このサイトはDTPオペレーターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「DTPオペレーター」

仕事内容
印刷物を制作する際、グラフィックデザイナーが起こしたデザイン案に基づき、MacパソコンでDTPソフトやグラフィックソフトなどを用いて文字や写真などのレイアウトを行うのがDTPオペレーターの仕事です。デザイナー、コピーライター、クライアントなどのチェックを受けながら修正を繰り返し、最終的には印刷会社に入稿できるデータに仕上げます。会社によってはグラフィックデザイナーのアシスタント的な立場であり、DTPオペレーターとしてスキルと実績を積んだ後、デザイナーにキャリアアップする人もたくさんいます。
なるには
DTPオペレーターには資格や免許は必要ありませんが、デザインの専門知識や技術は必須のスキルであるため、ほとんどの人はデザイン系の専門学校またはDTPコースをもつパソコンスクールなどに通います。就職先は広告代理店やデザイン事務所などで、最初は先輩DTPオペレーターのアシスタントのような業務をしながら、実際の現場でオペレーションスキルを磨いていきます。会社側に充分なスキルを習得したと判断されると、初めて一人立ちが叶い、DTPオペレーターとして活躍するようになります。
給料
デザイン事務所や編集プロダクションで働く正社員の場合、平均月収は20万円前後、平均年収は200~300万円前後だといわれていますが、経験を積んだベテランになると給料はぐんと上がると考えられます。派遣社員の場合は時給1200~1800円ほどで、正社員の給料を時給に換算するより高くなるため、派遣の形態を選ぶ人が多いのもこの職種の特徴です。また、在宅で働くフリーランスの人も少なくありませんが、収入は人によってまちまちです。
将来性
不況が続く昨今、一定のニーズがあるのは、中高年層を狙った新聞の折込みチラシやイベントで配布するパンフレットなど。これからは、こうしたツールに強いDTPオペレーターが求められるといえるでしょう。また、DTPオペレーターはグラフィックデザイナーのアシスタント的要素が濃い職種であるため、経験を積み、スキルを磨いてデザイナーへ転身するケースが一般的です。一方、即戦力が求められる派遣社員の場合は、40代以上のDTPオペレーターが多数在籍していることから、派遣の方が活躍できる期間が長いといえるでしょう。