キャラクターデザイナーの1日のスケジュール・生活スタイル

キャラクターデザイナーの業務スケジュール

キャラクターデザイナーの1日の流れは、働く場所や関わっている案件の内容などによっても若干違いがあります。

会社員として働く場合には、制作チームを組み、ディレクターやアートディレクターなどと打ち合わせを重ねながら作品のコンセプトを共有し、キャラクターを考えていく流れが一般的です。

場合によっては、クライアントの要望やニーズを直接聞くこともあります。

実際にキャラクターデザインに入ってからも、その都度細かい修正を繰り返しながら完成を目指していきます。

ゲーム会社で働くキャラクターデザイナーのある1日

10:00 出社
夜が遅くなることが多い分、出社は遅めという企業が多いです。
10:15 タスク確認
当日のスケジュールを確認し、その日にやるべき作業を洗い出していきます。
10:30 打ち合わせ
アートディレクターと一緒に、新しいプロジェクトの打ち合わせに参加します。
11:30 制作
ミーティングで共有した作品の世界観やコンセプトを基に、イメージを膨らませていきます。
13:00 休憩
14:00 制作
午前中に膨らませたイメージを、実際にデザインとして起こしていきます。
17:00 修正作業
以前提案したデザインのラフに修正が入ったため、その部分を直して再度提出します。
18:00 ミーティング
制作チームの主要メンバーで、制作の進捗状況について確認し合います。
20:00 退社
さらに作業を進め、仕事のキリがついたところで退社します。納期前は終電近くまで残業をすることもあります。

キャラクターデザイナーの勤務時間

キャラクターデザイナーの勤務時間は、一般的な日勤の会社員とさほど変わりないでしょう。

ただし、アニメやゲーム業界は夜型の傾向が強く、始業時間はやや遅めで、その代わり夜遅くまで働くというケースも多いです。

制作現場はつねに慌ただしく動いているため、キャラクターデザイナーもタイトな納期に追われている人が少なくありません。

裁量労働制を採用している企業も多く、多忙ななか毎日決まりきった時間内だけ働くということが難しいのが現状です。

生活はどうしても不規則になりがちといえるでしょう。

キャラクターデザイナーの休日

多くの企業では、土・日曜日を休みとする週休2日制となっています。

平常時はきちんと休むことができ、年末年始やゴールデンウィークなどはカレンダー通りに連休をとれる職場が多いでしょう。

ただし納品前や入稿前はさらに激務となり、休日出勤をせざるを得ないこともあります。

キャラクターデザイナーは激務?

キャラクターデザイナーは、その時々で抱えている案件の内容によっても忙しさが変わってくる仕事です。

好きなことを仕事にできるため、無理をし過ぎる人も多く、残業や休日出勤で働いた結果、心身ともに疲弊してしまう人も少なくありません。

忙しさに飲みこまれず、体調などの自己管理をきちんと行うこと、また、就職の際は休暇がきちんととれるか、福利厚生は充実しているかなどをしっかり確認することも大切です。