女性の陶芸家のキャリアパス・結婚後の生活

女性の陶芸家の現状

陶芸家は、男性も女性も活躍できる職業です。

かつては女性が窯場に入ると「穢れる」と言われ、窯焚きをする女性はごくわずかでした。

しかし窯や焼きものの技術が発達し、女性陶芸家の活躍が世に知れ渡るにつれ、陶芸家を志す女性も増えてきました。

実力がすべての世界なので、男女の差による待遇や収入の差などはありません。

材料となる土や釉薬を運ぶときや土をこねるとき、窯から焼き上げた器を出すときなど、力仕事が必要な場面もありますが、女性ではできないことは決してありません。

現在、女性の陶芸家はたくさん活躍しており、彼女たちの生み出した作品は老若男女さまざまな人たちに愛されています。

女性の陶芸家の強み・弱み

家事や育児を担うことが多い女性の場合、そこで得た経験を焼き物作りに活かしていくことができるといえます。

たとえば、料理を盛り付けたり皿を洗ったりしている経験があれば、焼きものを作るときにも

「和洋中のどんな料理にも合うデザインにしよう」
「人が持ちやすい形にしよう」
「できるだけ割れにくい厚みにしよう」

など、使い手のことをより具体的にイメージしたうえで器を作ることができます。

また介護の経験があれば「お年寄りの食事量に合うような小さい器を作ろう」というアイディアにつながることもあります。

女性ならではの感性や経験を活かした仕事ができるという点で、陶芸家は女性にも向いている職業なのです。

陶芸家の結婚後の働き方・雇用形態

女性が陶芸家として独立する場合、工房と住居を隣接させて作ることで、より柔軟な働き方をすることが可能になります。

工房で焼きものの制作に取り組みながら、空いた時間には家に戻り、家事や育児、介護をするということもできるからです。

また、焼き物を作るという作業は全国どこにいてもできるので、故郷へUターンして陶芸をしている人もいます。

結婚や出産を経てもずっと仕事をしたい、家族を優先した働き方がしたい、と考えている女性にとっては、陶芸家は希望を叶えることができる職業とも考えられます。

陶芸家は子育てしながら働ける?

陶芸家が子育てと作品作りを両立させることは十分可能です。

特に独立し自宅近くに工房を構えた場合は、一般的なサラリーマンのように会社に出勤したり、一定時間会社に拘束されたりすることがないため、より両立しやすいでしょう。

育児の経験があれば「子どもにも使ってもらえるような可愛い絵柄の焼き物を作ろう」という新たな創作意欲につながることがあります。

また、子ども向けの陶芸教室を開いたり、親子でできる陶芸体験を開催したりするなど、新しい活動のきっかけとなる場合もあります。

陶芸家は女性が一生働ける仕事?

陶芸家に定年はなく、男女の差もないため、実力と情熱さえあれば一生続けられる仕事です。

独立するまでは大変な面もありますが、一度実力がつけば家事や育児と両立しながら創作活動をすることは決して難しいことではありません。