このサイトはプロダクトデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「プロダクトデザイナー」

仕事内容
プロダクトデザイナーは、食器や文房具などの生活用品や家電製品、家具・インテリア、事務用機器、さらには自動車や飛行機など大型の輸送機器まで、ありとあらゆる製品をデザインする仕事です。「インダストリアルデザイナー」と呼ばれることもあります。ただ絵を描くのみならず、設計、生産、流通といった工程にも深く関わり、技術者や販売担当者など関連スタッフと協力しながら、ひとつの製品の完成に向けて深く携わります。
なるには
プロダクトデザイナーになるには、芸術大学や美術大学、あるいはデザインの専門学校などで専門的な知識や技術を学んだのち、メーカーやプロダクトデザイン事務所にデザイナーとして就職するルートが一般的となっています。デザイン領域の中でも、プロダクトデザインについて専門的に学べる学科・コースを設置する学校も多くあります。実力が身に付けば、独立してフリーランスで働いたり、自ら会社(事務所)を立ち上げたりすることも可能です。
給料
プロダクトデザイナーは実力が問われる仕事であるため、それなりの経験をもって働く場合には、専門職として比較的高めの給与水準に設定されている場合が多いようです。ただし、会社の規模や地域等によって給料には差があり、社内にデザイン部署を抱える大手メーカーに勤務する場合、平均年収は700万円程度になるといわれています。独立して大きな成功を収めた場合には、数千万円といった年収を得る人もいます。
将来性
いま、メーカー各社は商品力を高めるために、デザインの重要性を改めて認識し始めています。日本におけるプロダクトデザインの歴史は比較的浅いものの、今後、この仕事の需要はさらに高まっていくことが期待できます。デザイン業界は時代とともに進化が進んでいるため、対話型デザイン、ユニバーサルデザインなど、最先端のデザインに対する知識を有し、時代の流れに即した提案ができるデザイナーがますます必要とされていくものと考えられます。