イベントプランナーの仕事内容

イベントプランナーは、展示会・セミナー・音楽ライブなど、さまざまなイベントの企画に携わる職業ですが、その業務内容は多岐に渡ります。

イベントに関する情報収集やパンフレットの製作、美術効果を含めた会場作りなど、クライアントと相談しながら、大勢のスタッフと一緒に魅力的なイベントを作り上げていきます。

本記事では、イベントプランナーの種類や仕事内容、勤務先、仕事の流れなどをご紹介します。

イベントプランナーの仕事とは

イベントプランナーは、以下のような、さまざまなイベントを企画・準備・運営する職業です。

イベントプランナーが手掛ける主なイベント
  • 展示会
  • セミナー
  • 音楽ライブ
  • スポーツ大会
  • ブライダルフェア

ひとつのイベントを企画から実行するまでには、イベントに関する情報収集をはじめ、パンフレットの製作、音響・照明、美術効果を含めた会場作り、宣伝・告知など、多様な業務が発生します。

これらをクライアントと相談しながら、イベント開催の目的に合わせた最も効果的で魅力的なプランを生み出し、大勢のスタッフと一緒にイベントを作り上げていきます。

ときにはイベントの全体的な指揮をとる「イベントプロデューサー」と兼任することもあります。

イベントプランナーの業務内容

イベントの企画・立案

日本全国では、毎日大小さまざまなイベントが開催されています。

以下のようなイベントもあります。

  • 地域で行われるお祭りやフリーマーケット
  • 婚活・お見合いパーティー
  • ブックフェア
  • モーターショー
  • 宝飾展などの見本市
  • オリンピックやワールドカップ

一般的にイベントの規模が大きくなればなるほど、関わるイベントプランナーの数は多くなります。

分業して仕事を進めることも多く、スタッフ一丸となって目標に向かっていく達成感を味わえる職業です。

イベントプランナーの種類

イベントプランナーは、携わるイベントの内容などによって、以下のような種類に分けられることがあります。

コンサートイベントプランナー

コンサートイベントプランナーは、コンサートやライブなど、音楽を主体としたイベントのプランニングを行います。

スポーツイベントプランナー

スポーツイベントプランナーは、フットサル大会や野球イベント、マラソン大会などスポーツに関するイベントのプランニングを行います。

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーは、結婚式を専門にプランニング・プロデュースする職業です。

イベントプランナーの役割

イベントの目的を達成する

イベントプランナーは、クライアントから依頼を受け企画を考えていきます。

どのようなイベントにも、「新商品の発売をPRする」「ブランドのイメージ向上を図る」などの目的があります。

また、多くの人々に夢や感動を与えるエンターテインメントの一貫としてのイベントもあります。

イベントのターゲットが「若者向け」「ファミリー向け」などハッキリとしている場合には、その人たちに集まってもらえるイベントを企画していくことが大事です。

イベントプランナーには、世の中のニーズを掴む力、独創的なアイデアを生み出せる感性やセンス、マーケティングやPRに関する知識・スキルが必要です。

大勢のスタッフと協力して働く

イベントプランナーの仕事の特徴として、自分一人だけでは完結しないという点が挙げられます。

どのようなイベントも1人のプランナーだけで運営できるものではなく、音響、照明、撮影、美術、デザインなど、各分野のプロフェッショナルが協力します。

国内外から大勢の人が集まるような大規模なイベントであれば、そこに関わるスタッフの数も非常に多くなります。

またイベントプランナーは、イベントプロデューサーの役割を兼任することもよくあります。

ただ企画を立ち上げるのみならず、予算の管理やスタッフの人選、スケジュール調整、関係各所への連絡、ゲストの手配などの業務まで手広く担当し、さまざまな人と協力しながらイベントの成功のため奔走します。

他のスタッフと上手にコミュニケーションをとることも、イベントプランナーの仕事を上手に進めるためには大切です。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

イベントプランナーの勤務先

イベントプランナーは、主にイベントを手掛ける広告代理店やイベント制作会社に勤めています。

新卒者や未経験者の場合、入社後すぐイベントプランナーになれるとは限りません。

まずは営業や事務などの仕事からスタートして、業界に関する知識を習得し、経験を積んだのち、プランニングの仕事を任されるようになるのが一般的です。

また、イベントプランナーは経験を積み独立して働くことも可能で、フリーランスとして仕事を請け負う人や、自らイベント会社を設立し、従業員を雇って活躍する人もいます。

イベントプランナーの就職先・活躍の場

イベントプランナーの仕事の流れ

  1. 1.企画・立案

    クライアントから、イベントプランナーが勤める会社に対し、さまざまな依頼が舞い込みます。

    直接依頼されることもあれば、コンペを行い、複数の企業からよいものを選ぶケースもあります。

  2. 2.イベント準備

    提案した企画が通れば、実際にイベントを実行するまでの準備を行います。

    イベントプランナーは、指示通りに設営が行われているか、オペレーションに問題はないかなどをしっかりとチェックしていきます。

    集客規模や会場にもよりますが、ひとつのイベントを作り上げるためには多くの人と協力しなくてはならないため、高いコミュニケーション能力も求められます。

  3. 3.広報・宣伝

    集客のための広報や宣伝もイベントプランナーの仕事です。

    ターゲット層に合わせて、どのような工夫をすればよいのかを考え、さまざまなメディアを駆使し宣伝を行います。

  4. 4.イベントの運営

    イベント当日は、進行に問題はないか、お客さまの安全が確保されているかなどを確認しながらイベントを見守ります。万が一、トラブルが起きた際には、臨機応変に対応します。

    また、イベント終了後には目的が達成できたかというフィードバックも欠かせません。

「イベントプランナーの仕事内容」のまとめ

イベントプランナーは、ただイベントの企画・立案をするだけの仕事ではありません。

クライアントが希望するイベントの目的達成を目指して、予算・スケジュール管理から、広報・宣伝、当日のイベント運営、そして終了後のフィードバックまでを広く担当します。

多くの関連スタッフと協力する場面も多く、コミュニケーション力や人を巻き込みながらイベントを成功に導く力が求められます。