このサイトはデータサイエンティストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「データサイエンティスト」

仕事内容
データサイエンティストは、「ビッグデータ」と呼ばれる、IT技術の高度化によって扱えるようになった複雑で膨大な情報を分析し、ビジネスに活用できる知見・情報を引き出す専門家です。データ処理や統計処理を行い、「得た情報を企業のビジネスへどう活用すればいいのか?」「事業や企業が利益を生むためにはどうすれば良いのか?」といったことを予測します。IT業界を中心に、金融やメーカーなど、大規模なデータを扱うあらゆる業界で活躍できる仕事です。
なるには
データサイエンティストは新しく登場した職業ですが、なるために絶対に必要とされる資格等は存在しません。ただし、分析・統計学や各業界のビジネスモデルなど、専門分野における高度な知識やスキルが求められます。なるための方法はさまざま考えられますが、まず大学・大学院で、統計学やデータ分析の手法について専門的に学ぶことはプラスに働くでしょう。近年は立教大学など「データサイエンティスト養成講座」を開講する大学も登場しており、そのような場で学ぶことも薦められます。
給料
データサイエンティストの多くは企業に所属しており、一般的な会社員と同様、勤務先によって給料や待遇は異なります。とくに、この仕事は高度な専門知識やスキルを要する分、おのおのの経験や能力によって随分と差が出ることもあるようです。売り手市場が続く中、経験者の場合は年収1000万円を得る人も少なくありません。また、いまのところ大企業で活躍する人が多いため、待遇面でも恵まれた環境で働けるケースが大半のようです。
将来性
IT化が進み、社会はビッグデータを活用した新たなビジネスやイノベーションの創出に向かって動き始めています。しかし現在、日本国内におけるデータサイエンティストの数はわずか1000人程度で、この需要過多の状況は、しばらく続いていくものと予想されています。今後は大学などで関連する知識を学べる場や、仕事として活躍できる場もさらに広がっていくものと思われ、目指す人には大きなチャンスがある職業といえるでしょう。