ライターへの転職・未経験の募集はある?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ライターへの転職状況は?

編集プロダクションなどで「編集職(編集アシスタント)」として働いていた人が、ライターとして独立することは多くあります。

職業上「編集」と区分されていても、編集職はライターのように自ら記事を執筆することはよくあるため、ここで実力をつけてライターとして転職するのです。

業界の動きや制作の流れについて現場で体感できているため、その後のライター人生にもおおいに役立つでしょう。

ライターへの転職の志望動機で多いものは?

編集プロダクションには大小さまざまな会社があり、なかには限られた人員かつタイトなスケジュールで制作を進めるなど、相当厳しい職場も多くあります。

そのためライターとして自由に仕事がしたい、またもっと自分の好きな文章を書きたいとライターを目指す人は多くいます。

そのほか文章を書くことを本業にしたい、ライターの夢をあきらめきれないと一度企業に就職してからもライターへ転職したいと考える人も少なくありません。

ライターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からライターになるには

企業に所属するのは難しい

ライターは、他の職業に比べると求人が少ない職業です。

出版社・編集プロダクション・Web制作会社・広告代理店など、自社にライターを抱えている企業も少なからず存在しますが、大々的に求人を出していないところが一般的だからです。

また、中途採用ではどうしても即戦力になれる人が求められる傾向にあり、異業種からの転職は簡単ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

フリーランスとして経験を積む

ライターは企業への就職ではなく、フリーランスとして個人で仕事をすることも可能です。

出版社や編集プロダクションなども、外部の協力スタッフとして優秀なフリーランスのライターとつながりを持っておきたいと考える企業がたくさんあります。

しかしフリーランスだとしても経験やスキルがあってこそ仕事につながるため、未経験者が仕事を安定的に獲得するのは非常に難しいのが事実です。

最近ではクラウドソーシングサイトで多くライター募集があるため、こうした案件を地道にこなしながらスキルアップし、人脈を広げていくといった方法をとることもできます。

ライターへの転職に必要な資格・有利な資格

ライターになるために、特別な資格や有利な資格は特にありません。

文章を書くことや日本語に関する資格、校正の資格などを所有していることはアピールにはなりますが、実際はライティングのスキルがものをいうため、それほど重要ではないといえるでしょう。

ライターへの転職に役立つ職務経験は?

ライターへ転職する際に職務経験を活かしたい場合は、どのようなライティングがしたいのかを考える必要があります。

たとえば、旅行が趣味だったり旅行業界で働いていたりした場合にはトラベルライターとして活躍する際に役に立つでしょう。

また、会社の広報や営業として活躍していた場合、その経験をコピーライティングに生かすこともできます。

自分がしたいライティングを考えた上で、役立つ職務経験はないか照らし合わせてみるとよいでしょう。

ライターへの転職面接で気をつけるべきことは?

実績をアピールする

ライティング経験がある場合は、ポートフォリオを作り自分の文章力をアピールしましょう。

まったくの未経験の場合は、まずいくつかWebライティングをこなしたり、SNSやブログで文章を書いたりしてみることをおすすめします。

またライターは言葉を使うプロですので、面接の際も適切な言葉遣いや受け答えができるようにしておきましょう。

積極的に営業する

どうしても「この会社でライターとして働きたい!」といった意思があるのなら、直接電話などで問い合わせてみるのもよいでしょう。

たとえ求人を出していなかったり積極的に採用は行っていなかったりしても、熱意が認められれば面接試験のチャンスを与えてもらえることもあります。

とくにライターが活躍する業界は人脈重視の面もあり、フットワークの軽い人が歓迎されやすいため、自分からどんどん売り込むくらいのつもりでいくと道が開けるかもしれません。

ライターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ライターに転職するのは何歳からでも可能です。

特に、編集職や出版社勤務などでライティングの経験がある人の場合は、定年退職してからもフリーライターとして活躍するといった人は多く見られます。

全くの未経験の場合、年齢を重ねると難しい部分もありますが、Webライティングのようにライターの年齢を問わない仕事であれば、文章力さえあれば何歳からでも始めることができます。