標とする価値のある職業です。

知見や経験がある方では、これから活躍の機会が広がっていく可能性があります。