このサイトは情報システム(社内SE)を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「情報システム(社内SE)」

仕事内容
社内SEの仕事は、自社内で使用する情報システムやネットワーク、アプリケーションなどについて、IT戦略の策定やシステム企画、設計といった上流工程から運用・保守、ユーザサポートといった下流工程までを行うことです。大企業の場合はその工程の中の役割分担が明確になっている傾向がありますが、中小企業の場合は一人で多くの工程を担当することもあります。また、より良いシステムへと改善するために、社員ユーザからの意見を聞き、また関連するベンダーとの間に立って調整する役割を担います。
なるには
社内SEになるには、企業の情報システム部門等で社内システム業務を担当することでなることができます。新卒でなるには、一般的には情報システム系や理系の学部卒が有利ですが、研修制度等が整っている場合は、文系であっても採用される可能性はあります。社内SEの求人数は少ないため、技術スキルだけでなく、人事や経理といったシステムに関連する業務知識をもつこと、また社員ユーザや関連ベンダー、時には経営幹部を説得し、調整しながら仕事を進めることが多いことから、コミュニケーション力を身に着けておくことが必要です。
給料
社内SEの給与は、勤務する会社の給与体系によります。一般的に、社内SEの年収は580万円程度となっており、300~700万円の金額帯が多くなっています。一般的に納期に追われ残業が非常に多いSEと比較すると年収は少ないかもしれませんが、他の職種との比較では悪くはない金額といえるでしょう。また、IT戦略やシステム企画などの上流工程を担える高スキルや外資系企業の社内SEの場合は、年収800万円を超えるケースもあるため、キャリア次第ではより高収入を目指すことも可能です。
将来性
企業業務の効率化や事業の拡大にはIT化は避けては通れません。そのため、近年では大企業から中小企業まで企業規模に関わらず、また製造業から医療、サービス業まであらゆる業種にまでIT化が必要となっています。そういった中、情報セキュリティや内部統制など法令順守への対応が急務であり、経験豊富な社内SEのニーズはますます高まるでしょう。また未経験であっても、簡単な業務から始め、技術力やコミュニケーション力、業務知識を着けることで他業種や同業他社などへ活躍の場を広げることもできるでしょう。