イベントプランナーのやりがい・楽しさ・魅力

イベントプランナーは、自分の企画したイベントで、多くの人に感動を与えられる魅力ある職業です。

素晴らしいものを多くの人々に広められるイベントプランナーは、大きな喜びとやりがいを感じられるでしょう。

本記事では、イベントプランナーのやりがいや楽しさ、その魅力について紹介します。

イベントプランナーのやりがい・楽しさ

人々に夢を与え、感動を共有できる

イベントプランナーは、

自分の企画したイベントで、多くの人に感動を与えられる

という部分に大きな魅力を感じられる仕事です。

たとえば、思わず聴き入ってしまうような演奏や舌を巻くパフォーマンスなど、舞台を通して観客に感動を共有できます。

「素晴らしいものを多くの人々に広めたい」と考えるイベントプランナーにとって、大きな喜びとやりがいを感じられる瞬間です。

また、イベントを通して人と人、人と世界をつないでいけることもこの仕事のやりがいです。

協力してひとつのものを作り上げる

イベントは自分ひとりだけで完結するものではなく、

  • エンターテインメント分野のプロフェッショナル
  • イベントスタッフ
  • 報道関係者

などと協力し、チーム一丸となって自分の企画したイベントを作り上げ、達成感を得ることができます。

このような達成感が次の仕事へのモチベーションを高め、さらなる飛躍に結びついていくのです。

自分の企画に満足してもらえる

イベントプランナーは、個々のセンスやスキルが問われる仕事です。

責任は重いですが、自分の腕が認められたと感じたときこそ、大きなやりがいを見出せます。

多くのイベントプランナーはイベントを通して、

  • 自分のプランニングが人に感動を与えられた
  • 多くの人に伝わった

と確信したときに手ごたえを感じます。

仕事の評価をイベントの現場で参加者や観客から直接もらえる機会が多く、モチベーションアップにつながります。

イベントプランナーの仕事内容

イベントプランナーの魅力

アイデアがかたちになる仕事

イベントとは、イベントプランナーを含めさまざまな人の「アイデア」が結集した空間です。

商品のように手にとることはできませんが、空間や時間には夢や感動・多くの人に希望を与える力があふれています。

また、イベントを作り上げるために、

  • 自分の創造力をフルに発揮する
  • 実際にかたちにしていく喜びを得て、達成感を味わいたい

といった人にはぴったりの職業といえます。

もちろん、途中には「生みの苦しみ」を味わうこともありますが、手がけたイベントが実現・成功したときの喜びは計り知れないでしょう。

自分自身の経験から得たもの、心の内側にあるものをかたちにしていくこの仕事は、心豊かな人生を送りながらキャリアを磨いていきたいという人にとっては非常に魅力的な仕事です。

スキルアップで活躍の場が広がる

イベントプランナーは、世の中の動きに対する

  • 興味
  • 好奇心
  • 経験
  • センス

など、さまざまなことが問われる仕事です。

プランナー自身の人間性が色濃く出る仕事ともいえ、感性を磨き自分自身を高め続ける努力が欠かせません。

たとえイベントプランナーの仕事に就けたとしても、新人のうちは大きなイベントに携われないケースが一般的です。

しかし、しっかりと経験を積んで実力を身につければ、何万人、何十万人規模のイベントを任されるチャンスもあるでしょう。

また、簡単なことではありませんが、フリーランスとして自分の名前で勝負することも可能です。

自分が中心となって手がけたイベントが成功したときには、何事にも代えがたい達成感を得れるでしょう。

「イベントプランナーのやりがい・楽しさ・魅力」のまとめ

イベントプランナーのやりがいは、多くの人と感動を共有したり、ひとつのイベントを大勢のスタッフと協力してつくりあげたりすることにあります。

また、イベントへのポジティブな反響も大きなやりがいにつながっています。

自分の経験や感性から生み出す仕事なので、常にスキルアップを意識して努力し続けることで活躍の場が広がっていきます。