イラストレーターへの転職・未経験採用はある?

イラストレーターへの転職状況は?

イラストレーターへの転職は、アニメーターや中小のゲーム開発会社などからの転職が多いようです。

こうした業界は低賃金のため、安定した収入を求めて転職したり、副業として描いていたイラストを本業にしたりする人がいます。

異業種であったとしてもデジタルでイラストを描けるスキルがあればイラストレーターとして活躍できるチャンスは十分にあります。

イラストレーターへの転職の志望動機で多いものは?

一度社会人になってからも、絵が好きな気持ちがどうしても抑えきれず、「やっぱりイラストレーターになりたい!」と考えている人もいるでしょう。

しかし、イラストレーターは専門性を要する仕事であり、一般的なオフィスワークの仕事をするのとは勝手が異なります。

イラストレーターはデザイン事務所などの会社に勤務する人もいますが、一般的な仕事に就くのとは違い、「絵を描く」というある種の特別なスキルが必要とされます。

まったくの未経験者でもアシスタントとして採用する事務所はあるものの、絵でしっかりと食べていけるイラストレーターになるのはとても大変なことです。

憧れだけで転職を決めてしまうと、のちのち理想と現実のギャップで苦しむことになるかもしれないので注意が必要です。

イラストレーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からイラストレーターになるには

未経験・社会人からイラストレーターになるには様々な方法があります。

まずは、企業のイラストレーターの求人に応募することです。

仕事内容によっては、社会人を経験していることで評価が高くなることもあります。

そのほかには、イラストのコンペやコンテストに応募して実力を試すという方法があります。

高い評価を得られれば、企業の目に留まることもあります。

最近は、インターネットやSNSなどを利用して、誰でも簡単に作品を公開できるようになっているためプロでなくても絵を描き、多くの人に自分の作品を見せていくことで、企業の目に留まり飛躍のきっかけをつかむこともできます。

どの場合も、イラストレーターになりたいのであれば、頭を動かすだけでなく、とにかくどんどん作品を生み出す意欲が欠かせません。

イラストレーターへの転職に必要な資格・有利な資格

イラストレーターは、学歴や資格が求められることはほとんどなく、それよりも「どのような絵が描けるのか」ということが重視される世界です。

デザインの専門学校やスクールに通ってスキルを身につけ、そこから転職を目指すこともひとつの方法ですが、学校に通ったからといって就職がうまくいくわけではありません。

この世界では、成功できるかどうかは実力や努力、そして運次第です。

イラストレーターとして未熟であっても、何か光るものがあると企業に認めてもらえれば、それがイラストレーターとしての一歩目を踏み出すきっかけになるでしょう。

イラストレーターを目指す人におすすめの資格は?

イラストレーターへの転職に役立つ職務経験は?

イラストレーターとして転職する際に役立つ職務経験はさまざまです。

前職でデザインなどを手掛けていて、デザインができたりソフトが使えたりすれば、イラストレーターとして作品を作る上でも役立つでしょう。

また、イラストレーターは他のスタッフと関わりながらイラストを描くことが多くなるため、集団で何かを作り上げた経験も役に立ちます。

イラストレーターというと特殊な仕事で、一般的な仕事とはあまりかかわりがないのではないかと考える人も多いですが、共通点も多いのです。

転職する際は職務経験で役立たせられる点はないかを考えておきましょう。

イラストレーターへの転職面接で気をつけるべきことは?

イラストレーターに転職する際、面接では持参したポートフォリオについて質問されることがあります。

採用担当者は、ポートフォリオからその人の作風や作画の仕方、企業の求めるイラストが描けるかどうかを判断します。

ただポートフォリオを提出するだけでなく、その作品についてしっかりと解説できるようにしておくことが大切です。

イラストレーターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

イラストレーターは企業に勤める場合を除き、年齢制限や定年はないため、何歳になっても転職することはできます。

ただし、一般的にイラストレーターが描くイラストは若年層に対するものが多いため、あまりにセンスや考え方がかけ離れていてはなかなか受け入れてもらえないかもしれません。

また、イラストレーターはイラストを描く際に肉体的にも精神的にも疲労するため、体力に自信のある若いうちからできるだけ実力をつけておいた方がよいでしょう。

未経験からイラストレーターの転職での志望動機

志望動機の考え方

イラストレーターを目指す人の多くは、イラストやデザインに関心があり、好きなことを仕事にしたいと思う人がほとんどです。

ただし、この志望動機だけでは就職に結びつけることはできません。

特に未経験の場合は、イラストレーターに対する情熱や、これまでの経歴をイラストレーターとしてどう生かすかなどが問われます。

目指すイラストレーター像や手掛けたい作品などについて、具体的に話せるようにしておくことが大切です。

志望動機の例文

「現在webデザイナーとしてデザインの仕事をしています。

さまざまなデザインを手掛けるうちに、自分の趣味のイラストを合わせてより魅力的なデザインはできないかと考えるようになりました。

クライアント様との打ち合わせやプランニング・企画書やプレゼン資料の作成などにもかかわってきたため、その経験を活かしてオールマイティに仕事ができるイラストレーターとして働きたいと思っています。」