「情報システム(社内SE)」とは

情報システム(社内SE)_画像_2

自社のIT戦略を策定し、情報システムの構築・運用・保守やITに関するサポートをする。

社内SEの仕事には、自社内で使用する情報システムなどについて、IT戦略の策定やシステム企画、設計、運用・保守、ユーザサポートまで幅広い業務が含まれます。

社内SEになるには、企業の情報システム部門などで採用されることが必要です。

一方社内SEの求人数は少なく、人気のある職種のため、技術スキルだけでなく、コミュニケーション力やベンダー調整力、システムに関係する業務知識などを高めておくことが重要です。

社内SEの給与は、一般的に年収は300~700万円程度となっています。

一方、IT戦略やシステム企画といた上流工程を担えるだけの技術やマネジメントスキルをもつ場合は高収入を得ることも可能です。

企業のIT化は、あらゆる規模あらゆる業種で進んでいるため、社内SEが活躍できる場もますます広がるでしょう。

「情報システム(社内SE)」の仕事紹介

情報システム(社内SE)の仕事内容

自社のシステムやネットワークを管理運用する

情報システム部門の役割は、自社で使用する情報システムやネットワークなどの通信インフラ、アプリケーションなどについて、会社の経営方針に基づき、企画・設計することです。

情報システム部門に所属するITエンジニアを「社内SE」と呼び、システム関連の管理運営だけでなく、ITを駆使した経営戦略の立案や、社員のサポートなどにも携わる点が一般的な外部SEとの違いです。

規模の大きな会社では、社員ごとにある程度役割分担がなされていますが、中小企業などではひとりで複数の作業を担当することもあります。

近年では業務効率化を図るためにあらゆる部分でIT化が進んでおり、情報システムの担うべき業務が多様化している傾向にあることから、企業によってはさまざまなITスキルが求められるでしょう。

また、「ベンダー」と呼ばれるIT関連製品の販売会社と交渉を行う機会もあるため、IT知識だけでなく、コミュニケーション能力も重要です。

情報システム(社内SE)の就職先・活躍の場

IT企業だけでなく、多くの企業に活躍の場が

いわゆるシステムエンジニアの多くは、システム開発企業に勤める会社員ですが、情報システム(社内SE)の勤務先はIT企業に限りません。

最近はどの会社もITを活用しており、金融・商社をはじめ、業界に関係なくあらゆる企業に情報システム部門が置かれています。

手がける業務も企業によってかなり差があり、インターネット販売の導入・拡充、電子取引や電子決済システムまわりの整備、社員へのIT教育など、バラエティに富んでいます。

IT関連業務のなかでも、自分にどんな強みがあり、どんな仕事をしたいのかによって、就職先は違ってくるでしょう。

情報システム(社内SE)の1日

業務スケジュールはある程度定まっている

情報システムは、新規のシステム開発よりも、既存システムの運用・監視といった定型業務が多くなります。

一般的なシステムエンジニアは、残業が多い、休みが少ないといったイメージがありますが、社内SEはそれほど多忙となるケースは少ないようです。

9:00 出社
メールチェック、スケジュール確認などを行います。

10:00 社内打ち合わせ
導入予定の経理システムについて、経理部の担当者と協議します。

12:00 休憩

13:00 外部打ち合わせ
開発外注先のベンダーと協議し、設計や仕様などを決定します。

15:00 情報収集
社内で使用中のアプリケーションについて、社員から使いやすさなどのフィードバックを受けます。

18:00 帰社

情報システム(社内SE)になるには

社内SEは人気職種のひとつ

社内SEになるには、情報システム部門を置いている企業の就職試験を受け、採用される必要があります。

社内SEはワークライフバランスの取りやすい職種として非常に人気がある一方、営業職などのように大勢の人数を必要とする職種ではありませんので、採用人数は少なく、倍率は高くなりがちです。

また、「総合職」などの職種を限定しないかたちで入社した場合、他の部署で働いたあとに、社内公募などを経て、情報システム部門に異動できるケースもあります。

情報システム(社内SE)の学校・学費

理系やIT系の専門学校卒業生が中心

社内SEに採用されるのは、情報系をはじめとした大学の理系学部出身者や、IT系の専門学校卒業生などが中心となります。

学費は学校によって異なり、大学は80万円から160万円、専門学校は120万円前後の初年度納入金が必要です。

社内SEには特定の分野に偏らない幅広いIT知識が求められるため、スクールに通う場合は複数の講座を受けることになり、学費はかさみがちです。

独学に自信があるなら、より費用の安いWeb講座で学ぶという選択肢もあります。

情報システム(社内SE)の資格・試験の難易度

ITパスポート・基本情報技術者は必須

社内SEの業務に関連する資格は複数あり、また必要となるスキルも企業によってさまざまですが、最低限「ITパスポート」や「基本情報技術者」といった資格は学生のうちに取得しておくべきです。

これらの資格はITの基礎知識を問う入門編という位置づけであり、難易度はそこまで高くありませんので、専門学校などで体系的に学べば合格は難しくないでしょう。

このほか、「ネットワークスペシャリスト」「システムアナリスト」「システム監査技術者」「情報セキュリティスペシャリスト」といった資格を取得できれば、就職試験の際アピール材料となります。

情報システム(社内SE)の給料・年収

業務の専門性から収入は高め

社内SEの平均年収は550万円前後となっており、一般的なサラリーマンよりも専門スキルがある分、高い収入が期待できるようです。

ただし基本的な給与体系は勤務先によってかなり差があり、外資系企業や金融・製薬・商社などの大手で働く社内SEは高収入となるケースが多い一方、中小企業では平均以下となる可能性もあります。

