グラフィックデザイナーの転職理由・転職状況は?

グラフィックデザイナーが今の職場を辞める理由で多いものは?

長く勤めるほど給料が上がり、出世も近づいてくる一般的なサラリーマンとは異なり、グラフィックデザイナーはひとつの会社に長くいても昇給や出世とは縁遠いことが多い職種です。

一方、実力主義の業界であるため、スキルや実績を積むほどその人に対する評価は上がっていきます。

これらのことから、大半のデザイナーは自分の実力に対して給料が見合わないと判断すると、もっと高く評価してくれる会社を求めて転職を繰り返します。

これはグラフィックデザイナーに限らずクリエイティブ職に共通する業界全体の流れであり、転職が多いからといってそれほど評価が下がることはありません。

同様に、実力をつけ人脈をつくったグラフィックデザイナーは、フリーランスとして独立したり、数名が組んでデザイン会社を立ち上げたりすることもあります。

グラフィックデザイナーのつらいこと・大変なこと・苦労

グラフィックデザイナーの転職で気をつけるべきこと

同業種へ転職する場合

グラフィックデザイナーのスキルを生かして、Webデザイナープロダクトデザイナーファッションデザイナーなどのクリエイティブ職やデザイン業界内で転職する人は少なくありません。

しかし、こうした広告の世界は不況のあおりを受けやすく、待遇が必ずしも良くなるわけではないということを踏まえた上で転職をすることが必要です。

また、転職に対し比較的寛容な業界ではありますが、1つの会社の在籍期間が短かすぎたり、転職を繰り返したりしている場合は必ずしも好意的に見られないこともあるため注意しましょう。

もちろん、実力と経験が備わっていれば、転職を繰り返して大手広告代理店に入社することも可能です。

異業種へ転職する場合

グラフィックデザイナーのようなクリエイティブ職に就いている人は、好きなことを仕事に選んだため、いざグラフィックデザイナーや広告業界から離れるとなると、自分はどのような仕事をしたらよいのかわからないという人が多くいます。

もちろん、グラフィックデザイナーから全くの異業種に転職を成功させている人は多くいますが、グラフィックデザイナーは他の職業に比べ特殊な仕事が多いため、転職しても生かせられるスキルがないのではないか、別な業界で一からやりなおすのは大変なのではないかと悩む人も少なくありません。

そのため自分のスキルを見直したい、広告業界以外の情報を知りたいというときは、ハローワークなどの転職相談を利用したり転職エージェントを利用したりして転職に備えるという人も多いようです。

グラフィックデザイナーの職務経歴書の書き方のポイント

同業種・異業種どちらの場合も、職務経歴書を書く際には仕事をする上で必要な能力を書く必要があります。

グラフィックデザイナーとして働いた成果を見せるために、ポートフォリオを提出することもありますが、デザインのセンスやスキルは作品を見ればわかりますし、クリエイティブ職へ転職する際は自分のホームページやブログなどのURLを記載し自己アピールとしてもよいでしょう。

ただし、それだけでは伝わらない能力や人間性を書き加えることがさらなるアピールにつながります。

たとえば、クライアントの要望に応える柔軟性、スタッフ間で仕事を進めるコミュニケーション能力やマネジメント能力などです。

そのほか、激務を乗り越えた経験から責任感や仕事に対する熱意をアピールすることもできます。

他の業界への転職はある?

グラフィックデザイナーとして活躍後、培ったスキルやセンスを生かして他業種へ転職する人もいます。

広告業界の大御所である横尾忠則が画家に転身したことは有名ですが、映画監督・動画編集者イラストレーター芸術家などに転職したグラフィックデザイナーもたくさんいます。

いずれの場合もデザイナーとしての経験が生かされる職業だといえるでしょう。

そのような中でもっとも多いのが、Webデザイナーへの転職です。

グラフィックとWebでは使用するアプリケーションから画像の形式・解像度・納品形態まで異なり、似て非なるものですが、デザインセンスや効果的な表現方法などが身についているグラフィックデザイナーなら、比較的容易に転職できるといえます。

不況のあおりを受け、Webを中心としたプロモーションにシフトする企業が多い昨今、需要の高いWebデザイナーへの転職は生き残りの一つの道だといえるかもしれません。

グラフィックデザイナーの転職先はどのように探せばいい?

グラフィックデザイナーが転職先を探す際には、いくつかの方法があります。

グラフィックデザイナーが同業種やクリエイティブ職に転職したい場合には、クリエイター専門の転職サイトを利用することが多いようです。

クリエイティブ職の求人が集まるほか、ポートフォリオを掲載していると評価してくれる企業から声がかかることもあるようです。

異業種への転職の場合は、公共の転職相談や転職エージェントを利用し、自分の適性や企業・業界研究をして転職にのぞむ人が多いようです。