「プロダクトデザイナー」とは

プロダクトデザイナー_画像

生活用品から家電、自動車など、世の中のありとあらゆる「もの」を設計・デザインする。

プロダクトデザイナーは、ありとあらゆる製品をデザインする仕事です。

具体的には、食器や文房具などの生活用品や家電製品、家具・インテリア、事務用機器、さらには自動車や飛行機など大型の輸送機器まで、設計や生産、流通の知識も生かしながら、さまざまなものをデザインします。

専門的な知識・技術、センスが必要とされる仕事であるため、なるためには芸術大学や美術大学および専門学校でデザインを学び、メーカーやプロダクトデザイン事務所に就職する流れが一般的です。

メーカー各社がデザインの重要性を改めて認識している今、広く深い知識を有し、時代の流れに即した提案ができるプロダクトデザイナーの需要は、今後さらに伸びていくことが期待されます。

「プロダクトデザイナー」の仕事紹介

プロダクトデザイナーの仕事内容

生活の中のあらゆるものをデザインする

プロダクトデザイナーは、さまざまな製品をデザインする仕事です。

機械製品のデザインを主とするインダストリアルデザイナーに対し、プロダクトデザイナーは機械製品のみならず、文具や食器、インテリアなど身近な生活用品を扱うことも多いのが特徴です。

デザインする製品が決まったら、市場調査をし、その結果に基づいてマーケティング戦略を練り、どのようなデザインを展開するかというコンセプトを立案します。

見た目の美しさだけでなく、使いやすさを考慮したデザインが求められるため、製品の形状や機能、材質などについても知識がなくてはなりません。

ただデザインするだけでなく、設計・生産・流通といった工程にも深く関わり、技術者や販売担当者など関連スタッフと協力しながら、ひとつの製品の完成に向けて深く携わる仕事です。

プロダクトデザイナーの就職先・活躍の場

メーカーのデザイン部門

プロダクトデザイナーの主な活躍の場はメーカーのデザイン部門です。

商品開発を手掛けているような企業にはデザイン部門があり、そこにプロダクトデザイナーとして就職します。

また企業によってはデザインを外注している企業もあるため、プロダクトデザインを専門に手掛けているデザイン事務所に所属し働いている人もいます。

メーカーやデザイン事務所に就職し経験を積んだのち、独立してフリーランス事務所を立ち上げる人も少なくありません。

プロダクトデザイナーの1日

一般的なサラリーマンと同じような一日

プロダクトデザイナーは、一般的なサラリーマンと同じように朝出社し夕方退社する生活が多いです。

ただし、納期前やスケジュールが詰まっている際には、残業をすることもあります。

9:30 出社

10:00打ち合わせ
新規にデザインを依頼された製品について情報を共有します。

11:30 ラフスケッチ
さきほど打ち合わせた製品について、ラフスケッチを描きながらアイデアを膨らませていきます。

13:00 休憩

14:00 資料集め
自分がデザインを手掛ける商品について詳しく調べ、競合他社の新製品などをチェックします。

15:00 打ち合わせ
以前にデザインを納品したクライアントから手直しを求められたため、代案をいくつか提案。
もちろん提案したデザインがボツになることもあります。
決定したデザインはPC上でより精密にデザインし、ときには試作品をつくることもあります。

18:00 退社

プロダクトデザイナーになるには

大学や専門学校を経て就職

プロダクトデザイナーになるには、芸術的なセンスやプロダクトデザインについての専門的な知識やスキルを学ぶ必要があるため、まずは大学や専門学校に通うのが一般的です。

プロダクトデザイン学科が設置されている大学や、プロダクトデザインを専攻できる芸術大学や美術大学などがあります。

大学や専門学校でプロダクトデザインを学んだあとは、メーカー(企業)やプロダクトデザイン事務所(制作会社)などに就職します。

プロダクトデザイナーは「インハウスデザイナー」(企業内デザイナー)、「制作会社デザイナー」と呼ばれることもあるため、就職の際は仕事内容をしっかりと確認しましょう。

プロダクトデザイナーの学校・学費

大学や専門学校で学ぶ

芸術学部・美術学部・造形学部・工学部など、プロダクトデザインを勉強することのできる私立大学は全国に多数あります。

プロダクトデザインの対象は多岐にわたるため、専攻はたとえば製品デザインコース、インテリア・家具デザインコースなどに別れ、基礎を学んだあとはそれぞれ専門分野について詳しく学びます。

プロダクトデザイナーを目指して大学や専門学校へ就職する場合は、「自分が一体どんなものをデザインしたいのか」をあらかじめ考えておくとよいでしょう。

プロダクトデザイナーの資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

プロダクトデザイナーになるために、あるいはプロダクトデザイナーとして仕事をするために、特別取得しなければならない資格はありません。

ただし、プロダクトデザイン(PD)に関する民間資格は存在します。

公益社団法人「日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)」が主催する「プロダクトデザイン検定」です。

こうした資格を取得すれば就職活動の際に活用できるというメリットが考えられますが、現実には資格の有無よりもポートフォリオ(作品集)のほうが重視され、判断材料としては参考程度の場合が多いでしょう。

