1分でわかる「AIエンジニア」

仕事内容
AIエンジニアは、ITのなかでも「AI(人工知能)」を専門的に扱う技術者のことをいいます。AIはスマートフォンの音声認識や自動車の自動運転、産業用ロボット、画像処理などさまざまな分野で活用されており、急速に発展しています。一般的なITエンジニアはプログラミング言語を駆使しながらシステムや製品を作っていきますが、AIエンジニアの場合は人工知能が学習しやすいようなデータを与え、AIがうまく学習できる結果を引き出していくことを行います。
なるには
AIエンジニアには、ITエンジニアよりもさらに高度かつ専門的なスキルが求められる仕事です。特別な資格は必要ありませんが、大学の理学部・工学部・情報学部やコンピュータ系の専門学校でAIについて専門的に学び、卒業後にIT企業へ就職する人が多いとされています。ただし、AIを扱える人材の需要が高まっていることから、大手企業を中心に未経験者を採用し、自社で一から育成に取り組むところも増えつつあるようです。
給料
AIエンジニアは、一般的なITエンジニアと比較しても高収入を得やすい仕事といわれています。ある程度の経験や実績を積んでいくと、年収1000万円以上を得ることも難しくないでしょう。ただし、業界未経験者の場合はITエンジニアとほとんど給料が変わらない場合もあります。AIに関連するプログラミング言語のほか、機械学習、データサイエンス、統計処理といった、さまざまな領域の知識や技術を持つ人は、市場価値が高い人材としてみなされ評価されやすいでしょう。
将来性
「AI(人工知能)」は、「ビッグデータ」や「IoT」といったキーワードと並ぶ先端IT技術として注目が集まっており、先端IT技術を扱えるエンジニアの需要は大きく高まっている状況です。AIエンジニアはデータサイエンスの領域に深く関わっていきますが、加えてITエンジニアとしての開発能力も備えていれば、いくつもの強みをもって勝負できるでしょう。大手IT企業でも、ITエンジニアからAIエンジニアへとキャリアを進めていける体制を整えているところが増えつつあるようです。