DTPオペレーターの給料・年収

DTPオペレーターの平均年収・給料の統計データ

DTPオペレーターの平均年収・月収・ボーナス

デザイン事務所や編集プロダクションで働く正社員の場合、DTPオペレーターの平均月収は20万円前後、平均年収は200〜300万円前後だといわれています。

残業が多い業界にあり、専門の知識と技術を必要とする職種にしては、一般職の会社員の平均を下回っている現状に、少々低めだという印象を受ける人も多いかもしれません。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
DTPオペレーター
(マイナビエージェント)
336万円 20代平均293万円
20代男性平均270万円
20代女性平均295万円
30代平均393万円
30代男性平均407万円
30代女性平均345万円
DTPオペレーター
(転職ステーション)
413万円
DTPオペレーター
(転職会議)
302万円 20代前半:243万円
20代後半:285万円
30代:324万円
40代以上:345万円

上記のデータから、DTPオペレーターの平均年収は300~400万円の間と考えられます。

DTPオペレーターの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、DTPオペレーターの平均年収は350万円前後となります。

厚生労働省の統計調査より、ボーナスを考えない場合、月額総支給額は29万円ほど支給されていると考えられます。

東京都で勤務するDTPオペレーターで、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は23~24万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めとなっています。

DTPオペレーターの初任給はどれくらい?

DTPオペレーターの初任給は20~22万円程度が相場で、手取りにすると16~18万円ほどとなるでしょう。

駆け出しでまだ見習いの期間は給料も安く、数年で辞めていく人も多いのが特徴です。

一方で経験を積んだベテランになると、給料はぐんと上がると考えていいでしょう。

DTPオペレーターの福利厚生の特徴は?

一般的な企業と同様、各種保険や各種手当、休暇などを利用することができます。

ただし、DTPオペレーターが働く広告・印刷業界は締め切りに追われ残業や休日出勤も常態化しています。

制度が整っていても実際に利用できるかどうかは企業によるところといえるでしょう。

DTPオペレーターの給料・年収の特徴

DTPオペレーターの給料が低めなのは、40歳以下の年齢層が大半を占めていることに理由があります。

経験を積むにつれて、DTPオペレーター単独ではなくDTPデザイナーやグラフィックデザイナーとして活躍する人が増えるためです。

他の職業と比べると年齢層が若いこと、そして経験を積みキャリアアップしていく中で給料が上がっていくため、どうしても低めに算出されてしまいます。

DTPオペレーターの正社員以外の給料・年収

派遣社員

派遣社員の場合は時給1200〜1800円ほどで、一般事務の派遣社員より上回ります。

正社員の給料を時給に換算するとこれより低くなるため、派遣の形態を選ぶ人が多いのもこの職種の特徴です。

DTPオペレーターはオペレーション作業を中心とする職務であり、必ずしも正社員である必要はないため、派遣社員を雇用する会社が増えてきています。

派遣社員なら残業や休日出勤を強制されることはなく、働いた分だけ収入になるため、納得して仕事に望むことができます。

アルバイト

デザイン事務所や編集プロダクションなどが直接アルバイトを雇うケースもあります。

仕事が立て込み夜中までかかる場合は2交代にするなど、1人のDTPオペレーターに負担がかかりすぎないよう、常識的な勤務時間内で効率よく作業できるように考慮されています。

時給は一般的に1000~1500円程度ほどで、経験や実力によって異なります。

フリーランス

ベテランのDTPオペレーターの中には、自宅にMacパソコンやDTPソフトなどを揃えて、在宅で働くフリーランスの人も少なくありません。

この場合、収入は人によってまちまちです。

デザイン事務所やフリーランスのグラフィックデザイナーと太いパイプがあれば安定した仕事が入り、正社員や派遣社員よりはるかに高い収入が見込めるでしょう。

逆に、特にコネクションがないまま独立してしまうと、営業活動に四苦八苦することもあります。

DTPオペレーターはグラフィックデザイナーとの信頼関係あっての職種であるため、まったく新規の会社と取引きを始めることはなかなか難しいでしょう。

とはいえ近年は、1つの案件ごとにインターネット上で仕事を受注するクラウドソーシングが盛んになっています。

クリエイティブ案件の中でもデザインやコピーライティングより、DTPオペレーションの方が報酬の見積もりがしやすいため、気軽に募集を出す会社や個人が増えているようです。

クラウドソーシングで、フリーランスのDTPオペレーターに外注した場合の相場は6000円~8000円程度です。

こうしたシステムを利用すれば、ある程度の知識とスキルを持ったDTPオペレーターなら、まったく仕事にあぶれるという心配はなく、時給に換算すると1000円以上は確保できると考えていいでしょう。

DTPオペレーターが収入を上げるためには?

DTPオペレーターが収入を上げるには、勤続して経験を積んでいくことが1番です。

DTPオペレーターとして実力が付けばつくほど、給料は上がっていきます。

さらに給料アップを目指すのであれば、DTPオペレーターの経験を活かして、DTPデザイナーやグラフィックデザイナー、Webデザイナーなどに転身する道もあります。

DTPオペレーターのみとしてよりも仕事の幅は大幅に広がりますし、世間からの需要もより高いため、さらなる給料アップを目指せるでしょう。