Webメディア企業の給料・年収

平均年収

Webメディア企業社員の年収は、300万円~800万円程度と人によってだいぶ幅があるようです。

新卒で入社した場合、月給20万円~22万円程度からスタートする場合が多く、他の業界の新卒社員と大きくは変わりません。何年か働いていると、個人の能力によって差が出てくるでしょう。

しかし、Web業界は比較的人の入れ替わりが激しく、中途採用で入社している人も多くおり、その場合は経験や能力によってだいぶ差が出るようです。

Webメディア企業は大手から中小ベンチャー企業までさまざまありますが、若い力を大事に考えている企業が多く、実力主義の傾向が強いことが特徴です。

人によっては20代であってもどんどん昇進し、同世代の平均年収よりだいぶ大きな収入を得ている人もいます。

がんばればがんばるだけ、収入に跳ね返ってきやすい仕事だといえるでしょう。

ボーナスの支給状況は企業によって異なり、それによっても年収に差が出てきます。

経験のある人は優遇されやすい

Webメディア企業では、業務に関連するスキルや経験を持っている人は給与面でも優遇されることが多いようです。

Webマーケティング、企画、デザイン、プログラム、ライティング・編集、ディレクション、プロジェクトマネジメント、サイト運用といったスキルを身につけることで、収入アップが期待できます。

Webメディア企業では業務を通じてスキルアップできますが、変化の速い業界であるため、新しい情報を積極的に取り入れるなど自発的な勉強も必要です。

時給で働く人も

Webメディア企業では、アルバイトからスタートして、契約社員、正社員へとステップアップするケースもよく見られます。

アルバイトの場合は、時給900円程度からのスタートとなることが一般的です。ただし、アルバイトであっても実力がつけば昇給が臨めますし、力をつけることで別の会社へ転職を果たすこともしやすくなります。