キャラクターデザイナーのやりがい・楽しさ・魅力

キャラクターデザイナーのやりがい・楽しさ

生み出したキャラクターが愛される

キャラクターデザイナーにとって最もうれしい瞬間のひとつは、自分が手掛けたキャラクターの人気が出て、たくさんの人から愛される存在になることです。

クライアントやユーザーから「キャラクターがかわいい」「イメージにあっている」とよい評判を得られれば、キャラクターをつくるたびにいつでも新しい達成感が味わえます。

そのキャラクターの人気がさらに高まれば、関連グッズが商品化されたり、また別の作品に使われたりすることもあります。

「何世代にもわたって愛され続けるキャラクターを生み出したい」といった思いを持ちながら仕事に向き合っていけることは、キャラクターデザイナーのモチベーションにつながっていくでしょう。

キャラクターデザイナーの仕事内容

作品の世界観にも影響を与える

アニメやゲームなどにはキャラクターは不可欠なものであり、キャラクターそのものが作品の世界観を決めるといっても過言ではありません。

キャラクターデザイナーとして経験を積んでいくと、監督やプロデューサーなどと一緒に、作品づくりにも深く関わっていくこともできるようになります。

生み出していくキャラクターによって作品のストーリーや世界がさらに魅力的なものになることも、キャラクターデザイナーにとっては大きなやりがいとなるでしょう。

さらに作品がヒットすることで、多くの人に自分のキャラクターや仕事を知ってもらうことも、大きな喜びです。

キャラクターデザイナーの魅力

さまざまな働き方ができる

キャラクターデザイナーは、会社に勤めて働くことはもちろんですが、独立してフリーランスとして働くこともできる仕事です。

もちろん実力が問われる厳しい世界であるため、誰もがいきなり独立して成功できるわけではありません。

しかし、地道にスキルを磨いて経験を積み、クライアントから信頼されるようになれば、指名で仕事をもらえるようにもなっていくでしょう。

「キャラクター作りはぜひあなたにお願いしたい」「次もぜひあなたと仕事がしたい」といった言葉をかけてもらえることも、キャラクターデザイナーのやりがいです。

好きなことを仕事にできる

キャラクターデザイナーになった人の大半は、もともと「絵を描くことが好き」「キャラクターものが好き」という人です。

自分が好きなことが仕事になり、それで収入を得られるというのは、それだけで大きな魅力です。

毎日好きなキャラクターに関わる仕事ができる、絵を描くことができるという喜びは、何物にも代えがたいものでしょう。

あこがれの仕事を手掛ける

幼いころから好きだった作品のキャラクターをデザインする、好きな企業やキャンペーンのキャラクターをデザインするなど、実力がつけばこれまではあこがれだった仕事に手が届くことも魅力です。

ときには有名な作家やデザイナー、ディレクターと仕事をする機会もあり、刺激的な毎日を送ることができるでしょう。