イラストレーターを目指す人におすすめの資格は?

イラストレーターにおすすめの資格は?

特別な資格は必要なし

イラストレーターの場合、働くうえで特別に求められる資格はありません。

イラストレーターの求人募集を見ても、応募条件として何かしらの資格名が記載されているケースはあまり多くなく、資格のことはまったく考えなくても、絵を描く力やセンスなどがあれば、イラストレーターになることは十分に可能です。

資格は必須ではありませんが、個々のスキルが問われる仕事のため、資格取得を目指して勉強をしたり技術を磨く訓練をしたりすることは、決して無駄にはならないと言えます。

イラストを描くソフトのスキルが必須

イラストレーターとして働くようになると、少なくともPhotoshopやIllustratorなどイラストを描くソフトは日常的に使いこなせるスキルが必要です。

現代ではイラストレーターの仕事でもパソコン上で制作することが多く、いくら色彩感覚やデッサン力にすぐれていても、こうしたソフトを上手に扱うことができなければ、効率よく仕事を進めていくのは難しいのです。

こうしたソフトの使い方を学びながら、実力を確認・証明するために関連する資格取得を考えてみるのもよいでしょう。

イラストレーターの資格の種類は?

Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験

adobe社のPhotoshopやIllustratorを活用する能力を図る試験です。

「スタンダード」「エキスパート」の2つのランクに分かれていて、スタンダードではPhotoshop(またはIllustrator)を活用し、基本的な操作や指示通りの作業を正確に行うことが求められます。

エキスパートでは、DTPやWeb デザインに関する基本的な知識と、デザインのコンセプトや表現の目的に応じた適切な機能を利用できるかが求められます。

学歴・年齢等に制限はなく誰でも受験することができます。

アドビ認定アソシエイト

adobe社認定の資格で、Photoshop、Illustratorの2つのアプリケーションに対しての科目があり、それぞれに認定試験があります。

adobe社が唯一公認している国際認定資格で、世界共通の資格試験です。

難易度としては初級レベルで、専門学校などでPhotoshopやIllustratorを使用したことがある人であればさほど難しくはないと言われていて、初心者の足掛かりにチャレンジする資格として人気があります。

アドビ認定エキスパート

adobe社が認定する資格で、同社の有するIllustratorやPhotoshopをはじめとしたソフトウェア製品について専門的な知識と技能を持つことを証明します。

多くの種類のあるソフトウェアそれぞれに試験が設けてあり、その試験を1つ以上合格した人が「エキスパート」と名乗ることができます。

CGクリエイター検定

CGによって表現をするデザイナーやクリエイターのための検定試験です。

「ベーシック」と「エキスパート」の2つのランクに分かれていて、ベーシックでは 2次元CGと3次元CG、デザインに関する基礎的な理解と、CGの静止画制作に知識を利用する能力が求められます。

エキスパートでは、3次元CGと映像制作に関する専門的な理解と、3次元CG映像の制作に知識を応用する能力が求められます。

企業勤めのイラストレーターはグラフィックデザイナーを兼ねる場合もあるので、CGに関するスキルも持っていると重宝されます。

色彩検定/カラーコーディネート検定試験

どちらも、イラストとは切っても切り離せない「色彩」に関する知識を問う試験です。

イラストを描く上で色彩感覚は重要なため、こうした色彩に関する資格を取得する人も少なくありません。