「DTPオペレーター」の仕事とは

DTPオペレーターの仕事内容

印刷物の入稿データ制作を行う

DTPオペレーターは、支給されたデザイン案をもとに、パソコンを使って印刷物の入稿データ制作を行う仕事です。

なお、DTPは「Desk Top Publishing」の頭文字から成り立っています。

デザイン自体はグラフィックデザイナーやコピーライターが考え、DTPオペレーターはそれを形にする役割です。

支給されるデザイン案の質はグラフィックデザイナーによりさまざまで、手書きのラフであることもあれば、作りこまれたレイアウトデータであることまで多岐にわたります。

グラフィックソフトやDTPソフトを使いこなせるスキルも必要となる仕事です。

修正指示にも柔軟に対応しながら、入稿完了まで導きます。

DTPオペレーターの就職先・活躍の場

印刷物を取り扱う会社で活躍できる

DTPオペレーターは印刷物の入稿データを制作する仕事ですので、就職先もおのずと印刷物を取り扱う会社となります。

ずっとDTPオペレーターとして仕事にあたりたい場合は、出版社や印刷会社が就職先の選択肢となります。

そこでDTPオペレーターとして経験とスキルを積み、その道のプロを目指すのが最適でしょう。

まずはDTPオペレーターとして就職し、ゆくゆくはデザイナーにステップアップしたいという場合は、広告代理店やデザイン事務所などが候補にあがります。

なお、フリーランスのDTPオペレーターになれば、完全在宅で仕事をすることも可能となるでしょう。

DTPオペレーター1日

打ち合わせや自習時間が多くなることも

職場や雇用形態により、DTPオペレーターの1日は大きく異なります。

なお、広告代理店や編集プロダクションは、出勤時間が遅めに設定されているところも多いため、一般的な会社員よりゆっくりめの出勤できることも多いようです。

10:00 出勤
メールチェックや、前日からのオペレーション作業を継続します。

13:00 休憩

14:30 ミーティング
新規案件に携わるグラフィックデザイナーやディレクターとともにミーティングを行います。

どのような媒体か、コンセプトはなにか、どんなスケジュールで進行するかなど、しっかり共有しておくことが重要です。

16:30 デザイン打ち合わせ
現在進行中の案件に関して、グラフィックデザイナーへの進捗報告とともに、修正可否を確認します。

デザインに問題がなければ、クライアントへの確認へと進みます。

18:00
引き続きオペレーション作業にあたります。

21:00 退社
定時を超え、落ち着いた時点から自身のスキルアップのために勉強するDTOオペレーターも多くいます。

流行のデザインについて調べたり、最新の情報を収集したりと、努力は欠かせません。

DTPオペレーターになるには

在学中に学んだスキルで活躍できる仕事

DTPオペレーターになるためには、専門学校や、DTPコースのあるパソコンスクールなどで知識と技術を学ぶのが一般的です。

取得必須となる資格や免許はありません。

大学でスキルを学びたい場合、芸大が一番近いですが、DTPオペレーターよりはデザイナー志望の人が多く通っている印象です。

なお、DTPオペレーターが使用するパソコンは、ほとんどがMacとなります。

よって、学生時代からMacのパソコンに慣れておくことも大切な準備といえるでしょう。

DTPオペレーターの学校・学費

大手企業の就職は大学卒が条件の場合も

基本的には、DTPオペレーターになるにあたって学歴は不問です。

ただし大手広告代理店や出版社への就職を希望する場合は、そもそもその会社における採用条件が大学卒・専門学校卒に設定されていることもあります。

DTPオペレーターとしてのスキルを学ぶのに最適なのは、専門学校です。

Macのパソコンを使い、DTPオペレーターとして使いこなせるべきillustratorやPhotoshopといったデザインソフトの使い方を学びます。

なお、通信講座やパソコンスクールでも、これらのソフトの使い方を学べるものがありますので、チェックすべきでしょう。

DTPオペレーターの資格・試験の難易度

資格は不要、実力証明目的の取得はあり

DTPオペレーターになるために必ず取得すべき資格はありません。

しかし、以下のような資格を持っていることで、DTPオペレーターとしての実力をアピールすることは可能です。

・DTPエキスパート
・DTP検定
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・Illustratorクリエイター能力認定試験

すべて民間の資格で、受講するための資格などは問われません。

自分の知識レベルの確認も兼ね、受講する人も多いようです。

DTPオペレーターの給料・年収

Web系の仕事としてはやや低めの給料

正社員としてデザイン事務所や広告代理店で働くDTPオペレーターは、平均して月収20万円前後、年収は200~300万円程度といわれています。

デザイン事務所や広告業界は、クライアントの言葉ひとつスケジュールが変動することもままあり、多忙で残業も多いというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

