DTPデザイナーに向いている人、適性、素質

出版物や印刷物に広く興味を持てる人

DTPデザイナーは、デザインのスキルやセンスはもちろんですが、出版物や印刷関連の幅広い知識も必要になります。

そのため、出版物や印刷物全般に興味があり、日ごろからさまざまなデザインに触れて自分の引き出しを広げていけるような人が、この仕事に向いています。

街を歩いていても、見たことのないデザインをついチェックしてしまうようなタイプの人は、DTPデザイナーとしての素質はあるといえるでしょう。

誰かに言われるわけでもなく、自分でデザイナーとしての専門性や知識を深めていくことが重要です。

細かいところにまで目が行き届く

DTPデザイナーがデザインした内容は、その後、印刷のためにデータ化され、印刷機にかけられていきます。

万が一、文字や写真などを間違ってデザインしたまま印刷がスタートしてしまった場合、印刷物を擦り直すこともあります。

そうなれば、無駄なコストが発生してしまいますし、納期に間に合わないといった事態も発生しかねません。

もちろん、印刷にかける前には他のスタッフと一緒に何度もチェックを行いますが、DTPデザイナーは責任をもって、注意深く内容を見ていく力が求められます。

細かいところにも目が届くような人は、DTPデザイナーの適性があるといえるでしょう。

人の意見を受け入れることができる

DTPデザイナーは、自分の好きなデザインや良いと思うデザインについてこだわりを持っている人も多いです。

こだわりがあるのは大事なことですが、自分の考えに固執して、柔軟なデザインができなくなってしまうのは困りものです。

DTPデザイナーの仕事は、その先に必ず読者やクライアントがいます。

そのため、好き嫌いだけですべてを決めるのではなく、世の中で何が流行っているのかを追い求めたり、自分が手掛けるデザインに何が求められているのかをつねに考えることが大事です。

出したデザイン案に対して、他の制作スタッフやクライアントから、「もっとこうしてほしい」という声が挙がることもしばしばあります。

人の意見を素直に吸収できるタイプの人が望ましいといえるでしょう。