ライターに向いている人・適性・必要なスキル

ライターに向いている性格・適性

文章の読み書きが好き

「文章を読むことや、書くことが好き」であることがライターには必要です。

ライターは自分の文章に値段が付けられるため、常に文章のクオリティを上げていかなければなりません。

そこでは才能ではなく、努力が必要になります。

普段から多くの文章に接したり、さまざまなライターが書いた文章を読んだり、自分なりに人に見せることを意識した文章を書いたりしながら、クオリティを高めていくことは、ライターにとって大切なことです。

ほとんどのライターは本や文章を読むことが大好きだといいますし、文章構成力やセンスを磨くためにも、書くだけでなく読むという作業は大切です。

タフな精神力

これはライターに限ったことではありませんが、自分の好きなことを職業にすると挫折の際には大きなショックを受けることになります。

とくに「文章」という自分がゼロから生み出したものならばなおさらです。

自分の書いた文章がクライアントには受け入れてもらえなかったり、修正箇所が非常に多かったりすることは日常茶飯事ですが、自分の書く文章に自信を持っていればいるほど、自分自身の存在を否定されたような気持ちになり落ち込んでしまいます。

そんなときにでもめげずに乗り越えることができるタフな精神を持っていなければなりませんし、落ち込んで文章がうまく書けないなどということがあっては、ライターとして仕事を続けていくのは難しいでしょう。

ライターになるには

ライターに必要なスキル・能力

「正確」かつ「論理的」な文章を書くことは、ライターとして最低限必要なことです。

ライター志望の人は「自分にしか書けないオリジナルな文章」に憧れを抱くかもしれませんが、どれだけ個性が感じられる文章でも、意味が分からなかったり読みづらい文章だったりしては、クライアントから商品として認めてもらえません。

ライターは読み手ありきで文章を書き上げなくてはならないため、書き手になったとしても「読者の視点」をいつまでも忘れないことが大切です。

ライターに向いていないのはどんな人?

一人で仕事がしたい人

ライターはフリーランスで仕事をすることが多いため、一人で気楽に仕事がしたい、会社勤めではなく自分だけで仕事をやっていきたいと考える人も多くいます。

しかし、実際にライターとして仕事をする際には、クライアントや取材対象、読者などさまざまな人のことを考えなくてはならないため、コミュニケーション能力は必須の仕事です。

また、一人で仕事をするということは、営業や広報経理など金銭面の管理やスケジュール管理などもすべて一人で行わなくてはなりません。

仕事も大幅に増えてしまうため「一人で文章を書く仕事だけがしたい」と考えている人には向いていないかもしれません。

自分の書きたいことを形にしたい人

ライターはクライアントから依頼を受けて文章を書くため、ときには自分の意に反したり興味がなかったりする文章を書かなくてはならないこともあります。

自分はAと思っていてもBと結論付けて文章を作らねばならないときもありますし、依頼があればまったく知識のない分野のことも1から勉強して書かなくてはなりません。

もし自分の好きなように文章を書きたいのであれば、作家やジャーナリストを目指す方が良いかもしれません。