1分でわかる「ライター」

仕事内容
ライターは、取材や集めた資料を基に記事を書く仕事です。

出版社等の編集者から依頼を受け、業務に取りかかります。

ライターが書く原稿は書籍や雑誌などの紙媒体か、WEBやメルマガなどの電子媒体に掲載されます。

スポーツや科学技術など特定の分野を専門とするライターもいれば、まんべんなくさまざまなジャンルに取り組むライターもいます。

いずれにせよ、編集者の意向をしっかりと汲み取り、それに見合った記事を仕上げる必要があります。
なるには
ライターは特別な資格や学歴が求められる仕事ではなく、誰でもすぐにライターとして活動することができます。

しかし、安定して仕事を続けていくには文章構成力や語彙力、センスが必要であり、取材を行うのであればインタビューのスキルも求められます。

実際には、大学やライター養成講座を出て出版社や編集プロダクションで編集者として経験を積み、ライターとして独立する人が多いです。

独立後は、営業力やフットワークの軽さなども必要になるでしょう。
給料
ライターは、フリーランスで活動する人がほとんどであるため、年収は100万円程度の人から1000万円を超える人までさまざまです。

安定した収入を得るには、どんな仕事をどれだけ請け負えるかが重要なポイントとなります。

出版社から直接仕事を依頼されるようになれば、収入は大きくアップするでしょう。

しかし、突然の廃刊などで仕事がなくなるケースや、会社に所属しなければ福利厚生などもないため、不安定な状態で生活している人も多くいます。
将来性
インターネットを使う人が増え、近年は主婦の副業などで気軽にライターの仕事を始める人が増えています。

しかし、このような仕事は「文字単価0.2円」といったあまりに安価な報酬が設定されている分、質もあまり高いものが問われません。

ライターと名乗る人の間での実力格差が広がってきていますが、もしライターとして生計を立てていきたいのであれば、日々スキルを向上させ、地道に営業活動を行うなどの努力も必要です。