セールスエンジニアへの転職、未経験採用

未経験からでもセールスエンジニアになれる?

セールスエンジニアは、もともと一般的なエンジニアとして経験を積み、その次のキャリアとして就くことが多い職種となっています。

そのため、セールスエンジニアとしてはもちろん、エンジニアとしての経験もまったくない人が、いきなりセールスエンジニアになるのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

一般の営業職であれば、未経験者でも意欲次第で採用されることはよくありますが、セールスエンジニアはその会社が扱う製品の詳しい知識や、技術についての理解が必要不可欠となるため、それらを身につけていないと仕事にならないことが多いのです。

まれに、未経験者を募集する企業もありますが、プログラミングなどの知識があることで転職しやすくなるでしょう。

どんな人がセールスエンジニアになる?

セールスエンジニアは、日本ではまだそこまで馴染みのない仕事ということもあり、キャリアパスについても知られていないところがあるようです。

大半のセールスエンジニアは技術者としてのバックグラウンドがありますが、具体的な専門分野は開発や研究、コンサルタントなど人によってさまざまです。

少なくとも、何らかの形で技術に深く触れてきた人が、次のキャリアパスとしてセールスエンジニアになることがほとんどです。

セールスエンジニアは、ユーザーやクライアントとより近い目線で仕事をすることになるため、いち技術者としての立ち位置に留まらず、幅広い視野を持ってビジネスを創っていく人材が求められています。

営業力も強みになる

セールスエンジニアの仕事では、エンジニアとしての技術力に加え、営業力も必要となります。

そのため技術者としての経験があまりなかったとしても、営業としてのスキルをしっかりと身につけていたり、業界の知識があれば転職に有利になることがあります。

実際には、エンジニアからセールスエンジニアになるよりも、営業からセールスエンジニアになるのは難しいことが多いようですが、本人の努力と意欲次第ではセールスエンジニアとして転職できるチャンスもあります。

新規顧客開拓や既存顧客との関係を強いものにしていくこと、また提案力やプレゼンテーション力といった多様な営業スキルを持っていれば、セールスエンジニアとしての強みのひとつとなります。

企業によっては海外との取引があり、そこでは語学力がある人も高く評価されています。