このサイトはコピーライターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「コピーライター」

仕事内容
コピーライターは、商品や企業の宣伝を目的として、テレビCMやラジオCM、雑誌、ポスター、商品パッケージ等の広告に使用するキャッチコピーを書く仕事です。短い言葉で印象に残るコピーを考える必要があり、またコピーそのものがブランドや企業イメージを左右することもあるため、責任は重大です。ひとつの素晴らしいコピーを生み出すまでには、何十、何百というアイディアを出すことが必要です。
なるには
コピーライターの多くは、広告代理店や制作プロダクションで働いています。新卒の場合、コピーライターとして採用されるというよりも、総合職としてさまざまな業務を経験しながら、本人の希望や適性によってコピーの仕事を少しずつ任せてもらえるようになるのが一般的です。大手広告代理店は大卒者が多いですが、コピーライター養成講座や独学で学んだ人のうち、実力が認められれば学歴関係なく採用される可能性もあります。
給料
企業に勤めるコピーライターの給料は、一般の会社員とさほど差がありません。年収500万円~600万円程度が平均的ですが、電通などの大手広告代理店では1000万円を超える人も少なくないようです。また、経験を積んだのちにフリーランスになる人もいます。仕事がもらえなければ収入はゼロですが、有名コピーライターになれば、何千万円もの収入を得ることも夢ではありません。実力主義の世界と言えるでしょう。
将来性
コピーライターは、特別な資格が必要な仕事ではないため、意欲とセンスがあれば誰でもなれる可能性があります。極端なことを言えば、まったくの未経験者が書いたコピーでも、関係者の目に留まれば、今日から突然有名コピーライターになってしまうこともあります。コピーは時代を問わずニーズがあるものです。だからこそ、世の中の流れに敏感であり、豊かな感性とセンスを身につけた実力あるコピーライターになれれば、大きく活躍していくことができるでしょう。