Webエンジニアの給料・年収

Webエンジニアの平均年収

Webエンジニアの年収は、400万円~600万円ほどがボリュームゾーンといわれています。

他の職種とさほど違いはありませんが、Webエンジニアは個々のスキルや実務経験が給与へ影響しやすく、高度なスキルを持つ人は収入も高くなります。

また、Web系の企業はベンチャーも多く、そのなかには年功序列は関係なしで、昇給スピードが非常に速いところもあるようです。

Webエンジニアが活躍できる企業はたくさんあり、積み上げてきた経験や努力次第では1000万円近い年収を得ている人もいるようですが、一般的には30代前半で530万円程度、30代後半で620万円程度が平均年収といわれています。

収入アップのためには

意外に思うかもしれませんが、Webエンジニアとして高い年収をもらっている人の雇用形態は、正社員ではなく、派遣社員ということもあるようです。

Webエンジニアは派遣の需要も大きく、本人の実力次第では高単価の案件に携わることができます。

ただし、正社員の場合は企業によってボーナスの支給があったり、さまざまな待遇面で恵まれていることが多いです。

また、長期的に働くことを考えると、昇給などで正社員のほうが収入がよくなる場合も多々あります。

なお、なかには経験を積んでフリーランスになり、自分の手一本で高い収入を得ている人もいます。

残業代が収入を押し上げている場合も

Webエンジニアの給料を考えるときに注意しておきたいのは、この仕事は職場によっては残業時間が多くなり、その残業代が収入に影響してくるという点です。

すべてきちんと残業代が支払われればよいのですが、なかには「みなし残業制」で、残業手当相当分は固定して支給されている企業もあります。

また、残業代がフルに支給される場合、毎月の高い給料には膨大な残業代が含まれている可能性もあります。

就職先・転職先を探すときは、その辺りにも気を付けながら希望の職場を探していくとよいでしょう。

非公開求人となっていることが多いWebエンジニアの高待遇求人は、IT専門の転職エージェントに紹介してもらうことを検討しましょう。

マイナビITは、年収700万円〜1000万円の高待遇の非公開求人を多く保有しているため、Webエンジニアとしての経験があり、高い給料の職場で働きたい人は気軽に相談してみてください。