インダストリアルデザイナーになるには

工業デザインについて学ぶ

インダストリアルデザイナーになる一般的なルートとしては、美術・芸術系の大学や専門学校でプロダクトデザイン(工業デザイン)を学び、卒業後に工業製品メーカーやデザイン事務所に就職することが挙げられます。

機械の性能に重点を置く開発・設計者とは違い、インダストリアルデザイナーはデザインにおける美しさと機能性を高めるのが役割です。

そのため、美術系の大学や工学部系のデザイン学科を選ぶといいでしょう。

高等専門学校や工業高校で、工業系の勉強をしてから就職する人もいますが、企業によっては専門学校や短大卒以上の学歴が求められることもあります。

資格は必要?

インダストリアルデザイナーには工学の専門知識やデザインに対する感性・センスなどが求められますが、この仕事に就くために必須とされる資格はとくにありません。

インダストリアルデザインに関わるおもな資格としては、「公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会」による商品開発のための総合知識検定「プロダクトデザイナー検定」があります。

ちなみに、インダストリアルデザインは、プロダクトデザインの一部に含まれると考えられています。

この資格は受験資格が設けられていないため、就職前に取得することも可能ですが、就職試験の合否材料としてはさほど重視されない場合もあるようです。

就職先は工業製品メーカーを中心

インダストリアルデザイナーの就職先は工業製品メーカーが中心です。

メーカーの商品開発部などの専門部署に所属し、働くことが多いとされています。

そのほか、メーカーほど例は多くありませんが、デザイン事務所や設計事務所などで活躍する人もいます。

メーカーに勤務する人は「インハウスデザイナー」(企業内デザイナー)、プロダクトデザイン事務所に勤務する人は「制作会社デザイナー」と呼ばれることもあります。

経験や実績を積んでいくと、独立して自分の事務所を立ち上げたり、フリーランスとして活動する人もいます。