プロダクトデザイナーの給料・年収

インハウスデザイナーと制作デザイナー

メーカーなどに勤務する場合、新入社員で250万円から300万円程度となり、安定した収入を得ることができるといえるでしょう。

ただし会社員のためデザイン以外の業務を担うこともあり、収入は勤続年数に比例した給料になるのが一般的です。

プロダクトデザイン事務所に勤務する場合は、新入社員で200万円から250万円程度と実績を積むまでは給料面で苦労することも多いかもしれません。

ただしデザインの腕が磨かれる可能性も高く、大ヒット製品をデザインすれば1000万円以上の年収も夢ではありません。

プロダクトデザイナーのやりがい、楽しさ

0からものをつくる喜び

プロダクトデザイナーのやりがいとしては、自分のデザイン案が採用されて、実際に製品化されることが挙げられるでしょう。

製品ができあがるまでには、徹底的な市場調査や分析をしたうえでコンセプトを決定し、アイデアを練るためのラフスケッチを無数に制作します。

根気強い作業の果てにようやく製品化にこぎつけます。

たくさんの関係者が力を尽くして完成した製品はこのうえなく愛しく、ものづくり特有のいわゆる「生みの喜び」といったような深い感慨に包まれます。

プロダクトデザイナーのつらいこと、大変なこと

ダメ出しやボツを繰り返す

プロダクトデザイナーの仕事は経験を重ねるほど腕が上がる側面もあるため、最初はデザインが採用されず、ラフスケッチを無数に繰り返すこともあるでしょう。

上司はもちろん、クライアントや設計士、技術者などにもダメ出しをされ、そのたびに修正を繰り返し、悔しい思いをすることもあります。

どんなに時間を費やしアイデアを凝らしても、なかなかデザインが採用されないときは非常につらいです。

ただしそれを乗り越えて、デザインが採用されたときは大きな喜びを味わいます。

プロダクトデザイナーに向いている人・適性

ものづくりが好きな人

プロダクトデザイナーがデザインする対象は、生活雑貨や家電など身近なものから自動車などの車両やジェット機まで、多岐にわたります。

プロダクトデザイナーとしてどのようなものをデザインするにしても、そのものの使い勝手や機能、市場情報など、ものに関わるあらゆることをしっかり把握する必要があります。

世の中にあるさまざまなものに興味を持てること、ものづくりが好きであることは、プロダクトデザイナーにとって仕事の原動力になります。

プロダクトデザイナー志望動機・目指すきっかけ

どんな製品を作りたいのか

プロダクトデザイナーの志望動機を考えるうえで欠かせないのは「どんな製品を作りたいのか」ということです。

どれだけ志が高い志望動機があったとしても、その企業のコンセプトと異なれば試験を突破することはできません。

企業によって、開発している製品やコンセプト、どのようなデザインを採用しているかは異なります。

試験受ける企業の特徴を調べたり、競合他社などと比較したりして、志望動機と絡ませて話せるようにしておきましょう。

プロダクトデザイナーの雇用形態・働き方

フリーランスで活躍する人も

メーカーなどの企業に勤務するインハウスデザイナーや、プロダクトデザイン事務所に所属する制作会社デザイナーとして、経験を積んだ後、フリーランスで活躍する人は多くいます。

将来的に独立したいと考えるのであれば、知識やスキルをしっかり身につけたり、高い評価を得る実績を積んだり、製品化の出資者を確保したりする必要があります。

また、たとえデザインセンスや実力があっても、依頼者であるクライアントとのつながりがなければ仕事として成立しません。

実績を積むとともに、人脈形成も必要だといえるでしょう。

プロダクトデザイナーの勤務時間・休日・生活

勤務先によって大きな差が

インハウスデザイナーの勤務先はおおむね大手企業や安定したメーカーです。

大手企業の会社員として働くため、勤務環境は比較的恵まれているといえるでしょう。

ただ繁忙期になると、成果量や質によっては残業が増えることも考えられます。

デザイン事務所にもさまざまありますので一概にはいえませんが、激務をこなす制作会社デザイナーは非常に多いという声も聞かれます。

長時間勤務は日常的で、休日も仕事を抱えることが少なくありません。

プロダクトデザイナーの求人・就職状況・需要

人気が高く難関

社内にデザイン部署のあるメーカーは大手企業や安定した企業の場合が多いですが、大量にプロダクトデザイナーを採用する会社は少数です。

プロダクトデザイナーは高度な専門職であるため、就職先は少なく、非常に難関であるといえるでしょう。

また、デザイン事務所は規模の違いが大きく、大手と契約して仕事をしているところから、デザイナー一人で活躍しているようなところまでさまざまあります。

いずれにしても需要は限られており、採用状況は厳しいと考えられます。

プロダクトデザイナーの転職状況・未経験採用

未経験からの転職は不可

未経験可の募集は、残念ながらほとんどありません。

プロダクトデザイナーは高度な専門職であり、大学や専門学校でしっかりプロダクトデザインを学んだ新卒者でも就職浪人が出るほどの狭き門です。

応募資格として必ずといっていいほど記載されているのが「実務経験」で、未経験者の募集は皆無といっても過言ではないほどです。

それでもプロダクトデザイナーを志望する場合は、専門学校などで一からプロダクトデザインを学ぶなど、それ相応の覚悟が必要でしょう。

プロダクトデザイナーの現状と将来性・今後の見通し

プロダクトデザイナーの必要性

製品におけるデザインの重要性がますます高まっている昨今、クリエイティブ職のなかでもプロダクトデザイナーの人気は高まっており、さらなる成長が期待される職種であるといえます。

旧来からあるものがデザインを一新して大ヒットしたというケースもあり、今後プロダクトデザイナーの認知度や必要性はますます高まり、女性の活躍も増えていくでしょう。

中国や韓国、インドなどの海外の進化がめざましいといわれているプロダクトデザイン業界ですが、日本国内でもさまざまな工夫次第で将来性があるといえるでしょう。