ライターのつらいこと・大変なこと・苦労

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ライターのつらいこと・大変なこと

スランプに陥ってしまう

表現者であるライターは、常に新しい文章を考え続けなければなりません。

しかしいい文章が書けない、書く気力が起きない、文章やネタそのものが思い浮かばないなどのスランプに陥ってしまうこともあります。

適度に気分転換をしたり、書くことから離れたりするなどして自ら脱しなくてはなりませんが、スランプ期間が長ければ仕事がなくなってしまう可能性もありライターにとってスランプは大きな問題です。

締め切りに追われる毎日

エンターテインメント系の記事やメルマガといった定期刊行されるものを担当すると、常に短いスパンで仕事をしなくてはなりません。

記事によっては常に新鮮で注目を集めるネタが求められるため、ネタ探しのための取材も怠ることができません。

ライターは一人でマイペースに仕事ができると考える人も多いですが、本格的にライターの仕事をしている人はのんびりしていられるほどの暇はなく、締め切りに追われながら忙しく動き回る生活を送っているのです。

クライアントからの修正

記事を執筆してクライアントに納品すると、加筆修正の依頼が入ることも珍しくありません。

その対応もライターの苦労のひとつです。

とくに新人のうちは一度のミスが契約終了ともなりかねません。

記事を納品しても、クライアントからOKが出るまで常に不安感を覚える人も少なくないようです。

クライアントによっては非常にシビアで、無理難題を突き付けられることもあります。

文章はライターそれぞれの個性がにじみ出る作品のため、修正があまりに自分の意志や書き方に反したものだと、途方に暮れてしまう場合もあります。

ライターの悩み

突然の契約破棄

ライターは基本的に単発での契約が多く、長期的な契約をすることは少ないため、少しのミスやコミュニケーションの不足によって急に仕事がなくなってしまうこともあります。

信頼してクライアントから仕事をもらい続けるには、一定のレベルの文章を書き続ける、締め切りを守る、クライアントや担当者としっかりとコミュニケーションを図るなどの努力が欠かせません。

無理難題を要求されることも

クライアントのなかには、ライターを使い捨てのように考え、無理難題を要求されたりだましたりするようなところもあるので注意が必要です。

たとえば「FX(外国為替)の記事を書くために実際に身銭を使って体験してほしい」「ダイエットの記事を書くために1カ月で〇キロ痩せて欲しい」といった内容で、ライター自身に負担を強いたり無理な要求をしてきたりするところもあります。

こうした悪質なクライアントとの契約はトラブルになりかねないため、たとえ依頼が来てもしっかりと見極め毅然と対応しなくてはなりません。

ライターを辞める理由で多いものは?

ライターは、ライターの仕事だけで食べていくのは非常に難しい職業です。

ライターとして活躍するためには、多くの人に支持されるような文章を書き仕事をもらい続けられるよう信頼を得られる人でなくてはなりません。

近年ではクラウドソーシングサイトなどで仕事を受けWeb上の記事を書き「ライター」と名乗る人も増えてきていますが、その多くは学生や主婦、副業のサラリーマンなどでライターの仕事で生計を立てている人はほんのわずかです。

文章を書くのは好きだけれどライターの仕事のみでは食べていけない、またライターとして働きたいけれど継続的に仕事の依頼がないなどの理由で、ライターだけでなくほかに仕事を掛け持ちしたり、転職したりしている人は多くいます。