ジュエリーデザイナーになるには

ジュエリーデザイナーになるまでの道のり

ジュエリーメーカーやデザイン会社へ就職

ジュエリーデザイナーは、いきなり独立してアトリエをかまえることは難しく、まずは学校や企業などで必要な知識を学ぶことが求められます。

卒業後はジュエリーメーカーやデザイン会社などに就職して、ジュエリーデザインの業務をこなしながら、ジュエリー業界の動向を勉強するのが一般的です。

ジュエリーデザイナーの業務

ジュエリーデザイナーの仕事には大きくわけるとジュエリーデザイン、クラフト(ジュエリー製作)、商品管理の3つの工程があり、すべての業務に携わることは少なく分業するのが一般的です。

企業内デザイナーであれば、デザイナーは企画の立案やデザイン画作成、指示管理、商品チェックなどに特化します。

そして実際のジュエリー製作はおおむねクラフトマン(ジュエリー職人)が担当したり、工場などに外注したりします。

ジュエリーメーカーの求人状況

一般的な求人情報はあまり多いとはいえません。

しかしジュエリーメーカーのサイトから採用情報を丹念に探したり、学生時代につちかった人脈を生かしたりすれば希望する会社を見つけることができるでしょう。

新卒採用としてジュエリーデザイナー職の募集をしている企業もあります。

しかし一般的には「営業」「企画」「デザイン」「設計」「品質管理」「店舗スタッフ」「制作(仕上げ部)」といった幅広い職種を募集しているところが多いため、まずジュエリー業界に入ることが大切です。

ジュエリー業界研究の必要性

ジュエリーデザイナーは専門的な知識や技術が必要な職業であり、求人情報も少ないなかで就職活動をするためには、ジュエリー業界の歴史や動向を研究する必要があります。

たとえば権威あるジュエリーデザイナーのコンテスト「ジュエリーデザインアワード」を主催する「日本ジュエリー協会」や「日本ジュエリーデザイナー協会」のHPから情報を得ることができます。

また日本で唯一の宝飾品問屋街として知られる東京・御徒町(おかちまち)や水晶の産地としてジュエリー産業が盛んな山梨県では、クラフト(ジュエリー製作)について調べられます。

ほかにもジュエリー業界に関わるあらゆる研究をすることによって、自分のめざすジュエリーデザイナー像がはっきりするでしょう。

漠然とした就職活動ではなく、積極的な働きかけができるよう下調べをすることが大切です。

マッチングサイトの活用

芸術系、美術系の学生やデザイナー、クリエイター向けのビジネスマッチングサイトサービスを利用する方法があります。

同じデザイナーでもグラフィックデザイナーやファッションデザイナー、プロダクトデザイナーなどのほうが需要は圧倒的に多く、ジュエリーデザイナーの需要は少ないのが現状です。

そのためこうしたツールを使い、自ら情報を発信することによって就職の可能性が広がる可能性もあります。

ジュエリーデザイナーになるまでのルート

ジュエリーデザイナーの資格・難易度

ジュエリーデザイナーになるための資格はありませんが、デザイン、ジュエリー製作、マーケティングなどジュエリーに関わる資格はいくつかあります。

ジュエリーデザイナーに関わる国家検定としては「貴金属装身具製作技能士」があります。

また「ワックスジュエリー検定」「ジュエリーデザイン画検定」「シルバージュエリー検定」などの民間資格を取得している人も多いです。

ジュエリーデザイナーを目指す人におすすめの資格は?

ジュエリーデザイナーになるための学校の種類

ジュエリーデザイナーとして仕事をする場合、大学や専門学校などでジュエリーデザインについて学んだのちジュエリーメーカーに就職するという道のりが考えられます。

ジュエリーデザインについて学べるのは、芸術系、美術系の大学やジュエリーデザインの専門学校、スクールなどです。

芸術センス、宝石や貴金属の知識、デザイン技術、ジュエリー製作技術、マーケティングなどを身につけておくと、将来役に立つでしょう。

ジュエリーデザイナーになるためにはどんな学校に行けばいい?

ジュエリーデザイナーに向いている人

ジュエリーデザイナーを目指すには、まずジュエリーが好きであることが求められます。

製図やレンダリング(完成予想図)といったデザイン画を作成するにしても、ジュエリーを製作するにしても、非常に細かいところまで注意を払います。

そのため細かい作業やコツコツとした作業を地道にできる人、集中力がある人も向いているでしょう。

ジュエリーデザイナーに向いている人・適性・必要なスキル

ジュエリーデザイナーのキャリアプラン・キャリアパス

ジュエリーデザイナーとして本格的に活躍するには、どのような分野で活躍するのかを考える必要があります。

アクセサリーは、宝石や貴金属を材料とする「ファインジュエリー」、合金やガラスなどの非金属を材料とする「コスチュームジュエリー」の2種類があります。

コスチュームジュエリーをデザインする人は、ジュエリーデザイナーよりも幅広い意味でアクセサリーデザイナーと呼ばれるのが一般的です。

自分はどちらを目指すのか、宝石や貴金属でもどのような分野を得意としていくかによって、勤める企業やデザインの方向性が大きく変わります。

ジュエリーデザイナーを目指せる年齢は?

ジュエリーデザイナーに年齢制限はありません。

いったん社会人になってから転職を考えるという人もたくさんいるでしょう。

未経験からの転職希望者の場合は、まずはジュエリーデザインのスクールに通うなどして知識や技術をある程度は身につけたほうがいいでしょう。

少なくとも宝石や貴金属、ジュエリーの基本的な知識とポートフォリオ(作品集)を作成できるぐらいのデザイン力がなければ、まったく仕事になりません。

ジュエリー製作のクラフトは分業する場合もありますが、どのような過程を経てジュエリーができあがるのかまったく知らなければ、的確な指示書を作成することもできません。

趣味や楽しみが目的でジュエリーを製作するコースもあるため、実際に体験してみて向いているかどうかを確認してみるのもよいでしょう。