Webメディア企業の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

Webメディア企業社員の勤務時間は勤務先となる企業によって異なりますが、この業界の特徴のひとつとして、始業時間は他業界に比べるとやや遅めに設定されている場合が多いということが挙げられます。

一般的には9時頃に始業の会社が多いとされるなかで、10時始業の会社もそれなりにあり、どちらかというと午前中はのんびり、午後からエンジンがかかる雰囲気が根付いています。

また、フレックスタイム制を導入するなど、柔軟な勤務体系をとっている企業も目立ちます。

業界そのものの歴史が比較的新しく、若い人が多数活躍していることから、現代的な働き方をする傾向にあるといえるでしょう。

ただし、もちろんすべてのWebメディア企業がそうというわけではなく、なかには9時始業でカッチリとした雰囲気の会社もあります。

休日休暇

Webメディア企業社員の休日は、多くの場合、土日が休みの完全週休2日制です。

ただし、企業によっては年に数回ほど土曜日は出社することもあるようです。

祝日も休みとなるほか、休暇制度としては夏季休暇、年末年始休暇、GW休暇、有給休暇などが一般的です。

なかには誕生日の前後に休みがとれたり、家族や恋人など大事な人のために休めたりなど、ユニークな休暇制度を作っている企業もあります。

残業

IT業界というと残業が多いイメージがあるかもしれませんが、若手が多く活躍しているWebメディア企業は、働くときはしっかりと働く、休むときはしっかりと休むといったように、メリハリ重視で働く人も多いようです。

案件が立て込んでいる時期や、新しいサイトのリリース前などは、残業時間が増えることもあるでしょう。

Webメディア企業社員は、仕事が大好きでやりがいを持っている人も多いですが、プライベートを充実させるためにも、自分でうまく時間をコントロールしながら仕事を進めていくなどの工夫が必要になるでしょう。