キャラクターデザイナーの給料・年収

キャラクターデザイナーの平均年収・給料の統計データ

キャラクターデザイナーの平均年収・月収・ボーナス

キャラクターデザイナーの平均年収は300万円~600万円程度が相場といわれています。

企業の規模によっても給与水準は異なり、大手のほうが年収が良かったり手厚い待遇が見込めたりする場合が多いようです。

キャラクターデザイナーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の求人データをもとに算出すると、キャラクターデザイナーの平均年収は400万円前後となると考えられます。

企業勤めでは、手取りが320万円前後、給料の額面は33万円前後、月額の手取り額は26~27万円ほどでしょう。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業と同程度といえます。

キャラクターデザイナーの初任給はどれくらい?

新人のうちからキャラクターデザイナーとして活躍することはまれですが、アニメ制作会社、ゲームメーカー、デザイン会社などに就職した場合、初任給は15~20万円ほどが相場です。

入社してすぐは、どの企業もデザイナーのアシスタントや修業期間としていることが多いため、給料は一般的な会社員よりは少ないことも珍しくありません。

ただし、経験を積んでいくにしたがって徐々に昇給するのが一般的です。

キャラクターデザイナーの福利厚生の特徴は?

会社勤めの場合は、各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度・各種休職・休暇制度などがあります。

ただし、キャラクターデザイナーの就職先は仕事が忙しく、とくにアニメやゲーム業界ではこうした制度をあまり利用できないという実態もあるようです。

キャラクターデザイナーの給料・年収の特徴

若くても高収入を目指せる

最近ではスマートフォンの普及により、ソーシャルゲーム業界の勢いが増しており、人気ゲームを生み出している会社では、たとえ規模は小さくても大きな売り上げを上げているところは非常に多いです。

そのため、作品がヒットすれば、実力次第で若くして高い年収を稼いでいる人もいます。

人気デザイナーの場合

会社員として働くキャラクターデザイナーの給料は、一般的な会社員と大きくかけ離れているわけではありません。

しかし、自身が手掛けたキャラクターが人気を博したり、コンテストで大きな賞を獲ったりするなどトップクリエイターの仲間入りをすれば、その後はもっと稼げるデザイナーになれる可能性もあります。

アニメやゲームの制作会社では、経験あるキャラクターデザイナーは給与面で優遇されていることもあります。

キャラクターデザイナーの正社員以外の給料・年収

キャリアを積み重ね、フリーランスになり、さらには世界で活躍するデザイナーになることも夢ではありません。

オリジナルキャラクターが人気となれば、関連グッズの開発や製作などの機会も増え、年収も格段にアップするでしょう。

ただし、競争も厳しい世界であり、とくにフリーランスで働く場合には、自分の実力や経験などによって収入が大きく変動してきます。

実績のあるキャラクターデザイナーは高単価の案件を次々に請け負うことができますが、キャリアが浅い場合はあまり稼げず、さらに収入も不安定になりがちです。

キャラクターデザイナーが収入を上げるためには?

キャラクターデザイナーが年収をアップさせるには、いくつかの方法があります。

ひとつめは、より大きな企業に転職することです。

より規模の大きなデザイン会社や制作会社に転職できれば給与も高くなりますし、待遇も手厚くなる傾向にあります。

実力を身に付け、こうした企業にステップアップするとよいでしょう。

また、キャラクターデザイナーとしてだけではなく、これまでに身に付けたスキルを活かし、グラフィックデザイナーCGデザイナーアートディレクターなど他分野で活躍する道もあります。

もうひとつ、フリーランスとして独立する道もあります。

もちろん独立することでリスクもありますが、実力や人脈があれば年収1000万円を超えることも夢ではありません。