また、業務スキルによる個人差も大きく、IT戦略・システム企画といった上流工程を担当するようになると、年収800万円を超えることもあるでしょう。

情報システム(社内SE)のやりがい、楽しさ

身につけられるスキルの幅が広い

情報システム部門が手掛ける業務は、IT戦略やシステム企画といった上流工程から、実際のプログラミングや運用、保守管理業務といった実務工程まで、非常に幅広くあります。

社内SEとしてさまざまな経験を積むことで、プログラミングなどの技術スキルだけでなく、プロジェクトマネジメントやコンサルティングなどの経営スキルも身につけることができます。

単なるIT関連業務だけでなく、会社経営にも携わることができる点が社内SEの魅力であり、CIO(最高情報責任者)といった経営幹部クラスに昇進することも可能です。

情報システム(社内SE)のつらいこと、大変なこと

正当に評価されなかったり、便利屋扱いされる

情報システムの業務は、多くの企業で「間接部門」と位置付けられており、会社の業績に直接関わるものではないとみなされることが一般的です。

このため、企業の経営状況によっては予算を減らされたり、あるいは業績に大きく貢献しても、それに見合った正当な評価が得られないこともあるようです。

また、パソコンが起動しない、ネットワークにつながらないといった、あまりITに詳しくない人からの相談に応えるなどの雑用もこなさなければなりません。

ささいな問題に駆り出され、本来の仕事が滞ることで、ストレスを感じる人もいるようです。

情報システム(社内SE)に向いている人・適性

コミュニケーション力・調整力が高い人

社内SEは、一般的なシステムエンジニアとやや異なり、システムをメンテナンスしたりプログラミングするだけでなく、社員からの相談に乗ったり、要望をくみ取ることも大事な仕事です。

コンピュータが好きで、ITに詳しいことも重要ですが、面倒見がよく、コミュニケーション能力に優れている人が社内SEに向いているでしょう。

また、立場や意見の異なるさまざまな部署や、外部のベンダーと連携して業務を進めるため、交渉事が得意で、調整力のある人にも適性があるといえます。

情報システム(社内SE)志望動機・目指すきっかけ

SEからの転身者も多い

社内SEの志望者のなかには、もともとIT開発企業のシステムエンジニアだったという人も多く見受けられます。

一般的なSEは、長時間労働が常態化した激務の環境で働いているケースも多くあり、多少年収が下がっても、もう少し余裕をもって仕事をしたいと考える人は珍しくないようです。

また、システム開発の工程の一部を担当していたけれど、全工程に携わったり、全社的な視点で仕事をしたいといった理由も、転職者によく見られる動機の一つです。

情報システム(社内SE)の雇用形態・働き方

正社員が多い一方で、不当な裁量労働も

社内SEは、会社の重要情報を知り得る立場にあるため、ほとんどが正社員として働いていますが、間接部門であることを理由に、人件費の削減を目的として派遣社員へ切り替える企業も散見されます。

また、残業代を抑制しようと、正社員の社内SEに対し、勤務時間を規定しない「裁量労働制」を取り入れた事例もあります。

不当な長時間労働を強いられないためにも、各企業の雇用形態や雇用条件などは、就職前によく確認しておく必要があるでしょう。

情報システム(社内SE)の勤務時間・休日・生活

良好な職場環境が多く、ほぼ定時で帰れる人も

社内SEの勤務時間は、ほかの職種の社員と同じく、9:00~18:00前後であることが一般的です。

ただし、システムやインフラなどの保守・監視業務を担当する場合は、シフト制になるケースもあり、日によって早朝勤務や深夜勤務などを交代でこなすことになります。

ルーティンワークが多い分、IT企業のシステムエンジニアと比べると残業時間はかなり少なめで、毎日定時で帰宅している人も珍しくないようです。

IT系職種のなかでは、かなりワークライフバランスが取りやすいといえるでしょう。

情報システム(社内SE)の求人・就職状況・需要

離職率が低く、求人数は少なめ

社内SEはもともと採用枠自体が少ないうえ、一般的に業務負担が軽く離職率も低いことから、求人数はあまり多いとはいえません。

一般の就職サイトだけでなく、IT専門の就職情報サイトを利用したり、転職エージェントに登録するなど、広く情報を集める努力が必要になるでしょう。

とくに新卒採用は限定的ですので、システム開発企業に就職し、一般的なシステムエンジニアとしてキャリアを積みながら、社内SEへの転職を目指すという人も珍しくないようです。

情報システム(社内SE)の転職状況・未経験採用

業務経験が求められるケースがほとんど

社内SEは転職市場においても非常に高い競争率となっており、採用される人のほとんどは専門スキルを備えた経験者です。

転職者には即戦力となることが期待されるため、前職でプロジェクトマネジメントなどを手掛けた実績があれば、より有利となるでしょう。

未経験採用もなくはないですが、長期的なビジョンで社員を育成できるほどの大企業や、あるいは急いで人材を集める必要のあるベンチャー企業などに限定されます。

中小企業などでは、未経験者に対する十分な教育体制が整っていないケースもありますので、就職先を選ぶ際には注意する必要があります。

情報システム(社内SE)の現状と将来性・今後の見通し

IT化の波で、活躍の場は今後も増える

業務効率化や事業拡大のために、今やIT化は必須となっており、業種や企業規模にかかわらず、社内に情報システム部門を置く企業は増加傾向にあります。

セキュリティ対策やコンプライアンス対応といったも周辺業務の強化も必要であり、社内SEの活躍の場は今後ますます拡大していくでしょう。

現在は競争率の高い人気職種ですが、そのぶん将来性や今後の見通しも明るいといえます。

技術力やコミュニケーション能力を高めれば、同業他社への転職などでステップアップも可能です。