そうした業界において、この給料・年収は少々低めに感じるかもしれません。

フリーランスのDTPオペレーターの場合は人によって、収入差が開きがちです。

企業とのパイプがない場合、なかなか収入を安定させることが難しくなっています。

DTPオペレーターのやりがい、楽しさ

自分の作品が人の目に触れる喜び

デザイン案をもとにデータを作成するとはいうものの、アイテムの細かな配置や、色のセンスなどはすべてDTPオペレーターに一任されます。

よって、同じデザイン案をもとに複数のDTPオペレーターがデータを作成しても、同じものはできないということ。

完成したデータは立派な作品となります。

それが人の目に触れ、評価を得られるということが一番の喜びとなることでしょう。

評判がよく継続受注ということになれば、モチベーションアップにもつながります。

DTPオペレーターのつらいこと、大変なこと

納期厳守が鉄則!それに伴う残業も

印刷物や出版物は、あらかじめ発行日が決まった上で発注されることもごく一般的です。

要するに、発行日に合わせて確実に納期を守る必要があるということ。

トラブルや別件のスケジュール遅れにより、納期をずらすといった対応はあってはならないことです。

遅れていることが分かっているのであれば、残業や休日出勤をしてでも間に合わせる必要があります。

また、ずっと座りっぱなしでパソコンに向かうため、肩こりや眼精疲労に悩む人も多い仕事です。

多忙なわりに給料はさほど良くないという点から、不満の声が聞かれることも多くなっています。

DTPオペレーターに向いている人・適性

臨機応変に柔軟な対応ができる人に向く

DTPオペレーターは、与えられたデザイン案をもとに黙々と作業にあたることが基本の仕事です。

基本は言われたとおりに動くことです。

修正の指示に対して、自分の意思を通したり、反発したりするようなことはあまり求められていません。

とはいうものの、ときにはデザイン案に誤りがあることもあるでしょう。

そんなときには機転を利かせ、訂正するような気配りもできるタイプが向いています。

もちろん、自分の判断でなにか訂正した場合には、情報共有も忘れないようにしましょう。

DTPオペレーター志望動機・目指すきっかけ

デザインの組み立て、印刷物が好き

DTPオペレーターは与えられたデザインを組み立て、完成形を目指す仕事です。

パズルのピースをはめていくように、デザイン案の中に散りばめられたパーツを最適な形へと導くことが好きな人が、DTPオペレーターを目指すことが多くなっています。

また、DTPオペレーターとして修行を積み、ゆくゆくはグラフィックデザイナーになりたいという人もいらっしゃいます。

印刷物に携わる仕事をしたいという人も、DTPオペレーターを志すことが多いようです。

DTPオペレーターの雇用形態・働き方

派遣やアルバイト、在宅でも働ける仕事

DTPオペレーターは正社員として雇用されることももちろんありますが、繁忙期に合わせて派遣社員として採用されるケースも多くなっています。

派遣社員は基本、経験ありきの採用となります。

子育てが一段落した人が、社会復帰するための足掛けとしてDTPオペレーターの派遣採用を求めることも多いようです。

また、経験やスキルがあれば、アルバイトとしての雇用もあります。

フリーランスのDTPオペレーターになれば在宅でも働けるため、状況に応じてさまざまな雇用形態を選べるのです。

DTPオペレーターの勤務時間・休日・生活

進行状況によっては残業も免れない

印刷物や出版物のデータ制作にあたっては、さまざまな人がチェックを行います。

ときには何度も何度も修正が入り、初校からスタートしたものが2校、3校、4校…と、何度も戻ってくる場合もあります。

そんなときには、残業や休日出勤を行ってでも、校了まで対応しなければなりません。

休日出勤した分は、手の空きそうなタイミングで代休を取ることでプラマイゼロにします。

すんなりと進めば定時で帰れることもあるでしょうが、頻度としては高くないでしょう。

DTPオペレーターの求人・就職状況・需要

印刷・出版業界の不況の影響が直撃

現代は、あらゆる情報をインターネットから得られる時代です。

それに伴い、印刷・出版業界は、不況と言わざるを得ない状況となっています。

「書店離れ」「活字離れ」という言葉も、耳にするようになって久しいでしょう。

よって、残念ながらDTPオペレーターの求人は減少の一途を辿っています。

デザイナーやディレクター、オペレーターといった仕事は、Web業界への転身を迫られているともいえます。

DTPオペレーターの転職状況・未経験採用

入れ替わりの激しさ故、転職需要は高い

DTPオペレーターは残業が多く、ときには休日出勤にもなりうる厳しい世界であるため、耐えかねて退職してしまう人も多い業界です。

よって、転職市場だけを見れば、常に一定の需要はあるといえるでしょう。

転職の際には、グラフィックデザイナーやWebデザイナー、編集経験のある人でも、DTPソフトの使用経験があれば経験者として採用条件にあてはまります。

よって、必ずしもDTPオペレーターからの転職でなく、近い業種からの転身も可能なのです。

正社員であれば30代くらい、派遣社員であれば40代前半くらいまでの人なら、DTPオペレーターとしての転職チャンスはあります。

DTPオペレーターの現状と将来性・今後の見通し

デザイナーへの転身ありきで考えるべき

デザイン案ありきで仕事ができるDTPオペレーターは、グラフィックデザイナーと常にセットで業務にあたります。

アシスタント的な立ち位置として見られることも多いです。

そのため、正社員のDTPオペレーターとして就職した人に関しては、ステップアップしてグラフィックデザイナーを目指すという流れが、ごく一般的になっています。

対して派遣社員のDTPオペレーターの場合には、即戦力を求められます。

よって、たとえば40代以上でもその経験が買われ、即採用につながることもあるのです。