グラフィックデザイナーの1日・生活

グラフィックデザイナーの業務スケジュール

1日の生活パターンは、会社員として広告代理店や広告制作プロダクション、メーカーの広告企画室などに会社員として勤める場合と、嘱託契約やフリーランスである場合によって異なります。

会社員の場合でも比較的時間の融通がきき、会社によってはフレックス制など自由な勤務形態のところも多くあります。

フリーランスの場合は、納期さえ守ればそれまでの時間を自由に使えますが、不規則になりがちなので自分でスケジュール管理をすることが大切です。

グラフィックデザイナーの1日は、他のクリエーター職と同様、一般的に思われているイメージと比較するとそれほどスマートでかっこいいものではありませんが、「自分の作品を創る」という充実感と、何よりもグラフィックデザインの仕事が好きだという一途な思いがあるからこそ仕事に打ち込めるのです。

企業で働くグラフィックデザイナーの1日

小見出し10:00 出社

広告代理店の出社時間は9時から10時というところがほとんどです。

残業が多いこともあり、朝は比較的ゆっくりめで、会社によってはフレックス制など、自由な勤務形態のところもあります。

10:30 業務内容の確認

メールチェックなどを行った後、昨日までの仕事の進捗を確認し、上司などに業務連絡を行います。

11:00 業務開始

現在とりかかっている案件の制作を引き続き行います。

突発的な取材や打ち合わせが入ることもあり、思いのほか仕事がはかどらないこともあります。

13:30 休憩

仕事の折り合いをみて個々に昼食をとります。

14:00 外出先で打ち合わせ

取材や打ち合わせなど、突発的なスケジュールのため外出を余儀なくされるケースもあります。

16:00 企画会議

新しく受注した案件の企画案を、プロデューサー・ディレクター・プランナー・コピーライターなどと一緒に話し合います。

外部からの連絡が少なくなり、手元の仕事に集中できるようになるのは、たいがい夕方以降です。

21:00 業務終了

翌日の仕事に支障がないよう、遅れた分はその日のうちに取り返します。

締め切りや入稿前は終電近くや徹夜になってしまうこともあります。

フリーランスで働くグラフィックデザイナーの1日

11:30 事務所出勤・仕事開始

メールチェック、今日の仕事の確認など。

フリーランスの場合、自宅で仕事をする人や、事務所に出勤しする人など働く場所はさまざまです。

13:30 広告代理店でスタッフミーティング

あるメーカーのキャンペーンの打ち合わせ。

広告代理店のアートディレクターとフリーのカメラマン・コピーライターと共にコンセプトの確認やデザインの方向性の確認をします。

16:00 スタジオで撮影立ち会い

カタログの商品撮影に立ち会います。

撮影ディレクションと、撮影したショットの確認をします。

20:00 スタッフと食事

撮影終了後にスタッフと打ち合わせも兼ねて食事

21:30 事務所に戻りデザイン作業

コンペを控えたあるポスターのデザイン作業をします。

広告代理店のチェックが入るため、締め切りに間に合わせるよう急いで作業を進めます。

25:30 終了

夜の方が仕事が捗るため、グラフィックデザイナーには夜型の生活をする人も多くいます。

グラフィックデザイナーの勤務時間・休日・残業