携帯電話会社の現状と将来性

携帯電話会社の現状

いまや日本において携帯電話は一般に普及し、人々の生活に無くてはならないものとなっています。

しかし、国内市場においてはさらなる拡大の余地が乏しく、国が通信料を値下げする方針を定めていることや、競走促進のための法改正が行われています。

現状の携帯電話会社では、携帯電話サービスに頼った事業運営が難しくなりつつあります。

そのため、各キャリアでは企業のブランディングや事業連携、新技術・ライフスタイルの提案によって、携帯電話発の新たな価値の創造を目指しています。

また「格安SIM」を提供するMVNO企業は価格やサービスで差別化をはかり、キャリアのシェアを切り崩そうとしています。

携帯電話業界では企業の規模を問わず、人口減や設備の老朽化などが今後の大きな課題となっており、各社が新たな収益源を模索しているところです。

携帯電話会社の需要と将来性

携帯電話サービスは、いまや生活になくてはならないインフラであるため、しばらくは安定した需要が見込まれます。

しかし、需要は一定でも競合は増えつつあるため、各企業の売上や市場シェアが安泰とはいえない難しい状況です。

加えて、日本国内における人口減少は大きな課題となっています。

今後、携帯電話会社がいっそう必要とされるためには新しいサービスや価値の創造が求められます。

「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」という言葉をよく耳にするようになりましたが、これからは「スマートホーム」や「コネクテッドカー」など、さまざまなものがインターネットに接続する時代です。

新しい時代のメインの情報端末として、携帯電話には電話を超えた機能が期待されています。

時代や技術の変化に合わせてニーズをくみ取り、携帯電話と紐付けたソリューションを提供できるかどうかが携帯電話会社の需要に大きく影響するでしょう。

携帯電話会社社員の今後の活躍の場

現在、大手キャリアでは、従来の携帯電話会社の枠を超えた新しいサービスがどんどん登場しています。

たとえばIoT機器と接続して室内空調や照明、監視カメラなどを管理したり、投資やポイントサービスなどに参入したりと、新サービスの分野もさまざまです。

また、国内で培ったノウハウを武器に、海外の携帯電話インフラ構築や携帯電話サービスの提供を支援する企業もあります。

このように、携帯電話会社では既存の事業の枠にとらわれず多角化を推進しているため、「総合事業会社」の色合いが強まっています。

企業のブランドイメージに合った活動であれば、国内外を問わず業界・業種の垣根を越えて活躍できるため、従業員にはさまざまなチャンスがあるといえるでしょう。

携帯電話業界は変化を続けているため、変わることを恐れず、時代の流れに乗って積極的に仕事を進めていける社員が求められていくと考えられます。